LIBERTY ENGLISH 英会話教室・英会話スクール

LIBERTY ENGLISHの口コミ・評判をまとめてみた

Liberty English AcademyことLIBERTYは、短期間でTOEFL/ITP、IELTSのスコアアップを飛躍的に期待できる人気の英語教室です。英会話を基本に置くのではなく、英語の基本的な構造をしっかりと理解していきます。今まで多くの時間を英語学習に費やし、海外の一流大学入試を目指す学生でも、これまで理解しきれなかった部分をクリアにする教室になります。

そんな一見他の英会話教室との違いが分かりにくいLIBERTY。情報が少なすぎるといわれているLIBERTYへ、実際に通った方の口コミや評判からどんな英語教室であるのか探ってみましょう。

LIBERTYに通う生徒はどんな人

LIBERTYには様々な年代の人が通います。中高校生から大学生、国内外の有名大学受験を控えた方や、留学間近の学生。社会人でもこれから国際舞台で活躍を望む方が多く入学してきます。

もうすでに英語力を持ち合わせている方も多く、そこからLIBERTYで学ぶことによりより深く英語の完璧な理解を目指している方が多いのがLIBERTYです。しかしこれから英語を勉強するにあたって、まず初めにしっかりとした英語の構造を頭に入れておけば、これから学習英語が短時間で身に付き使える完璧な英語習得へと結びつきます。そんな英語が苦手でこれまで勉強してこなかった方も通われています

では実際にLIBERTYに入学される方にはどのような目標を持った方が多いのでしょうか。実際に受講した方の口コミを、年代やその方の目標にしている英語力も一緒にチェックしてみてください。

海外の医科大学を受験する為に入学

海外の医科大学を受験しようと考えるが、これまで海外赴任や海外留学をしたことなく、他の英語教室では「時間が足りない」「難しい」と断られ続けた方です。しかしここLIBERTYでは、「大丈夫」と言っていただいたとのこと。

他の生徒のレベルの高さに初めは戸惑ったが、クラスに参加するにつれてLIBERTYの学習を理解できるようになり、その成果としてReading&Writing Classで鍛えられた英語で、ネイティブの試験官にも臆することなく面接を受けることができ、無事に海外の医学部大学の一次試験をパスしたの事です。

高校2年の終盤にTOEFL100点以上を目指して

高校生もLIBERTYに大学受験を見据えて入学します。こちらの生徒は、TOEFLで100点以上獲得することを目指して入学しました。高校では英語での授業でしたので、会話や聞き取りは問題なくできましたが、ReadingやWritingに伸び悩みを感じていました。

LIBERTYのショートコース24回のクラスに参加する前に、英語の文法の決まりをしっかりと教えてくれるファンデーションクラスに入ります。こちらのクラスは少人数制の為、同じ目的をもって勉強する仲間ができ、勉強意欲が維持できたのと事。

LIBERTYで一番少ない授業の24回コースであったが、TOEFLにスコアは80点からどんどん伸びて100点超えを取ることができるようになったとのこと。学生の為、定期考査や部活動との両立が必要ですが、成果が目に見えてわかる為LIBERTYの予習復習は苦にならなかったとの事です。

東大・慶応・早稲田のAO入試に向けて

中学生のころから留学し、大学を日本の大学で受験しようと考えていた学生です。留学しているので英語は分かった気になっていました。しかし日本の難関大学合格にはTOEFLでは100から110点を取ることが理想です。その当時は76点、プライベートのクラスに3か月通うことで97点まで上げることができました。

海外留学経験の豊富な方でも、(英語を母国語とする大学に留学するためのアカデミックな英語能力を測定する試験と言われる)TOEFLで高得点を取るには、完璧な英語を身に付ける必要があるとのこと。そこでもLIBERTYでは、英語を体系的に、短期間で習得できる授業があり、短期間でスコアアップを実現できました

英語を使って海外に携わる仕事がしたい

LIBERTYには社会人でありながら、まだまだこれから英語を使って海外に携わる仕事がしたいと考える人も通います。大学時代にはTOEICスコア700点台で、語学留学も経験していた方。

