ベルリッツキッズ 子供向け英会話・オンライン英会話

ベルリッツキッズの効果が出る理由をまとめてみた

大手語学学校ベルリッツには、4歳~小学校6年生までを対象とする「ベルリッツキッズ」部門があります。このベルリッツキッズが、評判が良いのです。お子さんを通わせている方は、「発音が良い」、「自然と英語をしゃべっている」、「英語が好きになった」などなど、レッスンの効果に満足されています。

ベルリッツは、外国人講師による直接教授法を取り入れていますが、必ずしもネイティブ・スピーカーが教えているわけではありません。ネイティブ・スピーカーが英語で教えている英会話スクールは、幾つもあります。また、直接教授法で教えているスクールも珍しくはありません。では、なぜベルリッツキッズは、多くの利用者に実感されるような成果を上げられているのでしょうか?

ベルリッツキッズの教え方を中心に、効果の出る理由を解説します。

ベルリッツキッズで効果が出る理由

ベルリッツキッズで、お子様たちの英語力をつけられる理由には、以下のようなことが挙げられます。

ポイント

  • 優れた教授法(ベルリッツ・メソッド)
  • 講師が児童心理学履修者
  • 超少人数・マンツーマンのアウトプット量

ベルリッツは、国際展開している大規模な語学学校です。日本のベルリッツキッズだけでも50校は超えていますから、安定して成果を出すためには、強固な指導体制を用意していることは想像に難くありません。ベルリッツには、ベルリッツ・メソッドという独自の語学教育法があり、学習の成果に大きく貢献しています。次のセクションで、ベルリッツ・メソッドを詳解します。

講師の質とクラスの規模も、学習の質に大きく影響する要因ですね。これらも、項を改めて解説していきましょう。

まずは、ベルリッツキッズについて始めてご覧になる方のために、ベルリッツキッズの概要を紹介し、その後、各項目の説明に移ります。

ベルリッツキッズの概要

ベルリッツキッズは、4歳~小学校6年生までが対象の英会話スクールです。2~3人の超少人数のグループレッスンと、マンツーマンレッスンの2つの形式がありますが、共通する点は、外国人講師による英語のみのレッスンだということです。

グループレッスン

グループレッスンの特徴は、以下の通りです。ベルリッツの校舎に行って、最大定員3人のグループレッスンを受講する形になります。レッスン時間はどの年齢・学年も40分です。オリジナル教材には、自習用の教材も含まれており、英語に触れるのが週1回だけになることはありません。

クラス人数 2~3人
授業時間 40分
クラス 学年ごとにレベル分け
講師 外国人講師
レッスン言語 英語
レッスン場所 ベルリッツ校舎
レッスン頻度 週1回
教材 オリジナル教材

料金

グループレッスンを受講するためには、以下の費用が掛かります。冷暖房費や年会費などは一切不要です。

費用

  1. 入会金
  2. 教材費
  3. 月謝13,000円(週1回/年間42レッスン)

マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンは、講師と生徒の1対1のレッスンです。月謝制で週に1~2回で選ぶこともできますし、任意の回数だけお願いすることもできます。グループレッスンと違い、学習内容はオーダーメイドになりますので、英検などの試験対策や、帰国子女で英語は既に話せるお子様、海外赴任のために短期集中で学習が必要な方など、個別のニーズに合わせた利用が可能です。

マンツーマンレッスンのもう一つの違いは、オンラインレッスンも選択肢に入ることです。校舎でのレッスンとオンラインを併用するか、オンラインのみか、2種類の受講形式が選べます。

クラス人数 1人
授業時間 40分
講師 外国人講師
レッスン言語 英語
レッスン場所 ベルリッツ校舎、オンライン
レッスン頻度 週1~2回、または回数制
教材 個別対応

料金

【月謝制の場合】

月謝制の料金は、レッスンを受ける時間帯や曜日によって4,000円~7,000円程度、上下します。レッスン時間帯の選択には気を付けてくださいね。

入会金・教材費 週1回(年間42レッスン) 週2回(年間84レッスン)
平日 8:30~18:10 24,500円/月 41,300円/月
平日 18:15以降・土日 28,500円/月 48,000円/月

