英会話教室・英会話スクールの比較・おすすめ

インターグロースとライザップイングリッシュを徹底比較!違いは?あなたに合うのはどっち?

コーチング式英語スクール「トライズ」の運営会社が、新サービス「インターグロース」を立ち上げたみたいなんだけど、他スクールと比べてどうなんだろう?「結果にコミットする」というフレーズで有名な「ライザップイングリッシュ」との違いは何なんだろう?僕にあうのはどっちかな?

どちらも最近話題の英語コーチングスクールの分類に入るんだけど、インターグロースは、自学自習のコンサルティングに重きを置いているわ。一方で、ライザップイングリッシュは、マンツーマンレッスンがあり、アウトプットのトレーニングをたくさん実施するの。

料金はライザップイングリッシュの方が高いかな。徹底比較してみるね。

両スクールについて、様々な項目を比較し、違う点をまとめていきます。本記事を読んでいただくと、インターグロースとライザップイングリッシュの違い、そしてあなたがどちらに合うのか理解できると思います。

1 | インターグロースとライザップイングリッシュの概要と特徴を比較

1-1 | スクール概要を比較

  インターグロース ライザップイングリッシュ
設立 2020年10月 2016年4月
運営会社 トライオン株式会社(2015年より、トライズも運営) RIZAP ENGLISH株式会社
事業内容 英語コーチング(レッスンあり) 英会話レッスン・英語コーチング
学習スタイル 自学自習コンサルティングに特化

ネイティブ講師との英会話グループレッスン

自学自習コンサルティング

マンツーマン英語レッスン

ネイティブ講師とのオンライン英会話

主な学習方法 応用言語学・第二言語習得理論など英語学習の科学に基づく学習方法

語学研究所(専門家集団)がプログラムを指導・監修

【質×量】アウトプット型トレーニング・英語脳養成トレーニング
自学自習時間 毎日3時間前後 毎日3時間前後
受講期間 2か月のみ 2・3・4か月(目安)

レッスン回数

16回・24回・32回

専属コーチ 多くが日本人

(日本語ネイティブ)

多くが日本人

(日本語ネイティブ)

まずは、スクールの概要について、比較してみました。両スクールともに、自学自習のコンサルティングを行う短期集中の英語コーチングスクールであることは同じです。この表の中では、学習スタイルが違うのが気になりますね。

では、それぞれのスクールについて、もう少し詳しくみてみましょう。

1-2 | インターグロース(InterGrowth)について

インターグロースとは、1年間の英語コーチングスクール「トライズ(TORAIZ)」を運営するトライオン株式会社が、2020年10月にはじめた英語コーチング(コンサルティング)サービスです。公式サイトでは、以下のような表現でスクールの特徴を説明しています。

【公式サイト・トップページの言葉】

2ヶ月で本質的な英語力を身に付ける。それがインターグロース。

インターグロースは英会話スクールではなく、英語コーチングスクールです。英語力を伸ばすには、英会話レッスンではなく、自学自習が最も重要です。

その自習プログラムを提案・実行するのがインターグロースのコーチング。英語コーチングによって、あなたの英語学習の生産性を最大化します。

出典:インターグロース公式サイト

トップページの言葉にある通り、インターグロースでは、正しい学習方法で自学自習する事が非常に重要であると考えています。そのため、自学自習にしっかりと取り組めるよう個別最適化したカリキュラムを作成・管理することに重きを置いています。

短期集中(2か月)で受講生の課題を解決し、一生ものの学習習慣を身に付けることを目指しているんです。インターグロースの強み・特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

インターグロースの強み・特徴

・自学自習コンサルティングに特化

・英語力の高いハイレベルな日本人専属コンサルタント

語学研究所によるプログラムの指導・監修

インプットとアウトプットのバランスを含めた個別最適化

第二言語習得理論に基づき、あなたに最適な英語学習プランを提案、実行

・ネイティブコーチによるグループレッスンが受け放題

・理論×実践=効率性が高い英語学習法を提供

では、次にライザップイングリッシュについて、みてみましょう。

1-3 | ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)について

ライザップイングリッシュとは、ダイエット・ボディメイク事業で有名なライザップ株式会社が、主要株主となっているマンツーマン英会話・英語コーチングスクールです。ライザップのパーソナルジムのように、専属トレーナーが受講生一人ひとりにつき、カラダではなく、英語を鍛え上げるサービスです。

公式サイトでは、以下のような表現でスクールの特徴を説明しています。

【公式サイト・トップページの言葉】

ネイティブ相手にバリバリ伝える。英会話力を徹底的に強化!

