Bizmates オンライン英会話

Bizmatesを使いこなすための活用方法!上達のための賢い使い方とは?

Bizmatesはビジネス英語に特化したオンライン英会話であり、外資系企業への就職や海外就職を狙っている人だけでなく、仕事で英語を使う機会がある人やいきなり海外出張を任された人にも人気です。講師はフィリピン人が中心であり、全員が何かしらのビジネス経験を持っているという特徴があります。

今までのオンライン英会話は日常英会話を主に学ぶ場でしたが、Bizmatesでは専門用語や業界内でのビジネスマナーまで学ぶことができます。1日25〜50分と忙しい人でも続けやすく、25段階の細かいレベル設定でゲーム感覚でランクアップできると好評です。

しかし、Bizmatesをただ利用するだけで自動的に英語力が上がるわけではありません。今回は、Bizmatesを使いこなすための活用法について紹介します。賢く使って効果を最大限化しましょう!

Bizmatesだけでビジネス英語力を上げられると勘違いする人が多い

英会話スクールに通ったりオンライン英会話を始めたりして途中で挫折してしまう・効果が無いと感じる人の多くは、レッスン以外に英語に触れる努力をしていませんBizmatesは英語学習の手助けをしてくれますが、Bizmatesを利用している=ビジネスの英語力を上げられるわけではありません。

ビジネス英会話は定型表現や繰り返し出てくる専門用語も多いため、日常英会話に比べて短期間で英語力を上げることも可能です。しかし、レッスン以外で努力しなければ一向にビジネスの場で英語を使うことはできないでしょう。

これまでBizmates受講者で「劇的に英語力が上がった!」「海外の取引先とも自信を持って交渉できるようになった!」という人は多いですが、レッスン以外で努力している人がほとんどです。その努力を表に出す人が少ないため、Bizmatesだけで英語力が上がると勘違いしてしまう人もいます。

そこで今回はBizmatesの賢い活用方法を、4つのコースそれぞれの違いも含めて紹介します。

ビジネス英会話力を上げる方法

いつかは英語を勉強しなければいけない、英語を話せるようになることが夢と思っていても、ついつい忙しい日々の中で英語学習は後回しにしてしまいがちです。

毎日数時間も机に向かってビジネス英語を勉強する必要はありません。1度の学習で覚えられる量には限界があるため、多くの量を一度に覚えようとするよりも、少しの量をこまめに学習した方が効率はいいです。

ここでは、まずビジネス英会話力を上げる方法について紹介します。これはBizmates受講者に限らず、ビジネス英語を習得したい人に共通でおすすめできる方法です。

業界内でよく使う表現の英語バージョンを覚える

ビジネス英語はその名の通りビジネスの場で使う英語を指します。しかし、一概にビジネスと言っても働く業界によって話す内容や専門用語は全く異なりますよね。日本語で考えてみても、医師がよく使う表現と銀行員がよく使う表現は全く異なります。

闇雲に「ビジネス英語」とカテゴリー化されているものを覚えても、実際には自分が働いている業界では全く役に立たないことも少なくありません。これを避けるために、まずは日本語でもいいので業界内でよく使う表現をまとめてみましょう。対上司、対同僚、対取引先など関係性によっても表現は異なります。

日本と海外では業界内の常識が異なることもありますが、業務内容は似ている場合がほとんどです。言語が違うので全くやり取りが異なるように感じられますが、内容をピックアップすると共通点が多くあるでしょう。

とにかくすぐに職場で使えるビジネス英語を学びたいという人は、働いている業界内でよく使っている表現を英語でどのように言うのかを調べましょう。何度も使っているうちにノートなどを見なくても自然と口から発せられるようになります。

この方法であれば特別な文法知識がなくてもフレーズで丸暗記したらいいので、初心者にとってもハードルが低く感じられます。現代はインターネットでなんでもすぐに調べられる時代なので、ふと思いついたときに英語バージョンを調べてノートなどにまとめておくと便利です。

自身の仕事を詳しく説明できるようにする

ビジネス英語と言っても何から学習し始めたらいいのか迷ってしまいますよね。そんな人におすすめなのが、「自身の仕事を詳しく説明する練習をすること」です。

海外の人とビジネスの場で会う場合、自分の自己紹介だけでなく、会社や業務内容についての紹介も求められます。海外出張の際は会社を代表しているため、具体的にどのようなビジネスをしているのか伝えられるのはあなたしかいません。

しかし英語に自信がなければ一文二文で終わってしまい、相手の印象に残りにくくなってしまいます。ビジネスに限らず、海外の人と話していて仕事の話題になった時に詳しく話せると次の仕事に繋がる可能性も増えます。

