オンライン英会話 スパルタバディ

スパルタバディの英語初心者の効果的な使い方とは?

オンラインの英語コーチングスクールとして人気急上昇中なのが、「スパルタバディ」です。スパルタバディはレベルや目標に合わせたカリキュラムに沿って1日1時間の英語学習を行うことで、12週間で英語力が上がるというものです。

これまで高額でコーチングスクールに通うことができなかった人でも、スパルタバディは教室を持たずオンラインのみで受講できるサービスなので、1ヶ月5万円以下と経済的負担も軽くなっています。

また、コーチングスクールを利用する人も増えてきましたが、まだまだコーチングスクールは英語中級者以上が利用するものであるというイメージが強いようです。そこで今回は、スパルタバディが英語初心者にも効果的な理由とおすすめの使い方について紹介します。

スパルタバディが英語初心者にも効果的な理由

英語を勉強する方法は様々であり、英会話スクールに通って会話を重視する人もいれば、独学で文法や語彙力を集中的に勉強する人もいます。

しかし英語初心者の多くが「どのように英語を勉強したらいいのか分からない」「そもそも何が分かっていないのかを把握していない」という状態でしょう。この状態で学習を続けても、効率よく学習することはできません。

そこでおすすめなのがコーチングスクールであるスパルタバディで学習習慣を身につけることです。まずは、なぜスパルタバディが英語初心者にも効果的であるのか理由を紹介します。

決まったカリキュラムがないから

スパルタバディには決まったカリキュラムはなく、現在のレベルや12週間後の目標にそってプロコーチが生徒に合わせたカリキュラムを作成します。

特性に合わせたカリキュラムを作ってもらえるため、いつ何を勉強すればいいのか悩む必要はありません。ゴールまでの最短距離を示してくれるので、それに沿って英語学習を進めていきます。

大手の英会話スクールではカリキュラムが固定化されており、進捗状況や細かいレベルは無視して皆一緒に進めていく方式を採用していることも多くあります。カリキュラムを生徒に合わせて変える必要がないので楽ですが、途中でついていけなくなる人や簡単すぎて退屈だと感じてしまう人も出てきてしまいます。

スパルタバディでは最初にカリキュラムを作成し、進捗状況に合わせて学習内容やレベルを柔軟に変えてくれるので最後までレベルに合った学習を続けることができます。

正しい学習方法を身につけられるから

英会話スクールやコーチングスクールはお金がかかるからと独学で英語学習に取り組もうとしても、「これまで真剣に勉強したことがなく、正しい学習方法が分からない」と悩む人は少なくありません。

闇雲に勉強を始めてみても、英語力が上がったかどうかを客観的に判断するものがないので手応えがありません。するとモチベーションが下がってしまい、次第に勉強から離れていってしまうのです。

高校までは学校から与えられる課題をこなせばある程度の成績は収められ、独学で学習を進めていく必要はありませんでした。その方法に慣れているので、いきなり自由に英語学習をしてもいいと言われても、何から始めたらいいのだろうと迷ってしまいます

スパルタバディでは効率の良い学習方法を身につけられるので、英語学習に限らずこれから勉強が必要な機会が来ればスキルを活かすことができます。つまり、スパルタバディに通うことで一生使えるスキルを身につけることができるのです。

適度なプレッシャーがあるから

中には英語学習に独学で取り組んでも結果を残す人もいます。そんな人に共通するのは「自分自身を厳しく管理できること」です。

人間はどうしても楽な道を選んでしまいがちですが、独学の場合は楽をしようと思えばとことん楽ができます。少ししんどいから今日はお休みしよう、明日から頑張ればいいやとつい後回しにしてしまうこともあるでしょう。

それに比べてスパルタバディでは専属のプロコーチがついており、毎日どのような勉強をしたのかの報告をしなければいけません。また、週に1回チェックテストがあるため、勉強をサボっているとすぐにバレてしまいます。