圧倒的な発話量のアウトプット型トレーニングで、「伝わる英語」にコミットする

出典:ライザップイングリッシュ公式ページ

ズバリ「英会話力」「アウトプット」を重要視していることが明らかです。多くの英語コーチングスクールと同じように専属コーチ(トレーナー)が付くのですが、コンサルティングだけではなく、マンツーマンの英語レッスン(アウトプット重視)も実施します。

ライザップイングリッシュの強み・特徴をシンプルにまとめると、以下の通りです。

ライザップイングリッシュの強み・特徴

・アウトプット重視型プログラム

英語脳養成トレーニング

・ネイティブ講師との実践スピーキングオンライン英会話(CAMBLYと提携)

・結果にコミットするRIZAPメソッド

パーソナルジムRIZAP14万人以上の会員実績に基づいた「挫折をせずにやり切れる」メソッドをライザップイングリッシュ用にカスタマイズ。

・完全オーダーメイド学習設計

・1日3時間のシュクダイ(宿題)

・日本人専属トレーナーがマンツーマン英語レッスンと日々のサポートを担当

・学習効率を徹底的に追求した環境(完全個室のレッスンルームなど)

・あなたの英語力をスコア化

RIZAP ENGLISH独自のアセスメントテストを実施。

両スクールの概要・特徴をみてきましたが、違うポイントがいくつかありましたね。次章でまとめていきます。

1-4 | 注目ポイント

共通ポイント

・一人ひとりに合わせたオーダーメイドの学習スケジュール

・個別最適な学習法の教授

・専属コーチによるコンサルティング

・専属コーチが日々サポート

・毎日3時間前後の自学自習

・学習の習慣化を目指す

上記はパーソナルコーチングスクールならではのサービスなので、どちらともに共通していますね。では、違うポイントは何でしょうか?

違うポイント

トライオンは、eラーニングなど教育事業を柱に、英語事業に参入しました。一方、ライザップは、ダイエット事業のメソッドを英語コーチングに活かす事で、事業を進めています。

インターグロース ライザップイングリッシュ
母体 【トライオン】

2006年、eラーニングをひとつの柱として創業。2012年秋以来、デジタルコンテンツとリアルのレッスンを組み合わせた新しい形の英語教育事業を開始。2015年には、英語コーチングスクール「トライズ」を設立。

【ライザップ】

激やせ・激変のCM、「結果にコミット」というフレーズで一躍有名になったパーソナルジム・ダイエット事業を運営。他グループ会社は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている。

インターグロース ライザップイングリッシュ
学習方法 まずはインプットから 徹底的にアウトプット
インターグロース ライザップイングリッシュ
専属コーチの役割 主にコンサルティング

モチベーションの維持・向上、学習進捗全般を指導・管理

コンサルティングのみならず、英語レッスンも担当

モチベーションの維持・向上、学習進捗全般を指導・管理

インターグロース ライザップイングリッシュ
英会話レッスン グループレッスン マンツーマンレッスン

スクール概要・特徴を比較しただけでも、両スクールの違いがはっきりと見えていますね。それでは、もっと細かく様々な項目を比較していきましょう。

2 | 校舎と営業日時を比較

インターグロース ライザップイングリッシュ
校舎の数 12校 9校
校舎の場所 【東京都(9校)】新宿西口、新宿南口、田町三田、赤坂、銀座、秋葉原、丸の内、池袋、渋谷

