オンライン英会話 ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプはTOEICの点数アップの効果は期待できる?

自宅で過ごす時間が増え、オンラインで英会話を学ぶ人が増えてきました。スクールに通う必要がないので忙しい人でも隙間時間に英語が学べると、社会人や主婦にも人気となっています。オンライン英会話を提供している会社は多くありますが、その中でも月額6,480円で1か月間無制限でレッスンを受けられる「ネイティブキャンプ」が注目されています。

英会話を学ぶ目的は人それぞれであり、海外旅行でコミュニケーションに困らないようにしたい人や留学前の準備として学ぶ人もいます。英語力を測るテストの種類は多いですが、その中でもビジネス英語を中心としてTOEICは就職や昇給で用いられることが多いです。中には「◯点以上取らないといけない」と会社から言われている人もいます。

オンライン英会話は外国人講師や日本人講師と画面を通して話すため、リーディングとリスニング問題で構成されているTOEICには効果がないのではないかと思っている人もいるでしょう。そこで今回は、ネイティブキャンプでTOEIC点数アップの効果が期待できるのかについて紹介します。

ネイティブキャンプでTOEIC対策は可能?

日本では英語力を示す指標としてTOEICが用いられることが多いです。これまで英検が主流でしたが、TOEICは点数で英語力を表示されるので英語レベルを把握しやすく、ビジネス英語に特化しているため就職や転職の際に重視しているところもあります。

数あるオンライン英会話の中でも低価格でクオリティの高いレッスンを受けられると人気のネイティブキャンプですが、TOEIC対策はできるのか疑問に思う人も多いことでしょう。

結論から言うとネイティブキャンプでもTOEIC対策を行うことはできますが、全てを網羅できるわけではありません。ネイティブキャンプだけでTOEIC対策は完璧とは言えませんが、ポイントを押さえることで大幅な点数アップを目指すことは可能です。

今回は、ネイティブキャンプでTOEICの点数アップが目指せる理由と点数アップさせるおすすめの活用方法について紹介します。

ネイティブキャンプの特徴

そもそも、ネイティブキャンプがどのようなオンライン英会話なのか知らないという人もいるでしょう。様々なオンライン英会話が存在しているこのご時世で、どうして多くの人にネイティブキャンプは選ばれているのでしょうか。

まずはこの記事で扱っている「ネイティブキャンプ」がどのようなオンライン英会話なのか、その特徴を3つまとめてみました。

月額6,480円でレッスン受け放題

ネイティブキャンプの料金システムはとてもシンプルで、料金体系には「プレミアムプラン」「ファミリープラン」があります。プレミアムプランは月額6,480円で利用することができ、1か月間受講できるレッスン数に上限はありません。

家族の誰かがプレミアムプランに加入している場合、2親等までは月額1,980円のファミリープランを利用できます。ファミリープランは家族割引で料金がお得になっているだけであり、受けられるサービスはプレミアムプランと変わりありません。基本的には月額6,480円以外に料金がかかることはありませんが、レッスンを予約するためにはコインが必要となります。コインの購入は別途料金が発生しますが、1レッスン予約するために必要な費用はおよそ200円と良心的な価格設定です。

24時間レッスンを開講しているため朝型の人も夜型の人もいつでもレッスンを受講でき、生活リズムを変えることなくオンライン英会話を始めることができます。1ヶ月のレッスン数が無制限なだけでなく、1日に受講可能なレッスン数も上限はありません。

低価格でレッスンを提供する代わりに1日に利用できるのは1〜2レッスンだけ、0時を過ぎるとレッスン数はリセットされて振替することはできないシステムのオンライン英会話は多いです。ネイティブキャンプは多くのレッスンを受講したい人にぴったりのオンライン英会話です。

世界100ヵ国以上から講師が集まっている

ネイティブキャンプは講師と受講者が画面越しに英会話を行うため、講師が日本国内に住んでいる必要がありません。2017年頃はフィリピン人講師が大半を占めていましたが、現在は世界100カ国以上の講師が在籍しています。中にはバイリンガルの日本人講師や英語を第一言語とするネイティブ講師もいます。