英語で説明すると考えると難しく感じてしまいますが、日本語で「仕事何しているの?どんなことしているの?」と聞かれた際にいつも答えているものの英語バージョンと考えてみましょう。

Bizmatesでは初めての講師の場合は仕事の話題から入ることがほとんどです。毎回定型分を用意して読んでもいいですが、講師によって表現を変えてみて食いつきの良かったものをピックアップしておくと、実際に仕事について聞かれた際もスムーズに答えられます。

毎日英語に触れる時間を作る

時間がある時にまとめて勉強するのは効率が悪く、毎日少しでもいいので英語に触れる時間を作ると英語力を向上させやすいです。1日1つ日本や世界で起きたニュースを英語で聞いたり読んだりする、英語のYoutubeをみる、TEDなど英語のプレゼンを観るなど方法はいくらでもあります。

勉強するという意識をする必要はなく、毎日のちょっとした時間に英語を見聞きする時間を取り入れるだけでも効果はあります。英語初心者は特に英語への苦手意識を無くすことで、楽しく英語学習を続けられます。

Bizmatesであれば毎日レッスンを受講できるので、「1日のこの時間はビジネス英語に充てる」と気持ちを切り替えやすくなりおすすめです。

Bizmatesは自分に厳しくできないという人にもおすすめのオンラインスクールです。契約できるコースは1日1レッスンまたは2レッスンですが、その日に受講できなければ消化扱いとなるので自然と毎日受講する習慣をつけることができます。

長いスパンでの目標を設定しておく

ビジネス英語に限らず、言語の学習は数日勉強したくらいでは一気に上達することはありません。何百個もの英単語や表現を詰め込んだところで、すぐに忘れてしまいます。

その場で効果が感じられれば飽きることなく続けやすいですが、ビジネス英語の学習は今学習していることがいつ実践の場で役立つのか、今覚えた単語がいつ使う機会があるのかという明確な判断基準はありません。数ヶ月勉強したらビジネス英語を完璧にできると思っていたのに、勉強し始めた頃と比べても変化を感じられないと思うこともあるでしょう。

ビジネス英語の学習において、長いスパンでの目標を設定しておくことは大切です。1年後には英語の会議についていけるようになりたい、英語面接で緊張しないくらい練習を積み重ねたいなど目標設定は人それぞれです。目標があることで、その過程で努力しやすくなります。

Bizmatesを始める前に、「なぜビジネス英語を学びたいのか」「自分の目指しているゴールは何か」を具体的に考えておくと、途中で学習を放棄することなく学習し続けられるでしょう。

Bizmatesの4つのコース

Bizmatesには4つのコースが用意されており、生徒がどのコースのレッスンを受けたいかを選ぶことができます。毎日のようにレッスンを受けるので、マンネリ化しないためにもコースの種類があるのはBizmatesの良いところでもあります。

ここでは、Bizmatesの4つのコースについてそれぞれどのようなレッスンが行われているのか紹介します。

Bizmates Program

Bizmates ProgramはBizmatesのコアプログラムであり、受講する生徒のほとんどがこのプログラム目当てで入会しています。Bizmates Programの特徴は、レベルに合わせたレッスンを受けられ、段階を踏みながら確実にビジネス英語を学べることです。

最初の無料体験レッスンで講師がレベルチェックをするため、全くの英語初心者や普段から仕事で英語を使っている上級者でも自身のレベルからスタートできます。25段階と細かいレベル分けがされており、客観的に自分のレベルを確認するのに適しています。

レッスンが難しすぎても簡単すぎても知識として新たに身につく量は少ないため、少し難しいと感じるくらいがちょうど良いでしょう。

1回のレッスンで1回分が完結するシステムとなっており、10回目のレッスンで中間レビューをし、20回目がランクアップテストとなります。そしてランクAからEまで受講し終わると、次のレベルにアップできる仕組みです。

最初はレベル1や2からスタートする人がほとんどですが、続けていくことでレベル5まで到達した人も多くいます。

Other Programs

Bizmtes Programでは一般的なビジネス英語を学ぶのに比べ、Other Programsでは特定の領域に特化したレッスンを受けられるようになっています。ITやホテル、マネジメントなど業界が絞れている人におすすめです。

ビジネスの中では一般的な会話よりも専門的な会話が繰り広げられることが多いです。ITを選択すれば、IT系の仕事に就いている人が普段仕事で使うようなダイアログを使って学習を進めることができます。

