オンライン英会話 レアジョブ

レアジョブ英会話で英検対策はできる?英検1級や英検準1級も?

英検を勉強されているそこの方!あなたはどのような学習法で英検対策をされていらっしゃいますか?

参考書や単語帳?それとも英検専門テキスト?実はその学習法だけだと不十分かもしれません。

英検はご存じの通り英会話面接があり、実際に面接官と対面で英会話をしなければなりませんよね。TOEICと違って、「読む」「書く」「聞く」「話す」の全ての力が試されるため、英会話も含めてバランスよく力を付けないと、なかなか級が上がりません。

そこでみなさんは、オンライン英会話最大手のレアジョブ英会話には、この英検の「読む」「書く」「聞く」「話す」の全ての力をバランスよく伸ばしてくれるコースがあるということをご存じでしたか?

オンライン英会話と聞くと、日常英会話だけというイメージですが、レアジョブ英会話は英検の資格取得にも力を入れており、テキスト・講師・サポートがとても充実しているんです。

今回この記事では、レアジョブ英会話にはどのような英検対策のコースがあるのかや、英検対策の講師の質などを徹底分析していきたいと思います。

うまくレアジョブ英会話を活用すれば英検1級も夢ではないですよ!

【キャンペーン情報!】
  • オンライン英会話業界で唯一の上場企業!法人導入実績も2,300社
  • 月額4,620円(税込)~と低価格で高品質なレッスンを受講可能
  • 第二言語として英語を習得したフィリピン人講師が、学習を徹底サポート
レアジョブ英会話は格安料金だから長く続く!たくさん話せる!初回限定で無料体験レッスンを実施中のため、悩むくらいなら1度体験してみましょう。今なら無料登録から7日以内の入会で初月半額です!

レアジョブ英会話では英検対策コースがある!

中学生・高校生コースは大人でも受けられる!

レアジョブ英会話には、

  • 日常英会話コース
  • ビジネス英会話コース
  • 中学生・高校生コース

の3つのコースがありますが、ガッツリ英検の対策ができるコースは「中学生・高校生コース」になります。

名前こそ中学・高校生コースとなっておりますが、実は年齢制限がありませんので、大学生や大人の方でも受講が可能。

会社でTOEICではなく英検の資格を求められるという場合でも「中学生・高校生コース」で対策をすることができます。

講師が非常に優秀

レアジョブ英会話の「中学生・高校生コース」の講師は、非常に優秀な方だけがレッスンを担当しているってご存じでしたか?

そもそもレアジョブ英会話の講師になるだけでも、100人受けて1人しかなれないというほどの難易度なのですが、「中学生・高校生コース」の講師は、さらにその100人中1人の中から厳選され、特別なトレーニングを受けた人しかレッスンを持つことができないのです。

そのトレーニングの内容とは、※TESOLという特別な資格を取得したトレーナーによる、中高生専用のトレーニング。しかも一時的なものではなく、継続的なトレーニングプログラムを常に受講し、高いクオリティのレッスンを保っています。

ですので、英検勉強中のお子さんも安心してオンライン英会話で学習させてあげられますし、英検初心者の方も1から講師が丁寧に向き合ってくれるので、しっかりと力をつけることができますよ。

※TESOL・・・英語を母国語としない人に向けて英語を教える方法を学ぶ専門コース。世界で広く認知されている英語教授法です。

スピ―キング重視なら「日常英会話コース」でも◎

中学生・高校生コースでは英検対策をシッカリできますが、もしあなたが「読み書きは自分一人でもできる!」「リスニングとスピーキングの点数を上げたい!」と思っている方でしたら、日常英会話コースでも十分対策をすることが可能です。

日常英会話コースは、講師と会話中心にレッスンを進めていき「話す力」を鍛えることのできるコース。日本人が一番苦手とする「会話力」を徹底的に磨くことができるので、読み書きが得意な日本人のみなさんは、筆記の勉強は自分で行い、リスニングとスピーキングだけを講師と共に鍛えるというのも良い作戦です。

とくに英検準1級や、1級になってくると、資格対策だけではまかないきれない「根本的な英会話力」をテストされることになります。

そのため上位資格を取ろうと狙っている方こそ、日常英会話で「会話力」に焦点を当ててトレーニングをする必要が出てきます。

またお値段も日常英会話コースの方がお手頃なのもうれしいポイント!