英語を学ぶ人の中には、「普段英語を話さない非ネイティブに英会話を習って大丈夫?」と不安に思う人もいるでしょう。しかし英語は世界の共通言語となっており、ネイティブスピーカーよりも非ネイティブの人口の方が多いです。住んでいる国や地域によって用いる表現は異なり、母語の影響を受けてアクセントも違います。

ネイティブ講師から英語を学ぶことも重要ですが、誰にでも通じる英語を学ぶ・アクセントの違う英語を聞き取るために様々な国の講師のレッスンを受けられるというのは魅力のひとつでもあります。ネイティブキャンプでは教材に沿った会話だけでなく、たまには社会問題についてディスカッションしたりお互いの国の文化を紹介しあったりします。

様々な国の人が集まっていることで、今まで知らなかった文化や価値観に出会うことができるでしょう。英語を話せるようになるだけでなく、様々な価値観に触れることでインターナショナルな考え方を持つことにも繋がります。

予約なしでもレッスン受講OK

どうしてもレッスンを受けたい講師がいる場合にはコインを使ってレッスンを予約することができますが、もちろん予約なしでレッスンを受講することもできます。事前にレッスンを予約しておくシステムのオンライン英会話もありますが、これでは急に時間ができたり英会話のやる気が出たりした時に自由にレッスンを受けることができません。

ネイティブキャンプには「今すぐレッスン」があり、すぐにレッスンを提供できるオンラインの講師が表示されています。事前に講師のプロフィールや対応している教材をチェックでき、受講者からの評価を読むこともできるので安心して講師を選ぶことができます。

意外とたまたまレッスンを担当してくれた講師が良くてリピートするようになった、普段は話す機会のない国出身の人と話せて楽しめたという受講者も多いです。

英語を話すことに自信が持てない人や初対面の人に人見知りして英語で会話を続けることができないという人もいますが、ネイティブキャンプはそれを練習する環境が整っています。ビジネスでは初対面の人と英語でやりとりしなければならない場面も多くあるため、事前にネイティブキャンプで経験を積んでおけばスモールトークもうまくできるようになるでしょう。

ネイティブキャンプがTOEICの点数アップに効果的な理由

ネイティブキャンプではスピーキング力はもちろんのこと、英語に必要とされるさまざまな技能を伸ばすことができます。英語初心者でも英語を話すことに抵抗がなくなる、英語が楽しく学べると定評があります。

更に、TOEIC対策のためにネイティブキャンプを利用しているという受講者も少なくありません。英語のスピーキングはできてもTOEICの点数は低いことに悩む人もおり、中にはTOEIC対策をする専用ツールとしてネイティブキャンプを受講している人もいます

では、なぜネイティブキャンプでTOEICの点数をアップさせることができると言われているのでしょうか。

TOEIC対策専用のコースがあるから

TOEICの点数アップを目指す人にネイティブキャンプが人気なのは、TOEIC対策専用のコースがあるためです。600点を目指すコースと800点を目指すコースがあり、目標点数によってレッスンの進み方や教材が異なります。600点には遥かに届かないという人も、TOEIC対策を1からしてくれるので気にする必要はありません。

日常英会話を学んでいるうちに文法知識や語彙力、定型表現などは身についていくものです。しかしTOEICと日常英会話は大きく異なるため、TOEICで点数アップを目指す人は、対策コースを受講することをおすすめします。

TOEIC対策コースには追加料金はかからず、月額料金内で受講できることも人気の理由となっています。費用を気にせず日常英会話もTOEIC対策もできるので、ネイティブキャンプはとてもお得なオンライン英会話となっています。

レッスン受け放題で英語の音に慣れるから

ネイティブキャンプの特徴で紹介したように、レッスンを無制限で受けることができます。予約レッスンはコインが必要となるので別料金が発生しますが、今すぐレッスンは1日に受けられるレッスン数の上限はありません