特定の領域に特化しているので、講師も実際にその業界で働いた経験がある人です。専門用語を覚えたいという人にも効果的なプログラムでしょう。

Assist Lesson

Assist Lessonでは英語面接やプレゼン、電話対応などを添削してもらえるプログラムです。海外出張や国際会議、海外営業の機会がある人が予行演習として受講することが多いです。

英語面接は日本語での面接以上に緊張してしまいいますが、事前に練習を重ねておくことで本番は堂々と話せるでしょう。英語でのプレゼンも慣れていなければ緊張してしまいますが、慣れておけば日本語と同じようにスムーズに進められます。

特に外資系の企業を受けたい場合、TOEICの点数が高いことは前提とされて英語面接の結果で合否が決まることも多いです。TOEICはリスニングとリーディングなので、肝心のスピーキング力を測ることができないためです。

実際にBizmatesで面接対策をして就職面接に臨み、無事内定を取れたという口コミを多くあります。

Discovery

Discoveryでは、エッセイを読んで講師とディスカッションをするコースです。様々なエッセイが掲載されているので、リーディングの力を伸ばすために使用することもできます。

Discoveryのエッセイは実際にBizamtesの講師が執筆しており、Bizmates以外では読む事のできない教材ばかりです。エッセイの内容も興味深く、考えさせられるような内容となっています。

ディスカッション自体苦手に感じる日本人は多いですが、あるテーマに沿って自分の意見を述べることができる、相手の意見を聞けるというスキルはビジネスの場で重要となります。取引でもディスカッションが上手ければスムーズに進むでしょう。

英語で論理的に考える力を身につけることができるので、英語力への自信にもつながりやすいです。

Bizmatesのおすすめ活用方法

Bizmates Programを毎日受講するのもいいですが、たまには他のプログラムを受けてみるのもおすすめです。授業のマンネリ化を防げ、他のプログラムで自身の英語力を改めて知る機会にもなるからです。

ここでは、Bizmatesのおすすめ活用方法を紹介します。

自分が作った資料の英語を添削してもらう

BizmatesのAssist Lessonを利用すれば、仕事で使うために作った資料の英語を講師に添削してもらうことができます。海外出張の準備や海外からお客様が来社する場合、英語で資料を作ることを頼まれる機会もあるでしょう。

日本語ならではの表現を訳しにくかったり、適切な英単語が分からなかったりすることもあります。そんな時、Bizmatesの講師に添削してもらうことができるのです。

英語の資料に間違いがあれば取引先が理解できなかったり勘違いしてしまったりすることもあります。また、自身の力で作成した資料を添削してもらうことで、通常のテキストで勉強するよりも記憶に残りやすいというメリットもあります。

Assist Lessonでは、英語の添削の他にも英語学習上の悩みや仕事での悩みについて相談することも可能です。

ロールプレイで実践的な練習を重ねる

Bizmatesではロールプレイをしながらレッスンを進めることが多いです。ただテキストを読んで英文を作るだけでは単純作業になってしまい、繰り返しが多くて飽きてしまいますよね。

ロールプレイを取り入れることで実際に英語を使うシチュエーションを思い浮かべやすく、実践する際のハードルを下げることができます。ロールプレイで役に入り込むことが恥ずかしいと感じる人もいますが、フィリピン人講師は陽気な方が多く、ノリノリで役を演じてくれます。

Bizmates Programのレッスンに限らず、ロールプレイは他のコースでも取り入れることが可能です。面接練習の際は面接官になってもらう、プレゼン練習の際はプレゼンを聴く企業の人になってもらうなど積極的にリクエストしてみましょう。

初めてのシチュエーションで慣れないビジネス英語を使うのは誰しもが緊張してしまいますが、ロールプレイでいくつものパターンを練習しておくことで自信を持って臨めます。

ビジネスマナーについても教えてもらう

Bizmatesでは講師のビジネス経験を検索することができ、同じ業界で働いていた講師からレッスンを受けられます。ただレッスンを受動的に受けるのではなく、フィリピンやその他の国で働いていた際のビジネスマナーについても聞いてみましょう。

海外で同じ業界の人に話を聞く機会は少ないので、ビジネス英語のレッスン以上にためになる話が聞けるかもしれません。

日本のビジネスマナーが海外でも通用するとは限りません。日本で当たり前とされていることが、海外では失礼に当たることもあります。それらを事前に知っておけば、初めての海外就職や海外出張でもネガティブなイメージを持たれにくくなります。

ビジネスマナーは文化的な影響がある場合もあるので、そこから異文化理解につながることもあります。Bizmatesの講師は優しい人ばかりなので、こちらから質問すれば丁寧に説明してくれるでしょう。「日本はどうなの?」と逆に質問されることもあるので、日本の文化やマナーについて説明する練習にもなります。

