オンライン英会話 英会話アプリ

英会話の聞き流しは「聞き流すだけ」なら効果なし

「英会話を聞き流しただけで、英語がペラペラになる!」と聞いて、日々英会話の聞き流しに勤しんでいる方も多いのではないのでないでしょうか。

英会話の聞き流しは、日本にいながら英語に触れる機会を増やすことができるとても良い学習法のように思えます。

残念ですがただ英会話を聞き流しているだけでは、意味がありません。

しかしちょっとしたコツを押さえることで、英会話の聞き流しは効果的な学習法となるのも事実です。

英会話の聞き流しに効果に意味がない理由、またその要因やどうすれば効果が上がるのかを詳しく紹介していきます。

英会話の聞き流しに意味がない理由3つ

意味が理解できていない

あなたが今日から中国語を勉強しようと思い、中国のニュースやラジオを毎日聞き流したところで中国語がペラペラにならないことは明白ですね。

聞き流しの大前提として「意味を理解している」ことが大切です。

なのでいくら英会話を上達させたいと思い、英会話を聞き流したところで意味が理解できていなければ、人間の脳は「雑音」と認識してしまいます。

自分のレベルにあったものを聞いていない

英会話の聞き流しに挑戦しよう!と思ったあなたはどんなものを選びますか?

よく聞き流しのおすすめとされるのは、ラジオ、海外ドラマ、Youtube、洋楽などですが、上記で述べたように理解できないまま聞き流しても意味がありません。

これらは全てネイティブ向けに発せられる言葉なので、当たり前ですが英語学習者がこれらをしっかりと理解するまでにはかなりの時間を要します。

理解できないまま聞き続けるのは、意味がありません。

集中して聞いていない

英会話の聞き流しを行う際には、聞き流しながら何を行なっているかが重要です。というのも私たちの脳みそは同時に2つのことを行うことができないのです。

正しくは同時に2つのことを行うことはできますが、片方の効率が落ちてしまいます。

特に言語を学習するための聞き流しは、他の言語活動と合わせては意味がないと言われています。

例えば本や新聞を読みながら英会話を聞き流しても、私たちの脳みそは本や新聞を「読む」ことに比重が置かれてしまいます。

英会話の聞き流しは単純に「聞く」作業としてしか処理がされないため、意味がなくなってしまうのです。

英会話の聞き流しの効果を上げる方法3つ

英会話を聞き流しているだけでは意味がないのなら、今日から辞めちゃえ!となるのはまだ早いです。何故なら、これだけ英会話の聞き流しは効果があると信じられているのにも理由があるのです。

ほんの少し手間を加えるだけで、英会話の聞き流しは英会話上達の効果的な学習方法になります。効果をあげる方法を一緒に見ていきましょう。

英文法の基礎を学ぶ

まずは英文法の基礎をしっかりと学びましょう。これは私たちが日常使っている日本語と英語の文法には大きく差があるためです。

(日本語)私は学校へ行きます。
(英語) I go to school.

日本語はSOV型とよばれる動詞が最後にくる語順になっています。一方で英語はSVO型とよばれる語順で、主語の次に動詞がきます。

この文法を理解してから英会話の聞き流しを行うことで、「I go to...」と聞き取れることができれば、分からない単語があったとしても「あぁ、どこかへ行ったのだな」と大まかな意味を理解することができます。

分からない単語が出てきても文法で補正をしながら理解をしていくためにも、文法の基礎を頭に入れることが大切です。

英語の音読練習をする

聞き流しなのに、なんで音読?と思う方も多いかもしれません。ですが、単語や英文のどう発音がされるのかを理解していないと、聞き取ることができません。

自分の口を通して発音してみる。一つの単語でも良いですし、文章でも構いません。近くに書いてあるものを手に取ってみて、そこに書かれているブランド名や説明文でも良いです。

英文一文でもスラスラ読んでみようと思っても最初は難しいものです。慣れてくるとどこで区切れば良いのか、また単語と単語が繋げた時にこういう発音をしたら読みやすいなというのが理解できるようになっていきます。

実際に自分の口を使ってみることで発音への理解を深め、より聞き流しの効果を得ることができます。

聞き流しの後に勉強の時間をとる

私たちが英語を習得するためには、たくさん聞くこと(インプット)をすることが必要だと言われています。

そのために英会話を聞き流すことも必要ですが、聞き流したままにしないためにも、聞き流しの後には勉強の時間をとることをおすすめします。

ジョギングや料理をしながら、または通勤中など「ながら聞き」をする方も多いと思いますが、最後の10分だけでも英会話を聞くことに集中してみてください。

そしてその聞いた内容を基に勉強をするのです。分からない単語があれば調べてみる、そしてその単語を使って例文を書いてみる。または英会話の内容を書き出して実際に口に出して練習してみる、などあなたのやりやすい勉強方法で構いません。

英語の習得には、たくさん聞くこと(インプット)が必要と言われるのと同じくたくさん話すこと(アウトプット)も大切なので、こちらも聞き流しと合わせて行いたいですね。

英会話の聞き流しのおすすめ学習法

初級レベル(TOEIC〜600点)

このレベルの方が英会話聞き流しに挑戦しようと、英語のニュースを聞き流しても挫折することまちがいなしでしょう。「意味がない理由」で説明したとおり、まずは自分のレベルにあった英語に触れることが大切です。

まずは、学習用教材を繰り返し聞き流すところから始めましょう。長い文章ではなくて大丈夫です。まずは単語に添えられている例文1つで構わないので、ワンセンテンスをしっかりと聞き取れるようになりましょう。

学習用教材であればスピードや発音も聞き取りやすく、崩れていない標準の英語を聞き流すことができます。

学習用の教材では堅い文章ばかりで「つまらない」と思うかもしれませんが、必ずここでの努力は報われるので、諦めずに毎日聞き流しましょう!

中級レベル(TOEIC 600点〜800点)

このレベルでは、初級レベルよりも長めの文章を聞くことに挑戦します。

おすすめは、TOEICなどのリスニング問題です。学習教材の延長線上で聞き流すことで、自分が学習してきた単語や文法の中でしっかりと理解力を高めることができます。

またポイントは必ずスクリプトが確認できる教材であることです。繰り返しききながら、毎日一度はスクリプトに目を通し英語で何と言っているのか確認しましょう。

上級レベル(TOEIC 800点〜)

ここまできたら、新しい単語や表現を取り入れるために今まで聞いたことのないジャンルに挑戦してきましょう。

ニュース、映画やドラマ、ラジオなど様々なジャンルを聞くことで、それぞれの特徴や使われる単語や表現の違いなども学ぶことができます。

このレベルまでくればだいたいのことは理解することができ、聞き流しを楽しめること間違いありません。「英会話を聞き流す」ことの最大のメリットを発揮することになります。

英会話の聞き流しで英語力をUPさせよう!

大人になった私たちが新たな言語を習得するには、正しく適切な順序で学ぶことで効率をあげることができます。

英会話の聞き流しも、一見意味がないようにも思えますが、一手間をかけてあげることであなたの英語力UPに効果があること間違いありません!

-オンライン英会話, 英会話アプリ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.