「中学生・高校生コース」・・・月額9,800円(税抜)
・「日常英会話コース」・・・月額5,800円(税抜)

と、半額ほどの値段で毎日レッスンを受けることができるのです。英会話から点数アップを計りたいという方や、強化したいという方は、あえて「日常英会話コース」を選んだ方が良さそうですね!

コースごとの違いについて

ここでは具体的に「中学生・高校生コース」と「日常英会話コース」にどのような特徴や英検向きのテキスト、学習法があるのかを解説していきたいと思います。

中学生・高校生コース

レアジョブ英会話の中学生・高校生コースには、次のような3つの特徴があります。

  • 毎日25分間、認定講師とのマンツーマンレッスンを継続して受けられる
  • 「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を強化する教材【Go for it !】を活用
  • 効果的な英検2次対策

このコースの魅力は、やはり毎日25分間継続して認定講師からマンツーマンレッスンが受けられるところ。

英語の力を伸ばすには「継続すること」がとっても大事。短い時間でも毎日コツコツと積み上げができるレアジョブ英会話の25分という時間設定は、集中力が切れずに効率よく続けやすい、ちょうどいい長さなのです。

4技能をまんべんなく学べる

また中学生・高校生コースでは英語の4つの技能「読む」「書く」「聞く」「話す」を偏りなくバランスよく学ぶことが可能。この4つの技能は、どれかが欠けているだけで英語力は向上しないと言われており、「まんべんなく学ぶ」ことがとても大切。

先ほども述べましたが、日本人は「話す」学習を無意識のうちに避けがちになっているので、それをしっかりと人から教わり、向上できるというのはこのコースの最大のメリットです。

テキストにもこだわりが

中学生・高校生コースはテキストにもこだわりが!

なんと世界35か国を超える学校や教育機関などで導入実績のあるグローバル教材「Go for it !」を使用。

さらにその「Go for it !」に準拠した、レアジョブ英会話オリジナル教材の「レッスンノート」があり、2つの教材を組み合わせたレッスンで、「読む」「書く」「聞く」「話す」の技能を効率的に強化します!

日常英会話コース

日常英会話コースには、中学生・高校生コースのような英検対策専用のテキストはありませんが、「聞く」「話す」を強化できるポイントはたくさんあります!

上手く活用すれば、「聞く」「話す」の技能については中学生・高校生コースよりも強化可能です。

さまざまなトピックのテキストがある

レアジョブ英会話のテキストの最大の特徴はその種類の豊富さ!

日常英会話コースだけでも380種類のテキストがあり、その中から英検に必要なものをピックアップして効率的に学ぶことができるのです。

英検の二次試験では、「自分のこと」や「自分の考え」を表現することが求められます。普段の日常のことや話題になっていることについて関心を持ち、それらについて自分の意見や考えを英語で説明しなければなりません。

レアジョブ英会話の公式サイトのレッスン内容を見てみると、

実用英会話レベル3・・・趣味や習慣などについて「話す」・「聞く」・「読む」を通して、最も基本的な文法や語彙を学ぶ。

実用英会話レベル4・・・エンターテイメントや季節の行事などについて「話す」・「聞く」・「読む」を通して、基本的な文法や語彙を学ぶ。

・・・・

実用英会話レベル8・・・エチケットやテクノロジーなど幅広い話題について「話す」・「聞く」・「読む」を通して、自分自身の考えを伝えるための、事前な表現を学ぶ。

といったレッスンの内容が記載されており、英検の英会話面接で求められることすべてが、「日常英会話コース」で習得できると言っても過言ではありません。

「英検=学生向き」は実は間違い

みなさんは「英検」と聞くと、学生が受験するものというイメージをお持ちではないでしょうか?社会人になると、英検を受験する機会も減りますし、現代社会ではTOEICが重視される傾向にありますよね。

でも実は、「本当に使える英語」を体得するには、TOEICを勉強するよりも英検を勉強した方が効果があるのです!

ここではその理由や、なぜTOEICが現代は主流になっているのかについて解説をしていきたいと思います。

「本当に使える英語」を鍛えるなら英検がいい理由

それは、今1番日本の英語教育で重視されている「コミュニケーション能力」を身につけられるから!