ネイティブキャンプでは十分な講師数を確保しているため、時間帯によっては100名や200名を超える講師がすぐにレッスンを提供できる状況となっています、時間のある休日は1日英語漬けにすることも可能で、海外に滞在している時と同じくらい英語を話す機会を作ることができます。

TOEICでは問題のおよそ半分がリスニング問題となっているため、ネイティブキャンプで毎日英語に触れておくことで英語の音に耳を慣らすことができるでしょう。TOEICのリスニングはナチュラルスピードなので、速すぎて聞き取れないという日本人も多くいます。英語のナチュラルスピードに慣れるためには、日頃から英語耳を作っておく必要があります。

1回のレッスンは25分となっていますが、時間がない時は5分だけ受講することもできます。25分の授業を5分だけで退室するのはお金がもったいないと感じてしまいますが、ネイティブキャンプは何レッスン受けても同じ価格なので損になることはありません。ちょっとした隙間時間で気軽に英会話の練習ができるのです。

英語の音に慣れてくると、TOEICのリスニングのスピードも速すぎると感じることは無くなるでしょう。むしろゆっくり聴こえるようになり、自信を持って回答することができます。

ネイティブキャンプ以外の教材の質問にも答えてくれる

ネイティブキャンプには受講するコースやレベルに合わせて教材が用意されており、自身の希望で教材を選ぶことができます。気分に合わせて使用する教材を変えられるので、毎日続けても飽きることなく英語学習を続けられると好評です。

基本的にレッスンはそれらの教材に沿って進められますが、ネイティブキャンプで使われている教材以外は使えないわけではありません。市販教材であっても、質問があればレッスンの途中で聞くことができます。

質問がわかりやすいものであれば口頭で伝えてもいいですし、文章が長い場合や問題が複雑な場合はテキストの写真を撮って講師に送ることもできます。細かいカリキュラムがないからこそ、柔軟に対応してくれるのがネイティブキャンプの強みとなっています。どうしても分からない文法事項があれば、それだけで1レッスン丸ごと使うことも自由です。

オンライン英会話は話す・聞くことが主となるため、教科書や参考書で自習をしたいという人もいるでしょう。特にTOEICは模擬試験などの場合、本番と同じようにマークシートに鉛筆で記入しながら問題を解いていくことになります。オンラインでできない部分は自習で行い、質問はネイティブキャンプの講師にすることで勉強の効率も上がります。

TOEIC対策コースのある英語塾に通ったり英会話スクールに通ったりするよりも遥かに安く、オンライン家庭教師のように教えてもらうことができるのでTOEICの点数アップを狙えるのです。

TOEIC対策コースのレッスンとは?

先ほど、ネイティブキャンプにはTOEIC対策専用のコースがあることを紹介しました。通常の日常英会話レッスンでは、教材に従って講師に教えてもらったりフリートークを楽しんだりします。

では、TOEIC対策コースではどのようなレッスンが受けられるのでしょうか。ここでは、TOEIC対策コースで用いる教材とレッスンの流れについて紹介します。

TOEIC対策コースで用いる教材

TOEIC対策コースで用いる教材は、ネイティブキャンプオリジナルのものとなっています。本番に近い問題形式となっているため、初めてTOEIC受験する人でも出題形式になれることができます。

オンライン英会話の中にはTOEIC対策を希望する際に教材の購入が別途必要となるところが多くありますが、ネイティブキャンプでは教材の購入は必要ありません。ただしレッスン中のみ見られるシステムとなっているため、普段の自習でもTOEIC対策したい場合は、別で市販教材を購入しておくことをおすすめします。

わざわざ教材を購入する必要がないため、TOEICの点数アップを望む人以外にもビジネスで通用する英語力を身につけたい人にも人気のコースとなっています。

TOEIC対策コースのレッスンの流れ

TOEICはリスニングパートとリーディングパートに分かれており、マークシートなのでスピーキング・ライティング問題は出題されません。しかしTOEICで高い点数を取ることが英語学習のゴールではありません。

日常や仕事で英語を使う際、スピーキング力やライティング力を問われることも多いため、ネイティブキャンプではTOEIC対策を進めながら全ての技能を向上できるようにレッスンが組まれています。ここでは、TOEIC対策コースのレッスンがどのような流れで進められるかについて紹介します。