【神奈川県】横浜西口

【愛知県】名古屋名駅

【大阪府】梅田

※すべての校舎について、最寄り駅から徒歩5分前後

※その他、東京都文京区にオンラインセンターあり

【東京都(9校)】

銀座、池袋、新宿御苑、新宿、赤坂見附、渋谷、新橋、日本橋、秋葉原

※すべての校舎について、最寄り駅から徒歩5分前後

営業日時 火曜日~金曜日:13:00~21:15

土曜日:10:00~17:30

日曜日・月曜日:定休日

7:00~23:00 (年中無休)

※一部店舗を除く

※年末年始休みあり

※緊急事態宣言中は、営業時間短縮:7:00~20:00

オンライン受講 可能 可能

※2021年1月24日現在

両スクールとも、すべての校舎が最寄り駅から徒歩5分前後と好立地です。ただライザップイングリッシュは、東京都内のみになります。どちらもオンライン受講可能なので、校舎がない地域に住んでいる方でも受講可能です。

ポイント

インターグロースは、東京都内だけでなく、横浜、名古屋、大阪梅田にも校舎がある。日曜日と月曜日は定休日。

ライザップイングリッシュは、東京都内のみだが、朝7時から夜11時まで年中無休で営業している。

3 | コースの数と種類を比較

インターグロース ライザップイングリッシュ
コースの数 2つ 2つ(3つ)
無料体験コース 無料カウンセリング 無料の英語力診断(カウンセリング)

初回限定無料体験レッスン(50分)

コースの種類 1, 自学習英語コーチングコース

2, TOEIC® L&R TEST英語コーチングコース

1, 英会話コース

2, TOEIC® L&R TEST スコアアップコース

(3, ベーシックコース※)

受講期間 2か月のみ 2・3・4か月(目安)

レッスン回数

16回・24回・32回

その他 RIZAP ENGLISH ONE

ライザップイングリッシュの学習方法・レッスンを1日で体験できるコース(1回5時間/9,800円税抜)

※ライザップイングリッシュ:初心者向けの基礎力養成「ベーシックコース」もあり、レベルに合わせて選択可能です。

ポイント

両スクールとも基本コースは2つのみ。インターグロースは、2か月コースのみ。

ライザップイングリッシュは、2・3・4か月と受講期間を選択できる。1日体験コースがあり、実際にレッスンを受けることができる。

4 | 各コースの料金を比較

次に、2か月コースの料金を比較してみましょう!

  インターグロース(自学習英語コーチングコース) インターグロース(TOEIC® L&R TEST 英語コーチングコース) ライザップイングリッシュ(英会話コース) ライザップイングリッシュ(TOEIC® L&R TEST スコアアップコース)
受講期間 2か月 2か月 2か月(目安)

レッスン回数

16回

2か月(目安)

レッスン回数

16回

入会金(税抜) 50,000円 50,000円 50,000円 50,000円
受講料(税抜) 344,000円 348,800円 398,000円 328,000円
1か月あたりの受講料(税抜)
172,000円 174,400円 199,000円 164,000円
教材費 市販教材を購入 市販教材を購入 オリジナル教材

別途市販教材を購入する場合あり

オリジナル教材

別途市販教材を購入する場合あり

合計 394,000円+教材費 398,800円+教材費 448,000円 378,000円
分割払い 可能 可能 可能

月々約10,000円からはじめられるプランあり

可能

月々約10,000円からはじめられるプランあり

全額返金保証 受講開始後1か月以内 受講開始後1か月以内 受講開始後30日以内 受講開始後30日以内
一般教育訓練給付金制度

対象コース

なし なし なし あり(レッスン24回コース)※

※2021年1月の料金表です。受講料は変動する場合がありますので、公式サイトをご確認ください。

受講料の20%(最大10万円)が支給される厚生労働大臣指定講座「一般教育訓練給付金制度」の対象コースがあり、給付金を受給して、受講することができます。

ライザップイングリッシュ

【対象コース】一般教育訓練給付金制度

TOEIC® L&R TESTスコアアップコース

レッスン回数:24回(目安3か月)