講師の前職について聞く

通常のレッスンでは講師がリードすることが多いですが、講師の前職を聞いて会話をリードしてみましょう。「前はどんな仕事をしていたの?」から段々と会話を広げ、同じ業界で働いていたら話題に欠くことはありません。

一見話題が尽きた時の定番の質問かに思えますが、講師の前職を聞くには高いリスニング力が求められます。専門用語が使われることもあるので、ビジネス英語のレベルを測るにもぴったりの話題です。

最初は働いていた業界しか分からない人でも、Bizmatesを続けていると具体的な仕事の内容や役職、会社の概要や業務内容など詳しい内容まで聞き取れるようになります。

前職が自身の働いている業界と全く関係がなくても、とても新鮮な気持ちで聞くことができるでしょう。興味のある分野で働いている場合はメリットやデメリットなど、具体的に仕事について聞くきっかけにもなります。

フリートークで英会話力を上げる

毎日のようにレッスンを受けていると、新たな刺激が欲しくなる瞬間も出てきます。そんな時におすすめなのが、講師とのフリートークです。

通常のレッスンは予習をして教材に沿って授業が展開されますが、フリートークでは展開が予想できないので臨機応変に会話のキャッチボールをしなければいけません。会話を続けるために相手にも質問する、相手の回答に対して適切な質問をするなど求められるスキルは多いです。

日本人は教科書でのレッスンは得意ですが、あまり知らない人と会話を続けることを苦手とする人が多いです。ビジネス英語でも日常英語でも相手との会話を楽しめると、相手との心の距離を縮めることができます。

フリートークと言っても、内容によっては準備できるものもあります。例えばニュースについて英語で質問し、それについてどう思うかをディスカッションすることです。レッスンの前に説明部分の英語も自身の意見も準備しておくことができます。しかし講師がそれについてどう意見するかは予測できないため、それ以上は応用できるかが問われるでしょう。

この練習を重ねていくことで初対面の人とも会話を続けられるコツがわかってきます。会話の主導権は生徒が握っても構いません。積極的に講師に質問し、会話を盛り上げるように意識して取り組んでみましょう。

レッスンの中で英語力を上げるコツ

Bizmatesだけに頼るのではビジネス英語力を上げるのは難しいと説明しましたが、もちろんBizmatesのレッスンは工夫されており、それ自体は効果的なものです。

しかし、レッスン中やレッスンの前後でいくつかの点を意識しながら学習に取り組むだけで数週間後、数ヶ月後の英語力には差が生まれてくるでしょう。

ここでは、レッスン中や前後で英語力を上げるためのコツを紹介します。どれも取り組みやすく、今日からでも意識できることなのでぜひ取り入れてみてください。

予習でレッスンの内容を把握しておく

Bizmatesは1回のレッスンが25分ですが、その間にレッスンの内容を把握して新しい知識を覚え、会話の中で使えるレベルにするのは英語上級者にとっても難しいです。

最初の方は予習しなくても難なくついていけるレベルのことが多いですが、レッスンの受講回数が増えてくると教材の内容も上がっていきます。レッスンを受けているうちに英語力が上がっていることは間違いありませんが、初めての教材にどこまで対応できるかには個人差があります。

Bizmatesは予習ができるように、次のレッスンで習う範囲の教材を事前にダウンロードすることができます。レッスンの前に30分〜1時間ほどを予習に充てましょう。

全ての内容を予習する必要はなく、次のレッスンではどのような内容を学習するのか、Seeパートで用いる英文の意味を分かるようにしておくとスムーズにレッスンを受けられます。

内容がよく分からなくても25分たつとレッスンは終わってしまいます。レッスン中はわからないところを質問して、残りの時間は講師との英会話練習に使えるよう、最低でも内容を把握することは怠らないようにしましょう。

復習は講師からのフィードバックを参考にする

Bizmatesでは、レッスンが終わると担当してくれた講師からフィードバックが送られてきます。フィードバックは無料体験でも送られてくるので、強み・弱みを客観的に知れてアドバイスをもらうことができます。

また、学習した英単語やフレーズも残せるので、レッスンを受けながら学んだ英語をすぐに見直すことができます。レッスン中には分かっていても、その後忘れてしまうことも少なくありません。定期的に見直すことで、知識を定着化させることができます。

Bizmatesで次のランクやレベルに進むためにはチェックテストに合格する必要があります。一気に20レッスン分を復習するのは時間がかかり面倒に感じられますが、こまめに復習しておくことでテスト前に慌てる心配もありません。