リスニングパート

TOEICではパート1から4までリスニング問題となっていますが、ネイティブキャンプでは全てのパートの対策をすることができます。普段の会話では英語が聞き取れていると思っていても、TOEICの出題形式に慣れていなければ難しく感じてしまう人も多いです。以下に簡単にパート別の問題形式をまとめました。

問題形式 内容
パート1 写真描写問題 4つのうち写真を正しく描写しているものを選ぶ
パート2 応答問題 3つのうち、最も質問文に適している回答を選ぶ
パート3 会話問題 2人またはそれ以上の会話を聞き、設問に答える
パート4 説明文問題 1人が話し、設問の答えに正しいものを選ぶてしまう人も多いです。

ネイティブキャンプでは、まず講師の力を借りずに自力で問題を解いてみます。いきなり講師が教えるよりも、最初にどの部分ができないのかを自身で確認することで効率よく対策を進められます。

次にどれくらい問題文が聞こえていたかを確認します。600点対策コースでは穴埋め問題、800点対策コースではヒントなしで聞こえてきた問題文をリピートします。消去法や勘で正解することも多いでしょうが、確実に点数アップするためには一言一句逃さずに聞けるリスニング力が必要とされるためです。

きちんと聞き取れていない単語は発音できていない単語や理解できていない表現なので、その箇所を重点的に講師と一緒に学習していきます。この練習方法は普段の日常会話では行わない訓練であるため、TOEICのリスニング対策をすることで普段の英語も聞き取りやすくなったと感じる受講者が多いです。

パート2の応答問題についてはその後に短いロールプレイを行い、その他のパートはもう1度高速で音声を聞いてスピード感に慣れる練習を重ねます。

リーディングパート

リーディングパートはパート5から7までありますが、ネイティブキャンプではパート5とパート6の対策には対応していません。これは文法問題や英語の知識を問うパートなので、講師と一緒に行うには向いていないパートだからでしょう。TOEIC対策コースでは読解問題であるパート7の対策をすることができます。

分からない単語が多いと1回のレッスンで理解しきれない可能性が高いので、リーディングパートは2回のレッスンに分けられています。1回目で全ての文章をリスニングし、音読をしながら足りない語彙や表現を学びます。そして穴埋め問題に挑戦し、分からない語彙や表現がない状態にします。

2回目のレッスンではパート7を本番と同様に1人で解きます。答え合わせをしながら、1問ずつどの文章に着目して解いたら答えが導き出されるのかを講師と確認します。そして文章や出てきた表現への理解を深めるため、練習問題を解くという流れです。

2回のレッスンに分けることで細部まで理解でき、時間をかけて問題に取り組めるので焦る必要もありません。読解文に出てくる文章には重要な表現やTOEICでよく出題される文法も出てくるので、リーディングパート全体の対策にも繋がります。

ネイティブキャンプでTOEICの点数をアップさせるコツ

ネイティブキャンプにはTOEICで600点・800点を目指せる専用のコースがあり、TOEIC初心者でも目標点数に届くよう学習することができます。しかしTOEIC対策は闇雲にして高得点が取れるわけではありません。

TOEIC対策コースを受講するだけでも点数アップは期待できますが、ポイントを押さえることで更に高得点を目指すことができます。ここでは、ネイティブキャンプでTOEIC対策をする場合に点数アップさせるコツを紹介します。

TOEIC対策を教えるのが上手な講師を見つける

普段、ネイティブキャンプを利用する際にお気に入りの講師がいる人も多いでしょう。会話のキャッチボールがスムーズ・知らない表現を教えてくれる・こちらのニュアンスを汲み取るのが上手いなど判断基準は人それぞれで、講師との相性もあります。

しかし人気講師やお気に入りの講師がTOEIC対策も上手とは限りません。日常英会話を教えるのはうまくても、TOEICをはじめとする試験対策は苦手、そもそも教え方が分からないという人も中にはいます。

