DMM オンライン英会話

DMM英会話の支払い方法の全てを解説【クレジットカード・デビットカード・銀行振り込み】

近年、人気急上昇のオンライン英会話の中でも、業界大手の一つであるDMM英会話の支払い方法について解説します。

オンライン英会話スクールの多くは、インターネット上でクレジットカード情報を登録して、月々にレッスン料がチャージされていく支払い方式を取っています。
しかし、中にはクレジットカードを持っていない人や、セキュリティなどの関係からクレジットカード情報をインターネット上で入力したくない人もいます。

他に選択肢はないのでしょうか…?

DMM英会話では、クレジットカード決済の他に、DMMポイント決済を選択できます!
DMMポイント決済を選択することによって、銀行振り込みやコンビニ払いなどが可能となり、支払い方法の選択肢が広がります。

また、DMM英会話では、クレジットカード支払いと同様にデビットカード支払いも可能です。

この記事では、DMM英会話の幅広い支払い方法の選択肢について、メリット・デメリットを比較しながら、徹底的に解説していきます。

DMM英会話の支払い方法

DMM英会話の支払い方法は大きく分けて2つあります。クレジットカード決済と、DMMポイント決済です。その他に、デビットカード支払いも可能ですので、あわせて解説していきます。

クレジットカード決済

一般的に多くのオンライン英会話が採用している決済方式です。登録さえしておけば、毎月自動で引き落としがされますので、手間がかからずに英会話レッスンを継続できます。

メインのカード会社(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners)は全て利用が可能です。

手続きの方法は、以下の公式ページをご参照ください。
https://eikaiwa.dmm.com/pages/payment_method/

クレジットカード決済のメリット・デメリット

クレジットカード決済利用には、以下のメリット・デメリットが考えられます。

メリット
・余計な手間や手数料が発生しない
・支払い忘れでレッスンが受けられない!という問題が起きない
デメリット
・クレジットカード情報をインターネット上で提供する必要がある
・退会や休会手続き忘れ(レッスンを受けていなくても毎月チャージが発生する)
これからDMM英会話を継続していく意志が固い人には、毎月の支払いの手間がかからないクレジットカード決済をおすすめします。月々の支払いは、意外に面倒なものです。
一方で、退会や休会の可能性がある人は、手続き忘れでチャージされないよう注意する必要があります。また、個人情報の取り扱いには各社徹底されていますが、インターネット上に登録をしたくない人は、別の支払い方法を選択しましょう。

DMMポイント決済

DMMポイントとは、プリペイド式の支払い方式のことです。さまざまな理由から、クレジットカードを利用したくない人、クレジットカードを作れない人は、DMMポイントで支払いが可能です。

DMMポイントにチャージする手段として、銀行振り込みや携帯支払いなど、さまざまな支払い方法から選択できます。

下記が、DMMポイントにチャージ可能な方法です。

銀行振り込み
クレジットカード
コンビニ店頭支払い
楽天ID決済
携帯支払い(docomo、au、Softbank)
WebMoney
BitCash
Edy
Suica
PayPal
コンビニ店頭払いや、携帯支払いなど、さまざまな便利な選択肢があります。楽天IDを持っている人は、楽天ポイントなども活用できるのでおすすめです。
電子マネーが利用できる選択肢も増えてきました!

DMMポイント決済で銀行振り込み

DMMポイント決済で銀行振り込みを選択する場合、以下の3つの方法があります。

① インターネット決済
② ATM決済
③ 通常振り込み(りそな銀行)

その中でも、パソコンやスマートフォンで24時間振り込みできるインターネット決済が便利です。インターネット決済やATM決済の場合には手数料もかかりません。

ATM決済は、DMMポイントチャージのページで、「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」を入手します。その後、ペイジー対応ATMで情報を入力して決済をする流れです。
通常の銀行振り込みも可能ですが(りそな銀行窓口)、手数料がかかります。
インターネットとATM決済に対応している金融機関は以下のサイトをご覧ください。