このようなプレッシャーがある中で勉強に取り組めるので、毎日英語を勉強することが次第に当たり前になるくらい慣れていきます。他人の目があることで勉強にもハリが生まれるでしょう。

いつでもコーチに質問・相談できるから

スパルタバディを利用するメリットのひとつに、いつでもコーチに質問や相談ができることが挙げられます。テキストやアプリを使って勉強し、解説を読んでも理解できない時は誰にでもあります。

特に英語初心者は自身で調べてもそれが正しい情報なのか見分けがつかないこともあります。また、どのように調べたら正しい情報が出てくるのか分からないという人もいるでしょう。

そんな時はコーチに質問してみましょう。自身で考えたり調べたりする力をつけるため、質問してもすぐに答えをくれることはありません。しかし、答えに導けるようなヒントをくれるので、自分なりに考えてみましょう。また、考えたことに対する自身の解釈をコーチに確認して、正しく調べられたかを確かめるという使い方をしている人もいます。

英語学習に関するものであれば、電話セッション以外の時でもLINEを通して悩みを相談することも可能です。勉強に行き詰まっている、モチベーションが上がらないということは日本人コーチもこれまで経験してきているので、有益なアドバイスがもらえるでしょう。

コーチにもプライベートがあるので四六時中連絡を取ろうとしたり、自分で考えたり悩んだりする前に何度も質問をするのはマナー違反ですが、頼れる存在として質問や相談を持ちかけるのは構いません。

インプットにも力を入れているから

スパルタバディでは、アウトプットだけでなくインプットにも力を入れています。一般的なコーチングスクールや英会話スクールはアウトプットに力を入れていることが多いです。これは日本人がアウトプットが苦手なため、アウトプットを中心の学習をすることで英語が話せるようになるからです。

しかし英語初心者にとってアウトプットも大切ですが、それ以上にアウトプットできるくらい十分な文法力や語彙力が必要とされます。スパルタバディはアウトプットとともにインプットもアプリで行えるため、プログラムが終了する頃には自分でも「こんなに勉強したんだ!」と驚くくらい語彙力がついていることでしょう。

特に語彙力をつけることは英語学習の基本であるため、週に100単語以上は継続して覚えていきます。12週間で1,200個の新単語を覚えられる計算となり、語彙がわかれば文章のクオリティが上がったり、文法が分からなくても英文の意味が分かるようになったりします。

もうすでにインプットを十分行っていて後はアウトプットだけという状況の英語初心者はいないため、インプットにも力を入れているスパルタバディがお勧めできるのです。

12週間と短期集中だから

スパルタバディのプログラムは12週間のもの1つとなっており、1ヶ月や半年以上など自身の好きな期間を受講できるわけではありません。12週間あれば学習の習慣もつきやすく、ゴールが近くに見えているのでモチベーションが保ちやすいというメリットがあります。

半年や1年間の長期間コーチングスクールも増えてきましたが、英語初心者の中にはそれだけ長期間英語学習を続けられるか分からない、1年後の自分を全く想像できないのに今始めてもいいのかなど不安を抱えている人もいます。12週間と期間が決まっているため、3ヶ月後になりたい自分を想像しやすく、挫折もしにくい期間となっています。

1か月などの短期間のコーチングスクールは通い始めるハードルが低い一方で、1か月やり切った達成感で2か月目に勉強をやめてしまう可能性が高いというデメリットがあります。1か月では習慣になりにくいため、将来的に継続できるよう習慣にするためには12週間が最適なのです。また、1か月間でたくさん詰め込もうとして、1日3時間以上など継続が難しいスケジュールで学習する必要が出てくることもあります。

もしスパルタバディを12週間受講してさらに継続したいという場合は、コーチはそのままで受講期間を延長することも可能です。まずは12週間受講してみて、手応えや成果によって延長できるというシステムも好評です。スパルタバディでは無理なく続けられることから、プログラム終了後も継続受講する人は少なくありません。