また、ライザップイングリッシュには、ワークデイコース(平日昼の時間帯限定)があり、通常よりもお得料金で受講することができます。

ワークデイコース

平日12~17時のデイタイムに集中してオンラインで受講できるプログラム。

・レッスン回数:24回(3か月目安)

・受講料:398,000円(税抜)

英会話コース、TOEIC® L&R TEST スコアアップコースともに同一料金。

・入会金:50,000円(税抜)

ポイント

ライザップイングリッシュの英会話コースが、他に比べると高い値段設定。ライザップイングリッシュには、一般教育訓練給付金制度対象コースやワークデイコースがあり、該当する人はお得料金で受講することができる。

5 | 割引キャンペーンを比較

2021年1月24日現在、両スクールとも、お得な割引キャンペーンを実施中です。

インターグロース

【総額12万円(税抜)の割引キャンペーン】

・入会金50,000円→0円

・受講料70,000円OFF

・2021年1月31日まで

・先着100名様

総額12万円(税抜)の割引で、かかる費用が合計28万円前後(税抜)になります。

ライザップイングリッシュ

【新春お年玉キャンペーン】

・入会金から50,000円(税抜)OFF

・申込締切:2021年1月31日(2021年2月15日までに成約)

ポイント

インターグロースは総額12万円OFFの大きな割引キャンペーンを実施中。ライザップイングリッシュも1月限定キャンペーン中。

6 | プログラム内容を比較

6-1 | プログラムの流れ

両スクールとも、大枠のプログラムは、以下の流れで進んでいきます。

プログラムの流れ

1, 初回コンサルティングで、学力分析テストを行い、受講生の課題を見つける。目標設定。

2, 受講生の課題に最適な学習法を伝授。一人ひとりのライフスタイルにあった学習スケジュールを作成・管理。

3, 毎日3時間前後の自学自習。

4, 専属コンサルタント(トレーナー)による毎日のサポート。

5, 週1回以上コンサルタントとの面談(レッスン)。

6, オンラインでネイティブ講師と英会話レッスン。

7, 学習進捗を見極めながらカリキュラムを調整。

8, 卒業時にテスト行い、成長具合を確認。今後の学習についてアドバイス。

6-2 | 自学習英語コーチングコース(インターグロース)と英会話コース(ライザップイングリッシュ)を比較

それでは、細かくプログラム内容を比較してみましょう。今回は、自学習英語コーチングコース(インターグロース)と英会話コース(ライザップイングリッシュ)を比較してみます。

インターグロース

【自学習英語コーチングコース】2カ月の短期集中で正しい学習方法を学び、本質的な英語力を養成するコース

ネイティブレベルの英語を読んだり聞いたりできるインプットスキル(リーディング力とリスニング力)の習得を図る。またそれだけではなくVersantテストの受験とフリートーク・グループレッスンによって、日常英会話・ビジネス英会話などに必要な本質的な英語力を養成する。

【身につく3つの英語力】

・リスニング

シャドーイング・音読でネイティブレベルの英語を聞き取れるリスニング力を目指す。

・スピーキング

瞬間英作文で英語知識の「高速処理化」を実現。受け放題レッスンで実戦経験を培う。

・基礎力(単語・文法)

まずは話すために必要な3,000単語と、中学レベルの英文法をマスター。その後、更に基礎力を高めるトレーニングを実施。

ライザップイングリッシュ

【英会話コース】短期間での英会話習得を目指すコース

「話す」を中心としたアウトプット型トレーニングを徹底的に実施する。忙しい毎日の中でも結果にコミットするために専属トレーナーがマンツーマンで寄り添い、日常英会話はもちろんグローバルなビジネスの場で通用する英語コミュニケーションまで、実践的なスキルの習得を目指す。