DMMポイント決済のメリットとデメリット

DMMポイント決済のメリットとデメリットを考えてみました。
メリット

  • クレジットカードがいらない
  • クレジットカード情報流出の可能性がゼロ
  • さまざまな決済方法から選択できる
デメリット

  • DMMポイントは基本的に1年間で失効してしまう
  • DMMポイントにチャージをする手間がかかる
  • チャージ不足になると、レッスンが受けられない
ポイントをチャージするのに、多少の手間はかかりますが、銀行振り込みなどクレジットカード以外の支払い方法を選択できることは大きなメリットですね。
また、DMMポイントの1年間失効期日があることと、「レッスンが受けられない!」とならないようにこまめにチャージ金額を確認することに注意しましょう。

デビットカード

デビットカード決済は、クレジットカード決済と同様に、サイト上に登録をして月々のレッスン代金が自動的に引き落としされる方法で利用できます。

クレジットカードを作成するよりも審査が簡単なので、デビットカードだけ持っているという人も多いようです。

ポイント

クレジットカードとデビットカードの違い
クレジットカードは、クレジットカード会社が一度支払いを立て替えて、後日口座から引き落としになる。一方で、デビットカードは、即時口座から直接引き落としされる。

デビットカードは、クレジットカードとは違い、即時に引き落としとなりますので口座残高には十分に注意しましょう!

その代わり、決済から口座の引き落としまでの時差がないのでお金の管理がしやすくなり、クレジットカードを持っていても、デビットカードの方を好んで利用する人も多いですね。

DMM英会話のお得な支払い情報

英会話は長く続けていく分、月々の支払いは後々大きな金額になってきます。少しでもお得に続けられる情報を伝授します。

クレジットカード支払いで1%ポイントバック

DMM英会話では、クレジットカード決済を選択すると1%のポイントバックがあります。DMMポイントが貯まりますので、そのポイントを次回のレッスン料の支払いなどに当てられます。

クレジットカードで1%ポイントバックをもらう方法として、通常のクレジットカード決済の他に、DMMポイント決済を選択して、クレジットカードでDMMポイントをチャージする方法があります。
ポイントをチャージする手間が増えますが、その方が還元されたポイントをレッスンの支払いに当てやすくなるので、お得にレッスンを受けたい人にはおすすめです。

1%のポイントバックとは、下記のとおりポイントが貯まります。

3,000円チャージ × 1%= 3,030円(30円)
5,000円チャージ × 1%= 5,050円(50円)

レッスン費で考えると、毎月下記の料金分がお得にレッスンを受けられます。

スタンダードプラン
毎日1レッスン6,480円 × 1%= 64円
毎日2レッスン10,780円 × 1%= 107円
毎日3レッスン15,180円 × 1%= 151円

プラスネイティブプラン
毎日1レッスン15,880円 × 1%= 158円
毎日2レッスン31,200円 × 1%= 312円
毎日3レッスン45,100円 × 1%= 451円
※2020年8月5日現在の料金参照。小数点以下は切り捨て。

注意点として、DMM英会話の支払いには、①DMMポイント決済、②インターネット決済のどちらかしか選択できません。なので、貯まったポイントをレッスン費全額から差し引いて、残りの金額のみを支払うということができません。

その場合、DMM英会話のレッスン費の他にも、ポイントを利用できるサービスがあります。DMM.com・DMM GAMES・FANZA・FANZA GAMESの各サイトで利用できます。

参考サイト:https://www.dmm.com/

電子書籍、動画配信、オンラインゲームなど、さまざまなサービスを提供しているサイトなので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

DMM英会話の支払いについてQ&A

DMM英会話の支払いについて、よくある質問をまとめました。

DMM英会話のレッスン費の支払い日と有効期限は?