スパルタすぎないから

「スパルタバディ」という名前から、生徒にとてもスパルタなのではないかと不安に思う人もいるでしょう。かなりスパルタでコーチが怖いから頑張れるというスタイルのコーチングスクールもありますが、多くの人がなるべく怒られたくないと感じています。怒られることが怖いからという理由で英語学習を続けても楽しくはありません。

英語学習は楽しいと感じなければ苦痛なだけで長く継続できないため、スパルタバディのコーチはスパルタすぎる指導はしません。発音指導の際にもしっかり褒めてくれ、直したほうがいいところは優しくアドバイスしてくれます。怒られるかもしれないというプレッシャーがないため、ストレスを感じにくくなっています。

また、12週間の間にはどうしても学習に取り組めない日も出てくるでしょう。そんな日は何もできなかったと素直に報告して構いません。故意にサボり続けることはよくありませんが、どうしてもできない日は誰にでもあるものです。時間がないのであれば隙間時間でできる学習メニューを代わりに提案してくれることもあります。

コーチと生徒が二人三脚で英語学習を行うため、コーチが怖いという恐怖心から嘘の申告をしてしまうことを繰り返すと結果が出なくなってしまいます。常にレベルと目標に合わせたカリキュラムを作成しているからこそ、コーチが真実を把握しておくことがコーチングスクールで結果を出すコツの1つです。

バランスよく学習を進められるから

毎日やることが決まっているため、決められたことが全てこなせると達成感を味わうことができます。英語初心者にとって「何をしたら正解なのか分からない」という不安が英語学習から気持ちを遠ざけてしまいますが、スパルタバディでは毎日何をすればいいのか分かっているのでメニューを考える必要はありません。

また、独学であれば苦手なことを後回しにして、好きなことだけを取り組んでしまいがちです。文法問題が苦手だからと言って1か月間ずっと文法と向き合うのはストレスが溜まりますし、満遍なく学習できているとは言えません。

スパルタバディでは1週間単位でメニューのルーティンがあり、リスニング・単語・文法・スピーキングとバランスよく学習を進められます。苦手な分野があっても、明日は違うメニューがあると思えば「1日だけ頑張ろう」と気持ちを切り替えられるでしょう。さらに週に1回はチェックテストがあるため、コーチも生徒がどれくらい理解しているかを定期的に把握できます。

プログラム後も自習を続けられるから

コーチングスクールが英会話スクールやオンライン英会話と比べて高額でもコストパフォーマンスが高いとよく言われるのは、プログラム終了後も自習を続けることができるためです。ネイティブとの英会話練習は月謝を払わなければ続けることはできません。

月々の料金が安くても、それを何年も続けるとなると金銭的に負担がかかるでしょう。また、1度やめてしまえば英語を話す機会が無くなり、しばらく英語を練習しないうちに今まで習ってきたことを忘れてしまうことも少なくありません。日本に住んでいれば英語を使う機会は少ないため、自力で英語力を継続するのは難しいです。

それに比べてスパルタバディなどのコーチングスクールでは、英語学習の習慣を身につけられる上に効率の良い学習方法を知ることができます。短期間で払う金額は高いかもしれませんが、一生払い続ける必要はありません。人に頼らず英語学習を進める方法を学べるため、長期的に見るとコストは決して高くありません。

スパルタバディの効果的な使い方

スパルタバディは受け身で受講するだけでも、レベルや目標に合わせてカリキュラムを作成してくれるので12週間後には一定の効果を得ることができます。他のコーチングスクールと比べて安いと評判のスパルタバディでも、せっかくお金を払って受講するなら最大限の効果を得たいですよね。

スパルタバディを受講する際に、いくつかのポイントを意識するだけで効果を上げることができます。ここでは、スパルタバディの効果的な使い方を紹介します。

平日は1時間、休日は2時間自習する

スパルタバディは「1日1時間」の自習がキャッチフレーズになっていますが、休日は2時間の自習が推奨されています。休日でも家で仕事がある人や副業をしている人にとっては2時間の学習時間を確保することが難しいこともありますが、時間が取れる人は休日の2時間の自習を徹底すると効果が出やすくなります

