イーオン オンライン英会話

AEON(イーオン)を退会・解約する方法は?返金等のルールは?

2020年オリコン顧客満足度で2年連続1位に輝いた英会話スクールの「AEON(イーオン)」は、全国に250校以上スクールがあり通いやすいと人気です。

しかしイーオン に通っていても、様々な事情で退会・解約しなければいけないこともあります。退会のしやすさや返金システムを英会話スクール選びで重視している人も少なくありません。

今回はAEON(イーオン)を退会・解約する手続きの仕方やルール、返金システムについて紹介します。

AEON(イーオン)の退会・解約のルール

イーオンを始めてみたけど自分には合わなかった、引越し先の近くに通えるスクールがなかったなど退会理由は人それぞです。

退会するにはクーリングオフを利用する場合と中途解約となる場合の2パターンがあります。それぞれに異なるルールがあるので、紹介します。

クーリングオフを利用する場合

契約から8日以内の場合、クーリングオフを利用して全額返金してもらうことができます。これはイーオンに限らず、消費者を守るために法律で決められている制度です。

クーリングオフを行うと契約の解除ができますが、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 契約日から8日以内
  • 契約金額が5ヶ月以上
  • 契約期間が2ヶ月以上

中には無料体験を受けてその流れで契約してしまった、よく考えれば今は必要なかったなどふと我に帰って契約したことを後悔することもあるでしょう。

クーリングオフを利用する際、どのような理由でも構いません。理由に関わらず契約の解除が行えるため、期限切れとなる前にクーリングオフしましょう。

中途解約の場合

中途解約は、契約8日目以降から契約期間中であればいつでもできます。クーリングオフに比べて条件は少ないので、退会する際に中途解約を選ぶ人が多いです。

解約については契約内容やプランによってルールが異なるため、契約時に渡される冊子に書かれているものがルールだと認識しておきましょう。

中途解約を考えている場合はあらかじめスクールカウンセラーに相談しておくと、中途解約の方法や時期などスムーズに手続きが進められます。

AEON(イーオン)の退会方法

AEON(イーオン)の公式ホームページには退会方法が詳しく書かれていないため、退会させてもらえないのではないかと不安に感じる人もいます。

入会してレッスンを受けていたけど思っていたのとは違った、他のスクールに移りたいと思った時にすんなり退会できるよう、前もって退会方法を把握しておく事は大切です。

ここではクーリングオフと中途解約をする場合に分けて、退会方法を紹介します。

クーリングオフの場合

クーリングオフの場合、電話をかけたり直接スクールを訪れたりする必要はありません。書面の通知のみでクーリングオフできる仕組みとなっています。

  • 標題は「契約解除通知書」
  • 契約年月日
  • 契約コース名
  • 契約金額
  • 返金期限
  • 日付
  • 差出人の住所と氏名
  • 受取人の住所と氏名

これらを記した通知書を送ることで契約の解除ができます。送る際は「届いていない」と言われないように、必ず内容証明便で送ることに気をつけましょう。 また、支払いの際にクレジットカードを使用した場合、クレジットカード会社にも契約解除通知を送る必要があります。契約解除したのに請求が来たということがないようにしましょう。

中途解約の場合

中途解約の場合、基本的にはスクールカウンセラーに退会の意思を伝えましょう退会理由を聞かれる事はあっても、理由によって退会させてもらえる/もらえないは変わらないので素直に伝えて構いません。

もしスクールカウンセラーにどうしても話しにくい、もう教室に一歩も踏み入れたくないという場合はイーオンのコールセンターに連絡しましょう。

対面ではないので電話越しの方が伝えやすいという人も多いです。しかし、基本的に退会手続きはスクールで行うため、辞める前に1度は足を運ぶことを覚悟しておきましょう。

解約によって発生する手数料や返金の説明を受けた後、解約のための確認書にサインをすれば数日後に銀行口座へ返金されるシステムです。

AEON(イーオン)は返金してくれる?