復習は面倒に感じてしまう人も多いですが、すればするだけ知識を自分のものにすることができます。レッスン後すぐや夜寝る前など数分の短い時間でもいいので、見直す習慣をつけましょう。

積極的に質問する

Bizmatesを始めたばかりの人や人見知りの人に多いのが、レッスン受講中に疑問が浮かんできても「後から復習したらいいや」と後回しにしてしまうことです。レッスン中は疑問に感じていても、レッスン後は終わった開放感で疑問を忘れてしまうことも多くあります。

たとえ小さな疑問でも、「これを聞いたらおかしいと思われるかな、迷惑に感じられるかな」と思う必要はありません。Bizamatesは有料サービスだからこそ、「お金を払っているのだから、どんどん質問してやろう!」と積極的になりましょう。

質問してもしなくても料金が変わることはないので、積極的に質問して英語の知識を増やした方がお得です。また、自分から勇気を出してした質問は、普通に教科書を読みながら覚えるよりも忘れにくいです。

何度も担当している講師でない場合、生徒がどのような点が理解しにくいのか、どのような文法を苦手としているのかは把握できていません。講師側にとっても、生徒から積極的に質問されるのは嬉しいことなのです。

中にはレッスン中に講師の説明の英語を聞き取るのに必死で、質問を考えている余裕がないという人もいるでしょう。そんな人は特に、先ほど説明したように予習をしてレッスンの内容を把握しておきましょう。

「使える表現」ではなく「使いたい表現」を意識する

講師と話す際、無意識に「使える表現」を使って文を作り、自分の言いやすい表現で会話を試みる人が多いです。しかし、これではすでに頭の中に記憶しているものをアウトプットしているだけなので、新たな知識を増やすことはできません。

そこで意識してほしいのが、「使いたい表現」を使うことです。ビジネスの場では自身の気持ちを適切に表現できなければ勘違いされたり、相手からすると失礼に感じてしまったりすることもあります。Bizmatesの講師はビジネス経験が豊富な人ばかりなので、伝えた方がいいことと伝えない方がいいことの境界線を心得ています。

使いたいと思ったことを英語にして話し、その表現が間違えていればその場で訂正してくれます。また、「〇〇の方がもっと丁寧な表現だよ」とシチュエーションに合った表現方法も教えてくれます。

ビジネスの場で実際に英語を使う際に間違った表現方法をしても、相手に指摘されることは少ないでしょう。しかし、知らないうちに「この人は失礼な表現をするな」と思われてしまうのは避けたいですよね。

Bizmatesのレッスンは何度間違えても構わない環境なので、使いたい表現・うまくニュアンスを伝えられる表現を意識しながら会話してみましょう。

Bizmatesを使いこなそう!

今回はビジネスに特化したオンライン英会話のBizmatesについて、コースの紹介とともにおすすめの活用法をいくつか挙げました。英語に苦手意識がある人や全くの初心者でも、活用法を取り入れることで効率よくビジネス英語力を上げることができます。

まずは毎日英語に触れる習慣から作り、Bizmatesを受講する際は予習と復習をかかさないこと、授業では積極的に質問することを心がけてみましょう。毎日の小さな積み重ねが将来の大きな自信へと繋がります。

ビジネス英語は難しいから無理だと諦めてしまう人はいつまで経っても英語が話せるようにはなりません。講師との会話を楽しみながら、新しく習った英単語や表現をアウトプットすることを繰り返すことで誰でも話せるようになります。

これからは今まで以上にビジネスの場で英語が必要とされることも増えてくるでしょう。そんな時にスマートに対応できるよう、今日から少しずつビジネス英語学習を始めてみましょう。

Bizmatesの無料体験を受けてみよう!

▼Bizmatesおすすめポイント!

  • レベル軸×スキル軸で多様に対応した4つのレッスンタイプとオリジナル教材
  • ビジネス経験者の「一流のトレーナー陣」
  • 続けやすい1レッスンあたり319円(税込)~ 料金プランとお支払い方法
  • 最適な英語学習方法 「Bizmatesラーニング・メソッド」
  • 毎日 5時〜25時 マンツーマンレッスン受講可能

Bizmatesに適している人

  • ビジネス英語を学びたい人
  • ビジネス経験のある講師のレッスンが受けたい人
  • 質の高い講師のレッスンが受けたい人

Bizmatesはビジネス特化の英会話スクールです。無料体験レッスンも受けられますので、ビジネスシーンでの英語表現を学びたい人はまず、無料登録をしてみましょう!

【無料】Bizmates英会話の無料体験に申し込む

 

-Bizmates, オンライン英会話

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.