DMM英会話のレッスン費の支払いは、初月は入会日に発生し「1カ月+1日」がレッスンの有効期限です。その後は入会日から起算して1カ月おきにお支払いとなりまます。

例えば、8月20日に入会した場合は、以下のスケジュールです。

1か月目 8月20日支払い(有効期限:8月20日〜9月20日まで)
2か月目 9月21日支払い(有効期限:9月21日〜10月20日まで)
3か月目 10月21日支払い(有効期限:10月21日〜11月20日まで)

入会日から起算されて、支払いと有効期限が設定されますので、月の途中に入会しても損することはありません

クレジットカード決済を選択する人は、上記のスケジュールで、自動的にレッスン費の引き落としがされます。
DMMポイント決済をする人は、支払いのスケジュール日までにレッスンの金額をチャージをしておく必要がありますのでご注意ください。

DMMポイントの有効期限は?

DMMポイントの有効期限は、基本的にチャージ日から起算して1年です。

しかし、獲得方法によっても異なる場合もあり、
クレジットカード支払いの1%キャッシュバックで獲得したDMMポイントは獲得日から180日間有効です。

他キャンペーンなどで獲得したポイントは、その都度変更となる可能性がありますので、ログイン後のポイント有効期限一覧ページにてこまめに確認するようにしましょう。

DMMポイントの返金はある?

残念ながら、DMMポイントの返金はありません
なので、英会話レッスンで利用するか、各DMMサイトのサービスで利用するかの選択肢となります。

休会中に料金はかかる?

DMM英会話休会中の料金は一切発生しません

休会の手続きをして、レッスンの有効期限が切れたら自動的に休会状態となります。
その後、自ら再会の手続きをするまでは、レッスン履歴や登録情報などが全て保存されたまま、いったんお休みモードとなります。

再会の手続きは、同じアカウントでログインをして、再度レッスン・プランを登録することによって簡単にスタートできます。

料金が発生せずに、全ての履歴を残しておけるので安心ですね。再会は1年後でも2年後でもいつでもOKです。

まとめ

DMM英会話の支払い方法について説明してきましたが、クレジットカード決済の他にDMMポイント決済を選択することによって、さまざまな支払いの選択肢が広がりました。

ポイント

クレジットカード決済:
毎月自動的に引き落としがされるので、手間をかけたくない人におすすめ。

DMMポイント決済:
ポイントをチャージする手間がかかりますが、さまざまな理由でクレジットカードを利用できない(したくない)人の選択肢としておすすめ。DMMポイント決済でクレジットカードを利用:
ポイントを利用してお得にレッスンを受けたい人におすすめ。

DMM英会話は、上記のように支払いの選択肢が多彩で、あらゆる人におすすめできるオンライン英会話であると言えます。

お支払い情報の入力なしで、DMM英会話の無料体験レッスンを2回受けられます!
興味がある人はトライしてみてはいかがでしょうか。

DMM英会話の無料体験を受けてみよう!

▼DMM英会話のおすすめポイント!
・オンライン英会話業界No.1!
・24時間365日いつでもマンツーマンレッスンが受けられる。
・レベルや目的別で選べる8,100以上の無料教材が利用できる。
・脳科学に基づいて開発されたまったく新しい英語学習アプリ「 iKnow! 」が無料で使える。
・1レッスンワンコイン以下!ネイティブ講師のレッスンが受けられるプラスネイティブプラン。
▼DMM英会話に適している人
・希望の講師を予約してレッスンを受けたい
・「i Know!」を利用したい
・幅広いトピックスのレッスンを受けたい

英会話は出版社と提携した教材もラインナップされていてすべて無料で利用できます。また月額利用料が1,510円(税込)の「i Know!」も無料で利用可能です!無料体験が2回受けられますので、まずはDMM英会話のレッスンを体験してみましょう!

【無料】DMM英会話の無料体験に申し込む

-DMM, オンライン英会話

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.