冒頭でも言いましたが、英検は「読む」「書く」「聞く」「話す」の全ての力が試されます。ですが、今までの日本の英語教育は「話す」という部分に焦点が当てられず、今大人のみなさんは「英会話の授業なんて学校ではなかった!」という方がほとんどかと思います。

私たち大人は英語を「話す」という能力を鍛えられずに学校を卒業し社会に出ました。

ですが現代の日本や世界の傾向を見るとどうでしょう。よりコミュニケーション力を重視した社会になってきていると思いませんか?今の日本はあわてて、学校でも英語を「話す」教育を取り入れているのです。

このように時代が変わった今、一番求められる「英語を話す」という能力を、英検はとても大切にしています。

英検の英会話面接も、部屋に入って挨拶をするところから試験が始まって、教室から出るまでをしっかりと審査されています。

もしあなたが英語を「話せるようになりたい」「使えるようになって旅行・留学をしたい」と思っている方であればあるほど、英検の学習で「話す力」を付けた方がより実践的で効果的なのです。

なぜ「TOEIC」が主流になってるの?

就職活動でも企業の昇進でもよくTOEICが基準とされますよね。なぜこんなにも英検ではなくTOEICの方が重視される傾向にあるのか。

それは、「みんなが導入しているから」「点数が分かりやすいから」この2つにあります。

多くの企業がTOEICを取り入れれば取り入れるほど、他の企業も「じゃあうちも」という風に模倣をするのです。就職活動でTOEICの点数が求められるのも、「多くの学生がTOEICだったら受けているだろう」→「じゃあ基準をTOEICにすれば多くの就活生がうちの企業を受けてくれるだろう」と思うのです。

また点数として「1点単位で判断しやすい」というのも上げられます。英検だと1級・準1級・2級というように、点数でなく枠組みでレベルが分かれるので、判断する側からするとどうしても「分かりにくさ」があるのです。

このようにTOEICは、点数を「判断する側」にとって都合が良いため主流になっています。

でもTOEICの問題を見てみると、あまり使わないような文法や難しい英単語が乱立しており、「これ本当に日常で使う?」と疑問に思うような場面も良くありますよね。英会話面接はありませんし、実践的かと言われたら、そうではありません。

もしあなたが「就活や会社の昇進でTOEICの点数が絶対に必要」という方でしたらTOEICの点数を上げることに越したことはありませんが、「使える英語を学びたい」と思っている方でしたら、TOEICよりも英検を勉強するほうが絶対にオススメです!

まとめ

今回はレアジョブ英会話で英検対策をする方法や、英検を学習することのメリットについてご紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか?

いかに「話す」ことに焦点を当てることが大切かをお分かりいただけたかと思います。

どんなに英語を卓上で勉強しても本当に使える英語は身に付きません。ぜひ一度ペンを置いて、レアジョブ英会話で実践的な英語の勉強や英検対策を始めてみませんか?

驚くほど点数も伸び、英語を話せる力も付くこと間違いなしですよ!

レアジョブ英会話の無料体験を受けてみよう!

▼レアジョブ英会話のおすすめポイント!
・オンライン英会話業界で唯一の上場企業!法人導入実績も2,300社。
・毎日朝6時~深夜1時まで、レッスン開始5分前までに予約すれば受講可能なため、思い立った時に柔軟に学べる。
・月額4,620円(税込)~と低価格で高品質なレッスンを受講可能。
・第二言語として英語を習得したフィリピン人講師が、学習を徹底サポート。
・受講者に寄り添い目標達成を日本人カウンセラーが徹底サポート。
▼レアジョブ英会話に適している人
・低価格でとにかくたくさん英語を話したい人
・スピーキングテストでレベル確認がしたい人
・認定講師のビジネス英会話レッスンを受けたい人
オンライン英会話業界で唯一の上場企業のレアジョブ英会話。レアジョブ英会話は格安料金だから長く続く!たくさん話せる!初回限定で無料体験レッスンを実施中のため、悩むくらいなら一度体験してみましょう。今なら無料登録から7日以内の入会で対象コースが初月半額です!

-オンライン英会話, レアジョブ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.