英会話上達コンテンツ

【hearとlistenの違い】それぞれの意味と正しい使い方は?

hear」と「listenはどちらも「聞く」という意味を持ちますが、この2つの英単語の違いを皆さんは意識して使えていますか?

このhear」と「listen」は実は全くニュアンスの違う英単語。しっかり使い分けを行わないと、少し不自然な英会話になってしまうのです。

2つの違いは高校英語で教えられることが多いので、すでに違いを知っているという方も多くいらっしゃるかと思います。ですが、いざ英会話に取り入れようとすると、忘れてしまっている場合が非常に多いもの。

正しく使えるよう、この記事を読んで一緒に復習をしていきましょう!

hearとlistenの違い

結論から言いますと「hear」と「listen」の違いは以下の点です。

【hear】
・無意識で「聞こえる」/聞き手の耳に勝手に入ってくる

【listen】
・意識的に「聞く」/聞き手が集中して自ら聞く

これだけです!さらにイメージしやすいように解説していきます。

無意識に聞こえる「hear」/意識して聞く「listen」

無意識に聞こえる「hear」

「hear」は、聞き手が意図せず耳に入ってくる音を「聞く」ときに使われる動詞です。無意識なので「聞く」というよりも「聞こえる」という表現が適切ですね。

例えば朝起きたら鳥の声が聞こえたときや、キッチンでお皿が割れる音が聞こえたとき、カフェでBGMが流れていて自然に耳に入ってきたとき。この場面では、その“音”が勝手に耳に入ってくるイメージですよね。

このようにあなたが何かしらの音を聞き、意識せずに音が耳に入ってきたというニュアンスで相手に伝える場合に、この「hear」を使ってください。

意識して聞く「listen」

「listen」は聞き手がしっかりと意識・注力して「聞く」ときに使われる動詞です。漢字に表すと「聴く」という行為をしている時に「listen」が適応されます。

イヤホンを付けて音楽を聴いているときや、コンサートホールでオーケストラを聴いているとき、英語の聴き取りをしているときは、その音を意識して「聴き」ますよね。このように、音にしっかりと聴き手の意識が集中しているときは「listen」を使ってください。

例文

ではここで、実際の例文を交えて解説をしていきたいと思います。

例文①

「最近彼女は結婚したそうだ。」

「I heard that she has recently got married.」

【解説】噂や「~そうだ」のような人づてに聞いた情報は、基本的には自分の意図せず、他人の発言から耳に入るという場合がほとんどですよね。このような場合には「hear」が好ましいでしょう。
例えばここで「listen」を使ってしまうと、「彼女が結婚した」というネタを”あたかも自らいろんな人に事情徴収をして聞いてまわった”かのような印象になりかねません。

例文②

「(電話にて)私の声は聞こえますか?」

「Can you hear me ?」

【解説】電話にて、音が聞こえづらいときなどに使えるフレーズです。一見「listen」でもよさそうなこの会話ですが、電話の声自体はどちらかというと耳に入ってくるイメージですので「hear」の方が好ましいでしょう。
よほど重要なことを話していて、聴いていてほしかったセリフをピンポイントで「聴いていましたか?」のように尋ねる場合は「listen」でも使えないことはありません。ですが、「Can you listen to me?」「私の話、ちゃんと聞いていますか/聞けますか?」といった嫌味を含んだニュアンスに聞こえかねないため、あまり使わない方が無難です。

例文③

「隣の部屋から物音が聞こえた。」

「I heard a noise from the next room.」

例文④

「隣の部屋の音が気になり、注意をして聞いてみた。」

「I was concerned about a noise from the next room, so I listened to the noise carefully.」

【解説】隣の部屋から物音が聞こえたとき、まずは注意して聞く前に勝手に耳に入ってきますよね。そのため例文③の場合は「hear」になります。
例えばこれが、隣の部屋から聞こえてくる音が気になりだし、注意をして「なんだろう?」と「聴く」ようになった場合は、例文④のように「listen」に変わるのです。

例文⑤

「私はリスニングが苦手です。」

「I'm poor at listening.」

例文⑥

「私は聞くことが苦手です。(耳が聞こえづらい)」

「I'm poor at hearing.」

【解説】この例文③と④は、「listen」と「hear」のどちらを使うかで、かなり意味が変わってしまう分かりやすい例です。
例文⑤は「listening」、すなわち注意して「聴く/聴き取る」ことが苦手という意味になるため、英語や中国語などの聴き取りが苦手という意味になります。
一方で例文⑥は「聞こえる」ことが苦手という意味になるため、「私は耳が遠いです。」という意味になるのです。もしあなたはリスニングが苦手と伝えたかったのにこの「hearing」を間違って使ってしまうとネイティブとのミスコミュニケーションに繋がってしまう可能性があります。

まとめ

さて、ここまでの解説・例文①~⑥を通し、hear」と「listen」の使い分け方やその重要性を理解していただけましたでしょうか?
思っていたよりも意味やニュアンスが異なり、使い方を間違ってしまうとミスコミュニケーションや会話の齟齬、相手に与える印象も変わってしまうということが分かりましたね。
hear」と「listen」は会話中での登場頻度もかなり多く、英会話をする上でとても重要な単語です。にもかかわらず、意外にもこの2つを間違って使ってしまう方が多いのが現状。ときには英語上級者でも、間違って使ってしまう場合があるのです。
この記事でしっかりと意味やニュアンスを振り返り、使い分けをして、ワンランク上の洗練された英会話を心掛けてみましょう!

-英会話上達コンテンツ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.