ネイティブキャンプでは講師検索で対応しているコースや教材を絞り込むことができ、TOEIC対策できる講師を見つけやすいです。もしお気に入りの講師がTOEIC対策にも対応している場合はレッスンを受けてみて、あまり良くないと思えば講師を変えてみるのもいいでしょう。

日常英会話はこの講師、TOEIC対策はあの講師と受けたいレッスンによって固定の講師を変えているという人もいます。TOEIC対策コースを受講する場合は、同じ講師に習った方が進捗状況や得意・不得意を把握してもらいやすいです。

市販の教材と併用する

ネイティブキャンプでは、パート5・6の対策は行っていません。そのため、ネイティブキャンプでTOEIC対策を網羅できるとは言えません。そこでぜひ活用をおすすめするのが、市販の教材も取り入れることです。

本屋に行けばTOEIC対策専用のコーナーを作っているところも多く、パート5・6を集中的に学べる参考書も多く出版されています。市販の教材で分からないところがある場合は、ネイティブキャンプの講師に聞くことも可能です。こうすることで自習でも十分リーディングパートの対策を行うことが可能となります。

TOEICで高得点を取得している日本人講師やカウンセラーに、おすすめの市販教材を聞いてみるのもいいでしょう。日本人カウンセラーは毎月1回まで無料で予約することができるので、学習相談やおすすめ講師を紹介してもらうついでにTOEIC対策の参考書についても聞いてみましょう。

文法問題は日本人講師に頼る

ネイティブキャンプは当初、フィリピン人講師がほとんどを占めていました。しかし最近では日本人講師の数も増えています。「英語を学ぶのに日本人に教えてもらって大丈夫?」と思うかもしれませんが、文法問題は日本人講師に頼ったほうがスムーズに理解できる可能性も高いです。

ネイティブ講師の場合、TOEICの問題を解くこと自体は簡単に感じるでしょうが、なぜその回答を選んだのか・なぜ他の選択肢が間違いなのかを明確に説明できる人は多くありません。母語であるため感覚で解けることが多く、日本人が日本語の文法を説明するときに難しいと感じることと同様です。また、英語で説明してもらっても、受講者がそれを理解できるだけのリスニング力がないこともあるでしょう。

日本人講師の中にもTOEIC高得点者は多くいます。日本語で説明してもらうことでコミュニケーションの齟齬が生じにくいことに加え、どのように考えれば日本人にとって英語の文法が理解しやすいかが分かります。

普段の日常英会話は外国人講師とレッスンを行うことをおすすめしますが、文法問題など説明を要するものに関しては日本人講師がおすすめです。TOEICなどの試験対策を得意としている日本人講師もいるので、ぜひ講師検索から探してみてください。

TOEICの学習方法を聞いてみる

初めてのTOEICを受験する人やなかなかTOEICの点数が伸びない人の中には、「TOEICをどのように勉強したらいいのか分からない」という人も多くいます。TOEICは問題形式に特徴があり出題傾向も読めるため、効率の良い学習をするためには正しい学習方法を選択しなければなりません

分厚い文法書を1から勉強したのではTOEIC本番までに全ての問題を網羅することはできず、時間をかけて勉強したのに点数は低かったと感じてしまうでしょう。そのような人には、講師にTOEICの学習方法を聞いてみることをおすすめします。

日本人講師であれば、同じように英語を母語としない状況でどのようにTOEIC対策を進めたのかを知ることができます。外国人講師の中にもTOEICを受験している人はいるので、高得点を取るコツを聞いてみるのもいいでしょう。TOEICの対策方法は人それぞれなので、自分に合う学習方法を見つけるまで様々な方法を知ることが重要です。

カランメソッドで効率よく学ぶ

TOEICまで時間がなく急いで英語力を上げたいという人には、ネイティブキャンプが提供している「カランメソッド」を活用することをおすすめします。多くの人が英語の問題を解く際、一度日本語に直して考え、またそれを英語に直して回答するという方法を無意識のうちにとっています。