【3つのアウトプットトレーニング】

・6 STEPS

英語脳養成に最適とされる6つのステップを踏み、英語脳を鍛え上げる。

・実践スピーキング

ネイティブ講師と大量の英会話を実施。

・クイックレスポンス

6 STEPSで鍛えた英語脳を土台とし、伝えたい表現に瞬時に変換して発話するトレーニング。

インターグロース ライザップイングリッシュ
コース名 自学習英語コーチングコース(2か月) 英会話コース(2か月)
初回コンサルティング

無料英語力診断

・目標設定

・レベルチェックテストの実施

・テストの分析とフィードバック

・課題、ライフスタイルにあったカリキュラム作成

・効率的な学習方法の教授

・学習カリキュラムやスケジュールの共有(エクセル)

・英語学習に関する悩み、目標のヒアリング

・レベルチェックテストの実施

・テストの分析とフィードバック

・受講生のレベルにあったコースを提案

・一人ひとりに合った最適なカリキュラム、学習方法を提案

・効率的かつ確実に目標達成(コミット)できるプランを共有

使用教材 ・市販教材 ・オリジナル教材

別途市販教材を購入する場合あり

専属コーチによる毎日のサポート ・メールによる質疑応答(毎営業日)

学習方法や学習内容に関しての疑問は翌営業日までにフィードバック

・毎日メール等でやりとり

シュクダイ(宿題)、学習進捗報告のフィードバックを行う

・オンラインタスク管理サポート

専属コーチによる面談(コンサルティング) ・週1回50分(計8回)

小テスト、学習方法の指導、学習時間確保のアドバイス等

・週2回(計16回)

専属トレーナーとのマンツーマンレッスンの際に、コンサルティングも実施するが、英会話レッスンがメインとなる。

英語レッスン ・オンライン・フリートーク・グループッスン(50分)

アウトプットの機会として、ネイティブコーチによるレッスンを提供。無料で受け放題。

※枠ごとに希望者先着順

・レッスン前にテストを実施

・日本人専属トレーナーのマンツーマン英語レッスン(週2回/50分/計16回)

・ネイティブ講師とのマンツーマンオンライン英会話レッスン(週5回以下/30分)

外部サービスCAMBLYと提携

英語力テスト受験 ・Versantテスト受験(計2回) ・Versantテスト受験

・RIZAP ENGLISH独自のアセスメントテスト

ポイント

インターグロースでは、まずインプットスキルの習得を図る。自学自習がメインで、グループレッスンでアウトプットする。

ライザップイングリッシュでは、専属トレーナー、ネイティブ講師とのマンツーマン英会話レッスンを実施し、徹底的にアウトプット力を鍛える。

7 | 専属コーチを比較

インターグロースでは、専属コーチを「コンサルタント」と呼び、一方、ライザップイングリッシュでは、「トレーナー」と呼んでいます。両スクールの特徴があらわれている呼び名だと思います。

インターグロース

コンサルタント

ライザップイングリッシュ

トレーナー

人数(受講生1名に対して) ・2名(カリキュラムを組み立てる人とサポートする人) ・1名
英語テストのスコア ・平均スコア(2020年11月30日)

TOEIC® L&R TEST:924.0点

Versant Speaking Test:62.1点

・公開はされていないが、TOEIC900点以上と高い英語力を持つトレーナーが多く在籍している
他業種ビジネス経験 ・客室乗務員、外資系IT企業、海外取引を行う商社など実際にビジネスで英語を使っていた人が在籍 ・英語教育の仕事をしていた人、英語を使って仕事(外資系企業など)をしていた人など様々
その他 ・英語学習の理論も実践も知り尽くした第二言語習得の専門家集団

コンサルタントとしての能力・スキルを重視しながら厳しい選抜採用を行っている

・模擬コンサルティングを含む数多くの実践的な研修を実施

・定期的に社内勉強会及び専門家によるセミナーを開催し、日々コンサルティングスキルの向上につとめている

リアルタイムパフォーマンスシステムを導入しており、すべてのコンサルティング、面談内容は受講生によって5段階で評価されている。改善点がみつかった場合は、即座に対応

・コンサルティングのみならず、マンツーマンの英会話レッスンも担当している

・トレーナーの採用率は約4%(2018年1月〜10月実施)