クーリングオフや中途解約を行う場合、気になるのが返金についてです。せっかく授業料を払ったのに、返金が全くなければ最初に一括で払うのは怖いですよね。

返金についてのルールは英会話スクールによって異なります。イーオンでは、クーリングオフの場合も中途解約の場合も返金を受けられます。しかし、その返金額は異なります。

ここでは、イーオンがどれくらい返金してくれるのか、手数料を含めて紹介します。

クーリングオフの場合

クーリングオフは契約解除を意味しているため、全額返金が可能となっています。手数料も一切発生せず、支払った金額は全て手元に戻ってきます。

クーリングオフではレッスン受講だけではなく、関連教材など他の契約についても契約解除を行うことができます。

イーオンでクーリングオフをすると、基本的に全額返金されることを覚えておきましょう。1日でも期限を過ぎるとクーリングオフ対象外となってしまい、全額返金されなくなるので気を付けましょう。

中途解約の場合

中途解約の場合、全額支払っていても受けていないレッスンの受講料は返金が受けられます。その際、解約手数料が引かれた金額が戻ってくることに気を付けましょう。

たとえ1回もレッスンを受けていなくても、契約締結日から8日が経過していれば中途解約とみなされます。

レッスン受講前に中途解約する場合は、契約の締結や履行に要した費用として5,500円が引かれます。受講開始後は手数料に加え、カウンセリングや契約手数料などの契約登録費用として5,400円が引かれます。

レッスン未消化分が全額返金となるわけではありませんが、手数料には上限が設定されているのでほとんど手元に戻ってくると考えていいでしょう。

解約に伴う手数料はいくらかかる?

解約手数料は、契約内容にかかわらず15,000円と決められています。

これに契約残高の20%も引かれ、さらに銀行振り込み手数料や設備費もマイナスされます。契約残高とは、契約した金額(入学金+授業料)から受講したレッスン料や契約登録料を引いた金額のことです。

契約残高の20%の上限は5万円となっているため、かなりレッスン数が残っている場合でも5万円以上引かれることはありません。

たとえば5万円分のレッスンが残っている場合は1万円、20万円分が残っていれば4万円が引かれる計算となります。詳しい返金額は解約の際に教えてもらえるので、しっかり確認しておきましょう。

返金はありますが引かれる手数料も安くはないため、なるべくなら退会せずに通い続けることをおすすめします。

コース変更や講師の変更、転校も可能

退会する理由は人それぞれですが、中には解決できる問題もあります。すぐに退会という選択をせず、まずは悩んでいることをカウンセラーに相談してみるのもいいでしょう。

講師が合っていない場合には講師の変更ができ、コースを変えたい場合も退会せずにそのままコースを変更することができます。

講師の変更やコースの変更を行う生徒は多いため、「先生やコースを変えて何か悪いように思われないだろうか」と心配することもありません。

また、引越しなどで今まで通っていたスクールに通えなくなれば転校システムを利用して、全国どこでもイーオンのスクールに通い始めることが可能です。

ちょっと通うのを休みたい、しばらく留学に行くという場合は休学することもできます。基本的には4週間休学可能で、休学した期間分の契約は延長となります。

休学ができる期間はスクールによって異なり、契約内容やプランによっても休学期間が変わるのでまずは相談してみましょう。

解約の際、強く引き止められない?

退会や解約する理由は何であれ、解約する権利が消費者にはあります。多少は引き止められることがあるかもしれませんが、解約させてくれないことはありません。

万が一強く引き止められて解約できないとなった時は、弁護士に相談したり消費生活センターに相談したりすることもできます。

イーオンは悪徳業者ではないため、解約させてもらえないことはまずありませんが、専門機関に相談できると知っていれば安心して解約の申し出ができます。

口コミでは「すんなり解約できた」「解約理由を聞かれただけで、引き止められることはなかった」と、解約時にトラブルが起こったようなことはありません。

AEON(イーオン)は退会・解約が可能!気軽に始められる

今回はイーオンの退会・解約方法について紹介しました。手数料はかかりますが返金が受けられるので、お金を全額支払ったのに全然通わずに終わってしまったという事はありません。

最初はやる気があっても様々な事情で通い続けることが難しくなる事は誰にでもあります。強く引き止められることもないので、退会を決断したら早めにカウンセラーに伝えることをおすすめします。

英会話スクールの退会・解約理由は「自分には合わなかった」というものが多いですが、イーオンでは無料や格安で受けられる体験授業を実施しています。

契約する前に自分に合ったスクールなのか、英語を楽しく学べそうかという雰囲気を肌で感じることができるので、ぜひ気軽に始めてみてください。

 

-イーオン, オンライン英会話

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.