【回数制の場合】

回数制の場合は、1レッスン7,800円からとなります。他のレッスンと同様、入会金と教材費は別途必要です。詳細は、各校舎までお問い合わせください。

ベルリッツ・メソッドとは

ベルリッツキッズ・メソッドとは、ベルリッツの創業者マキシミリアン・ベルリッツが考案した語学指導法です。学習しようとしているその言語で、その言語を習うことこそが語学の上達に一番必要なことと実体験から感じていたベルリッツが完成させたイマージョン型の学習法の先駆けと言える指導法です。創業から140年の歴史を経て、練り上げられ、定評もあるメソッドです。

ベルリッツ・メソッドの下記の特徴は、ベルリッツキッズにも当てはまります。

ポイント

  • 学習対象言語で指導・対応
  • 目標達成型のレッスン
  • 導入、練習、実践

学習対象言語で指導・対応

ベルリッツ・メソッドは学習対象である言語で全てをとり行う、イマージョン型やダイレクトメソッドと呼ばれる指導法の1つ。母語を介さずに学ぶので、英語を英語のままで理解できるようになるメリットがあります。翻訳することを覚えてしまう前の幼児期に直接英語を理解できる頭の回路を作り上げてしまうことは、その後の英語の上達に大いに貢献するでしょう。

ベルリッツ・メソッドのように英語で授業が行われる場合、先生の言っていることが聞き取れないと授業についていけません。そこで生徒は一生懸命に耳を澄ませますので、リスニング力がレッスンに参加するごとに伸びていきます。ベルリッツキッズの保護者から、「子供がアニメの英語を訳してびっくりした」、や「発音がものすごくきれい」と、効果を実感する声が聞かれるのも不思議ではないのです。

対象言語で学習をする方法は、大人が学習者の場合、時に困難を伴います。ごく簡単な日常単語を母語を介さずに教えようとすると、イラストのついた教材を多用することとなり、あまりの子供っぽさに反発を覚える生徒も珍しくありません。ベルリッツキッズで英語学習を始める年齢のお子様の場合は、そのような抵抗はまだ少ないですから、ベルリッツ・メソッドを素直に吸収でき、高い効果を上げていると理解することができます。

目標達成型のレッスン

ベルリッツ・メソッドでは、目標志向の授業を行います。毎回の学習内容がきちんと定められていて、このような場面で使うこのような表現を学ぶ、と達成目標が毎回設定されているのです。この目標志向のおかげで、幼児英語にありがちな、楽しく英語に触れあっておしまい、というレクリエーション活動に陥ることが避けられています。

つまり、ベルリッツキッズでは、効果が出るようにコースを設計しているので、その指導に従って学んでいれば自然と効果が出るのです。

導入、練習、実践

ベルリッツが目標志向を持った、目標達成型の授業を目指していることは理解できました。次に問題になるのは、それを学習者に理解できるように教え、かつ生徒が自分1人でも話せるようになるまで指導できるか、です。理想は高くても、実現手段がなければ役に立ちません。

ベルリッツのレッスンは、以下の手順でその日の学習内容を学んでいきます。

導入:教師による学習内容の提示

練習:教師と一緒に反復練習

実践:学習内容を実践

何を学ぶべきかが最初に提示されるので、学習者が迷うことがありませんね。生徒としては、目標が明確な方が迷いなく学習を進めていくことができます。また、教師が同伴しての反復練習から始めて、慣れてから実践に移る点も、語学学習法のみならず、一般的な学習方法として成果の認められている手法です。Step by stepやスモールステップなどと呼ばれる、段階を踏んで学習することを指します。

学習の定着という点では、残念ながら1週間に1~2回のレッスンでは不十分であることは否めません。その欠点は、ベルリッツキッズでは自宅学習も指導することで補っています。もちろん、4歳からの小さなお子様が一人で学習を進めることは難しいので、保護者に自習教材の与え方が指示されます。保護者の方が英語教育に詳しくなくても、お子様の英語学習をリードできるような仕組みを用意しているのです。

学習内容の導入から定着まで、緻密に組み立てられているため、ベルリッツキッズでの学習は効果が高いのです。

講師が児童心理学履修者

ベルリッツ・メソッドがお子様の学習にも効果の高いものであることは、納得のいくものだったと思います。しかし、お子様に教えるのは、大人とはまた違った配慮が必要なことも、また確かです。