日本語で考えるほうが頭の回転が速く、文章の意味を捉えやすくなるためです。その一方で翻訳するというプロセスを踏んでいるので、解答を得られるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。TOEICでスピードが求められることは有名であり、TOEICを初めて受験する人は時間がなくて最後の問題まで辿り着かない人も多くいます。

カランメソッドは母語を介さず、英語を英語で理解するという方法です。通常の4倍のスピードで英語を学べると言われており、短期間で英語力を上げたい人にぴったりでしょう。

ネイティブキャンプはカランメソッド正式提携校であり、カランメソッドに対応している講師も多くいます。カウンセリングとレベルチェックを受け、教材を購入してはじめてレッスンが受けられますが、英語初心者でも英語を早く学べるのでおすすめです。

英語を聞き、英語で考えることで解答のスピードはかなり速くなるでしょう。日本語で考える癖をなくすことができるので、TOEIC以外にも役立つ英語学習法と言えます。

TOEIC対策は早くから始めたほうが有利!

短期間でTOEIC対策ができると謳うオンライン英会話は多くありますが、基本的にTOEICで点数アップを狙っている人は対策には時間がかかることを心得ておきましょう。1日で覚えられる英語の量には限りがあり、忙しいスケジュールの中で英語学習に充てられる時間もそう多くはありません。

TOEICの申し込みをして本番2週間前に急いで対策し始めても、大幅な点数アップは期待できません。数ヶ月前からTOEIC対策をしておき、本番前はひたすら模擬試験問題など本番と同じように時間を意識して解くことが重要です。

直近のTOEICを目標とするのではなく、あえてもう1つ先のTOEICを目標に勉強しているという人も多くいます。英語の知識が抜けていればいるほど、対策には時間がかかり、勉強する量も膨大となります。毎日少しずつでも英語に触れておくことでリスニング力は鍛えられ、語彙力もつけることができます。

ネイティブキャンプではTOEICの点数アップを期待できる

今回は、ネイティブキャンプがTOEIC点数アップの効果にも期待できることについて紹介しました。TOEIC対策コースが設けられており、教材の購入なしでほとんどのパートを網羅することができます。リーディングの文法や知識を問われるところは自習する必要がありますが、市販の教材で分からないところは講師に質問することもできます。

対策コースは600点と800点を目指すコースに分かれているため、英語初心者やTOEICを初めて受験するという人でも1から対策することができます。また、日本人講師に日本語で教えてもらうことも可能なので、外国人講師とのコミュニケーションに自信が持てない人でも問題ありません。

しかしネイティブキャンプだけでTOEIC対策をするだけでは不十分であり、市販教材での自習と組み合わせることで大幅な点数アップが期待できます。数週間で一気に効果が出るわけではないため、TOEICの対策には十分な期間を取るように心がけましょう。

TOEICで高得点を取ることだけが英語学習のゴールではありませんが、高得点を取得しておいて損をすることはありません。ネイティブキャンプでTOEIC対策をしながら、スピーキング力やライティング力も伸ばしていきましょう!

ネイティブキャンプの無料体験レッスンを受けてみよう!

▼ネイティブキャンプのおすすめポイント!
・世界累計利用者50万人突破!多くの人に使われている安心感。
・24時間365日思い立った瞬間に英会話レッスンを受けることが可能なので、気軽に学習可能。
・レッスン時間も5分~OK!仕事や学校、育児のスキマ時間にレッスンが受けられる。
・月額7,128円(税込)でレッスン回数上限ないので、金額も手軽。
・カラン・オンライン・パートナーシップ・プログラムの初の正式認定校。
▼ネイティブキャンプに適している人
・スキマ時間を利用して英語の勉強をしたい人
・レッスン回数の上限を気にすることなくとことんレッスンを受けたい人
・予約でのレッスンより、思い立った時にレッスンを受ける方が向いていると感じる人
思い立った時に短時間でもレッスンが受けられて回数制限がないのがうれしいネイティブキャンプ。ただでさえ、気軽で料金の安いネイティブキャンプですが、今なら7日間無料体験を実施しています。

-オンライン英会話, ネイティブキャンプ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.