社会人になり英語と疎遠になっていた際に、ふとTOEICを受けると散々な点数であったようです。そこでTOEICを挙げて、スキルアップをして転職の地盤固めをしようと考えました。

そこで仕事をしながら土曜の1クラスしか受講できなかったが、時間をかけてゆっくり進み、見事TOEIC800点台と外資系金融機関への転職が決まった方です。

軽い気持ちで英語を勉強したい方も

LIBERTYにはもっと軽い気持ちで、喋れない英語を何とかできないかとLIBERTYの門をたたく人もいます。会社を経営しながら、特に海外の方を相手にしているわけでもないが、年に数回行く海外旅行でもっと喋れたらいいなと感じ通う方もいます。

自分の英語力を知るために受けたTOEICでは410点、特にショックを受けるでもなく自分の点数を確認していました。LIBERTYには通いだす前から英語にたけていたエリートがたくさんいますが、日本人が漠然と思う「英語が喋れたらいいのにな」というレベルでも通うことができます。

この方は週に2回、3か月通ってTOEICで720点を取れるまでになりました。猛勉強をしたわけでもなく、LIBERTYのコーチングをしっかりと理解していけば英語力をアップすることができると言われます。英語を習得しだすと視野が広がり世界が変わると感じた様です。

LIBERTYに通ってみた教室の雰囲気

では次はLIBERTYに通っている方の教室の雰囲気を見てみましょう。グループレッスンとプライベートレッスンがあるLIBERTY。多くの方が受けられるグループレッスンや、学校自体の雰囲気も一緒にご紹介いたします。

LIBERTYのスクールは東京都港区に教室が1つあります。慶應義塾大学の東門近くに教室はあります。2021年現在ではここ1つの教室と、通いづらい方はオンラインで受講も可能となっています。

LIBERTYの教室はまるで高級ラウンジ

LIBERTYの教室があるフロアに一歩足を踏み入れると、そこには高級インテリアが並ぶラウンジのような雰囲気が広がります。社会人の方にはさほどびっくりしない調度品ですが、英語教室に勉強に来た学生には一瞬戸惑う空間が広がります。

LIBERTYの応接室かとも思われる長いテーブルが置かれている教室では、グループレッスンが行われます。海外の大学のキャンパスや語学学校をイメージしたという方もいます。

ここに11人前後の生徒が一堂に会して授業を行います。ホワイトボードが前にあるのでしっかりと見える席に着くために、早めに到着する人もいます。後ろの席ではホワイトボードが遠いので、メガネを持参するのもいいでしょう。1回のクラスでほぼ満席になるようです。

LIBERTYに通って受けた授業は?

LIBERTYで受けるグループレッスンは、初回は何を説明されているかわからないと感じる方が多いようです。いくら大学受験に向けて勉強してきた方も初めはわからないと戸惑われます。しかし出される課題を進め、復習をしていくうちにLIBERTYの英語の構造の基礎から教える理解が深まってくるようです。

TOEFL iBT/ITP対策コース

LIBERTYで多くの方はTOEFLのスコアを挙げて、海外の大学入学を目指そうと考えます。TOEFL対策コースを探してLIBERTYに入学されます。スコアアップを目指してしかも高得点を目指して入学される方の口コミが多くあります。

TOEFLは50点台から94点にあがり、University of California, San Diego (UCSD)に合格することができました。夏の間1か月集中的にLIBERTYで学習し、ライティングでは無駄の内、ネイティブ以上の文章を書けるようになりました。

留学先でもエッセイなどの文章力がさらに上がり充実した学校生活を送っています。(国際経済と経済心理学専攻大学1年生)

TOEFL50から90点へあげることができて、全米一のCancer Centerである MD Anderson Cancer Centerに留学が決まりました。一度渡米して留学担当者に「とにかく英語を勉強」と言われ、悔し涙を流しながら帰国。他の生徒が1度で理解することを、何度も藤川講師に質問に行き、エッセイの添削を何度も繰り返しました。

しかし2か月半後には英語がすっと体に入ってくる感覚になり、今までの3倍の速さで英語を読めるようになった。(MD Anderson Cancer Centerへ留学)