大人でしたら90分は持続すると言われる集中力も、小さいお子様の場合は15程度が精いっぱいであったりしますね。このほかにも、抽象概念が分からなかったり、子供の能力は様々な点で未熟です。反対に、耳で聞いた音声を正確に再現する能力や、間違いを気にせずに英語を話すことを楽しめるような、幼少期ならではの利点もあります。

お子様に英語を教えるときは、やはりお子様に合わせた指導が必要です。ベルリッツの講師陣は全員、採用時にベルリッツ・メソッドの研修を受けており、ベルリッツ・メソッドには精通しています。それでも、ベルリッツキッズで教えるにあたっては、さらに児童心理学等の研修を追加で受けなければならないのです。

お子様の発達についても熟知している講師がいてこそ、年齢別かつレベル別という念入りなクラス分けが生きてきます。各成長段階に応じた話し方、説明の仕方、クラス進行がなされるので、ベルリッツキッズの生徒たちは順調に英語を習得できるのです。

超少人数・マンツーマン指導

最後にベルリッツキッズでの学習が効果がある理由としてあげるのが、クラスの定員数です。グループレッスンですら、定員3名という、個別指導に近いベルリッツキッズ。授業の密度が濃さそうだと期待が持てますね。では、密度が濃いとは、具体的にどういうことなのでしょうか?

講義と板書のような授業では、わざわざ少人数の指導にする意義に乏しいことは、お分かりいただけるかと思います。翻ってベルリッツキッズのレッスンを考えると、講義形式の対極と言えます。「話せる」ことを大きな目的に掲げているスクールに相応しく、アウトプットの機会がたくさんの、参加型の授業を行っています。となると、クラスの人数が少なければ少ないほど、一人一人のアウトプットの時間が増えることになります。

アウトプット、すなわち英語を講師の前で話すということは、間違いを訂正してもらえる機会であることはもちろん、英語を話すことへの抵抗を減らす機会でもあります。日本人の苦手とする発音の問題や、分かるのに話せないという問題の芽がレッスン中に摘まれる仕組みです。そのアウトプットの機会が多いのですから、ベルリッツキッズのレッスンがお子様の英語学習に効果的なことは、もはや言うまでもないことです。

お子様向けの英会話スクールは数多くありますが、グループレッスンの場合、小さなクラスでも5人程度は生徒がいるのが標準的です。5人以上生徒がいると、主張の強くないお子様の場合は、ほとんど黙ったままでレッスンを終えてしまうこともあります。そうすると、なかなか成長の実感が得られず、本人にとってもレッスンに通い続けることが苦痛になりがちです。お子さんの頑張りがレッスン中に披露でき、実感できる点でも、少人数のレッスンには価値があります。

まとめ

名前は誰でも聞いたことがあるであろうベルリッツ。お子様向けのベルリッツキッズはどのような特徴があり、効果を上げているのかを検証してみました。

ベルリッツキッズは、ベルリッツ・メソッドという優れた外国語教授法を強固なベースに持っています。ベルリッツ・メソッドに加えて、児童教育に長けた講師が教えていること、しかも少人数なので目が行き届き、生徒全員に十分なアウトプットの機会があることで、お子様の英語力をぐんぐん伸ばす学習環境となっていることが、ご理解いただけたと思います。

料金のセクションで、一般的なレッスン料金やお月謝より高いという印象を持たれた方も多いと思います。お子様の習い事は1ヶ月1万円以内で収まるようにしているご家庭も多いかと思いますので、少し足の出る金額かも知れません。

しかしながら、定員3名というのは、幼児英語教室としては破格に少ない定員数であることは、申し添えねばなりません。また、在校生の保護者の方々からは、高くてもこれだけ英語を学べているのならば惜しくはないという評価が大半であることも、お伝えしておきます。

お子様に、使える英語を身につけさせてくれる英会話スクールをお探しの方には、ベルリッツキッズは検討の価値があるかと思います。オンラインオプションのないグループレッスンをご希望の方でも、体験レッスンはオンラインで受けられます。ご興味のある方は、まずはお問い合わせ、体験レッスン申し込みをされてみてはいかがでしょうか。

 

-ベルリッツキッズ, 子供向け英会話・オンライン英会話

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.