・入社後、168時間の新人研修や定期的な研修を受けている(心理学に関する勉強なども含む)

・受講生を支えるメンタルサポートの力を重視

(どれだけ人に寄り添うことができるか、人の喜びをどれだけ自分の喜びとして認識できるか、人の少しの変化を感じ取りサポートできるか)

ポイント

両スクールとも、精鋭ばかりが在籍しています。インターグロースのコーチの方が、第二言語習得論などに精通している人が多いでしょうか。一方で、ライザップイングリッシュでは、人にどれだけ寄り添えるか、メンタルサポートがしっかりできる人が重要視されています。

しかしこればかりは、相性の問題もあるかと思うので、実際にコーチと会って、判断していただく事をおススメします。

8 | 大きな違いを整理

・インターグロースの母体は教育事業を柱に創業。ライザップイングリッシュの母体は、健康に関する研究、ダイエット・ボディメイク事業で有名となった。

・ライザップイングリッシュはダイエットのメソッドを英語スクールに活かしている。

・インターグロースは、東京都内だけでなく、横浜、名古屋、大阪にも校舎がある。ライザップイングリッシュ東京都内のみ。

・ライザップイングリッシュの営業時間は7:00~23:00と長く、年中無休。

・インターグロースは、2か月コースのみ。ライザップイングリッシュは、2・3・4か月から選択可能。

・基本の受講料は、ライザップイングリッシュの英会話コースが他に比べると少し高い(2か月:合計約45万円)。

・インターグロースでは、総額12万円(税抜)の大きな割引キャンペーン実施中。ライザップイングリッシュは50,000円OFFキャンペーンあり。

・インターグロースでは、インプットスキル(リーディング力とリスニング力)の習得に重きを置いている。ライザップイングリッシュは、「話す」を中心としたアウトプット型トレーニングを実施し、短期間での英会話習得を目指している。

・インターグロースでは、市販教材を使用、ライザップイングリッシュではオリジナル教材を使用している。

・インターグロースの英会話レッスンは、ネイティブ講師によるグループレッスンのみ。ライザップイングリッシュは、専属トレーナーによるマンツーマン英語レッスンとネイティブ講師とのオンライン英会話レッスンがある。

・ライザップイングリッシュでは、メンタルサポートがしっかりできる人を、トレーナーとして採用している。

9 | まとめ(あなたに合うのはどっち)

最後にどんな人がどちらに合うのか、まとめてみるね!

受講料をできるだけ抑えたい】

→インターグロース

2021年1月24日現在、12万円(税抜)割引キャンペーン実施中。2か月コースが、約28万円(税抜)で受講可能。

【英語をたくさん話したい】

→ライザップイングリッシュ

アウトプット重視型プログラムを採用。バリバリ英語を話す機会がある。

【コースが終わっても、継続して自学自習ができるようにしたい】

→インターグロース

自学自習コンサルティングに特化している。一生ものの学習習慣が身に付く。

【マンツーマンのレッスンを受けたい】

→ライザップイングリッシュ

専属トレーナーとのマンツーマン英語レッスン(週2回)、ネイティブ講師とのマンツーマンオンライン英会話(週5回以下)がある。

【大阪に住んでいる】

→インターグロース

大阪梅田に校舎がある。

【一般教育訓練給付金制度を利用したい】

→ライザップイングリッシュ

TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(24回)が対象コースである。

【リーディング力とリスニング力を鍛えたい】

→インターグロース

インプットスキルの習得を図るコースがある。

【英語学習が、三日坊主になりがち。モチベーションを上げてほしい】

→ライザップイングリッシュ

メンタルサポートをしてくれる専属トレーナーがおり、「挫折をせずにやり切れる」RIZAPメソッドがある。

英語コーチングスクールならではのコンサルティングサービスは共通している点があったけど、学習スタイルは大きく違っていたね。僕は、インプットスキル習得トレーニングを重点的に行いたいから、インターグロースかなー。どちらも無料カウンセリングがあるみたいだから、まずは行ってみることにするよ!

-英会話教室・英会話スクールの比較・おすすめ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.