IELTS対策コース

このコースを受講して5か月で、IELTS 7.5達成。まだまだ改善点は多くある中、分詞構文や完了形、関係代名詞による修飾を自信をもって使うことができるようになった。毎回の授業で初めての気づきが多々あり、英語の本質を勉強することができました。(中央省庁勤務)

小学校からネイティブの先生の英語の授業を週2で受けていました。そんな中、帰国子女の友人が準1級に合格したと知り、中学の間に合格を目指して勉強を始めました。しかし準1級の壁は厚く、挫折しそうになった時にLIBERTYの藤川講師に出会います。

グループレッスンでの大人の方に混ざって勉強は、ついていくのに必死でしたが、復習や課題をこなすうちに英語の理解が深まりました。見事準1級に、中3の冬に合格できました。(中学3年生)

LIBERTYの講師の印象

では独自の勉強法で飛躍的に英語力を伸ばすというLIBERTYの講師、藤川講師にはどのような印象を受けるのでしょうか。まず公式HPなどにも登場している藤川講師は、スーツをビシっと着こなしたエリートのような見た目です。一見とっつきにくいとさえ感じるようです

しかし藤川講師の熱意ある授業は引き込まれるものがあるとさえ感じるようです。日本人にジャパニーズイングリッシュではなく、教養ある英語を母国語とする人と対等になれる英語を身に付けさせようという使命感が感じられます。

クラスの終わりに、わからない点は質問に行くことができます。海外の大学や大学院入試に必要なエッセイの添削もしてもらえます。しっかりと藤川講師が目を通し添削が返ってきます、何度でもできるまで見てもらえる心強いサポートも感じられます。

そして各目標に向かっていく生徒には、時には厳しくそして優しくメールでもアドバイスをいただけます。合格を知らせるメールを送ると、絵文字付きでお祝いの返信があります。

先生と生徒が一緒になって合格を喜びあう、そんなLIBERTYでは、生徒同士のつながりもできてきます。クラスの終わりに、分からない点はクラスメイトに教えてもらう方も沢山です。それぞれの勉強してきた知識量が違いますので、すっと理解できる方とそうでない方が助け合って進んでいきます

LIBERTYで得られた成果

そしてこれまでとは違う英語の根本からレクチャーでは、行き詰っていたスコアアップや夢のまた夢と言われた、難関大学合格が現実のものとなっています。内外の名門高校、大学や大学院合格の生徒や、アメリやイギリス、その他の大学や機関への合格通知を得ることができます。

短期間で高い目標を掲げて勉強する方が多く来るLIBERTY。どこの英語教室でも実現できなかった無謀ともいえる成果を実際に得られる授業がここにはあります。一見魔法がかった実態のつかめないLIBERTYの英語教授法は、体験してもすぐには分かりません。何度も何度もクラスに入って、課題をこなして自然と体に入っていくような印象です。

そして一度LIBERTYの英語の考え方が基礎として残れば、これを応用してすべての英語の勉強で結び付けて進めていくことができます。テキストにして数枚で、LIBERTYの英語の根本を体系的にまとめられた内容。その少ない凝縮された内容であるがゆえに、応用が利きどんな展開にでも再現性が高いと言われています。

LIBERTYの公式HPでは、過大広告ではないかと思われるような、「コロンビア大学大学院合格」「ニューヨーク大学大学院合格」「プリンストン大学、ジョージタウン大学、ヴァッサー大学合格」などがあります。

これはすべて本当で、藤川講師に送られてくる生徒からのメールがあります。他の学校では不可能と言われる期間で、飛躍的な成果を成し遂げる生徒がたくさんいるLIBERTYは、なかなか情報が少ない英語学校ですが、確実に目標に向かって進んでいる方がいるという事が分かります。

▼LIBERTY ENGLISHのおすすめポイント!

  • 最短1か月からスコアアップできる!
  • TOEFL、IELTS、TOEICのハイスコア取得を目指せる!
  • 4技能全てをレベルアップさせる独自のメソッド!

試験のスコアだけでなく、ネイティブに通用する英語力を習得できるLIBERTY ENGLISH!

【無料】LIBERTY ENGLISHの無料体験レッスンに申し込む

-LIBERTY ENGLISH, 英会話教室・英会話スクール

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.