平日の1時間で勉強できることは限られており、インプットをしてもすぐに忘れてしまうことも少なくありません。そこで休日の1時間を1週間の復習に充てることで、知識を定着しやすくする効果があります。この時間に平日1時間勉強できなかった分を補うことも可能です。また、復習が早く終われば翌週の予習や異なる課題をする時間に使うこともできます。

毎日英語学習の時間を確保することが大切なので、「時間ができたら英語学習をする」のではなく「まずは英語学習の時間を確保してからその他の予定を立てる」という考え方にシフトすると、思ったより時間がなくて勉強できなかったということが起こらなくなります。

スパルタバディでは効率の良い学習法を教えてくれゴールまでの最短ルートを示してくれますが、少ない学習時間ではできることが限られてしまいます。目標達成の可能性を高めるためにも、休日は頑張って2時間自習してみましょう。

集中力が長く続かないという人でも、一気に1時間学習し続ける必要はありません。午前中に1時間、午後に1時間など分けて学習しても構いません。大切なことは集中して勉強に取り組むことなので、集中力が切れたら一度休憩してトータルで2時間に届くようにしましょう。

学習時間を気にしすぎない

平日は1時間、休日は2時間の自習が推奨されているため、受講生の中には学習時間ばかりを気にしてしまう人もいます。学習した分だけ英語力も伸びますが、だらだら時間だけが過ぎても知識は身についてくれません。

コーチにいいところを見せようととりあえず長く勉強してみる、というのは時間を無駄にしてしまっています。1時間だらだらと勉強して何も覚えていないよりも、30分学習に没頭してほとんどの内容を覚えている方が確実に効率はいいです。コーチもそれを分かっているため、学習時間よりもその日にやった内容に注目してアドバイスをしています。

また、1時間や2時間などの学習時間はあくまでも目安であり、それ以上してはいけないというわけではありません。毎日は勉強したくないから1日10時間勉強して後の日は全く勉強しないというような極端な学習は良くありませんが、「今日はもうちょっと勉強したい」とやる気があれば3時間など学習時間を伸ばすことは全く問題ありません。

学習時間を気にしすぎると、毎分時計をチェックして時間をクリアしたか確認してしまう人もいます。そんな人は時間を意識しないようにし、集中力が切れたり1日の学習メニューをこなしたりしてから時間を確認してみましょう。集中すればするほど時間の流れが速く感じ、1時間が一瞬で過ぎ去っていくでしょう。

積極的に相談・質問する

コーチは学習管理を行うだけでなく、相談にも乗ってくれる頼もしい存在です。モチベーションが上がらない、勉強が面白く感じられないなど学習に関する相談にも乗ってくれます。コーチも元英語学習者であり、他言語を勉強することの難しさや学習を継続することの苦労は体感しています。

コーチはどのように壁を乗り越えたのか、どのような工夫で英語学習を楽しくしていたかなど、スパルタバディでコーチに出会わなければ聞けなかったようなアドバイスをもらうことができます。

また、英語初心者の中には「こんなに初歩的な質問をしてもいいのか」と分からないことがあっても質問を遠慮してしまう人がいます。英語を勉強している間にどうしても理解できないことや小さな疑問は誰でも持つものであり、そのような時こそコーチの出番です。すぐに調べたらわかるようなことを辞書代わりにコーチを使うのはやり過ぎですが、ヒントをもらって考えてみましょう。

相談や質問をすることは恥ずかしいことではありません。むしろコーチからすると、受講者がどのようなことで困っているのか、どこが躓きやすいポイントなのかを把握することができるので、コーチングやアドバイスがしやすくなるというメリットもあります。

コーチとの連絡手段はLINEが基本であり、時間のある時はすぐに返信をもらえることもあります。学習報告の際に質問をまとめると翌朝返信するのに時間がかかることもあるため、質問が出てきた時点で連絡してみましょう。LINEだけでなく、電話セッションの際に電話越しに相談することも可能です。

12週間後の目標を明確にする

漠然と英語が話せるようになりたいという思いから英語学習を始めるのもいいですが、スパルタバディを始める際には12週間後の目標をなるべく明確にすることで、モチベーションを保ちながら英語学習が進められるようになります。

何のために英語を話せるようになりたいのか、12週間後にどれくらいのレベルにまで達したいのかを言語化しておくことで、勉強の途中で「これを勉強して何になるのだろう」「こんなに努力しても無駄になるのではないか」という不安に打ち勝つことができるでしょう。

英語力を上げる目的や目標は人によって異なり、どれにも不正解はありません。仕事で英語が必要な人もいれば、海外旅行でのコミュニケーションで困らないようにしておきたい人、好きな海外スターといつか話せることを夢見て勉強する人、将来のために英語が必要な人もいます。コーチは目標によってカリキュラムも変えるため、恥ずかしがらず素直に英語学習の目的やゴールを打ち明けてみましょう。

12週間は過ごしてみるとあっという間ですが、意外と多くの時間があります。短い期間でこのレベルまで達することは難しいだろうと最初から諦めてしまうと、それに見合う努力をすることはできません。高い目標がある人はその分努力を惜しまない姿勢を大切にしましょう。

毎日の学習報告を欠かさない

スパルタバディでは、毎日学習を終えた後にLINEでコーチに学習報告を行います。1日で何ができたかという進捗をコーチが把握するだけでなく、受講者自身が1日で達成したことを客観的に知る機会にもなります。

毎日の学習報告はスパルタバディの受講者であれば課されることですが、コーチが強制することはできません。しかし全てがオンラインで完結するサービスのため、受講者からの学習報告がなければコーチは進捗を把握できなくなり、コーチングも難しくなってしまいます。

中にはLINEを日常的に使う習慣がない人や学習報告を面倒だと感じる人もいるでしょう。しかし学習報告は1分もかからず、その日に学習した内容を記載するだけなのでとても簡単です。自分では学習内容を決められないからスパルタバディを利用しているという人でも、毎日の学習報告を怠らないように学習→報告の流れを習慣にしましょう

モチベーションが上がらない時や学習量が足りなくて自己嫌悪に陥った時には、これまでの学習報告を振り返って「これだけ今まで頑張って学習してきたんだ」という自信に助けられることもあります。学習日記をコーチとのLINEでつけている気持ちでやり取りすると楽しく続けられるかもしれません。

スパルタバディは英語初心者でも英語力アップ!

今回は、オンラインで完結し相場よりも安く受講できると人気のスパルタバディについて、英語初心者にもスパルタバディをおすすめできる理由とさらに効果を上げるためのおすすめの使い方について紹介しました。

まだ英語学習の習慣がついていないうちにコーチングスクールで正しい学習方法を身につけることで、無駄なく効率的な学習が進められます。全く英語の知識がない状態でも12週間あれば確実に英語力を上げることは可能なため、1日1時間の英語学習をコーチと一緒に頑張ってみませんか。英語初心者からコーチングスクールを選ぶ人も増えてきています。

受講したいかどうかは無料カウンセリングで雰囲気を見てから決めることもできます。レベルチェックも無料でしてもらえるため、少しでも興味がある人はぜひ無料カウンセリングに申し込んでみてください。

▼スパルタバディのおすすめポイント!

  • 1日1時間×12週間のコースなので忙しい人も無理なく頑張れ結果がついてくる!
  • 定期テストで進捗を確認!成長を感じながら学ぶことができる
  • 12週間で12.8万円というリーズナブルな費用のコーチングスクール!

▼スパルタバディに適している人!

  • 忙しい中でさらに上を目指して頑張りたい方
  • 短期集中で英語力を向上させたい方
  • 費用を抑えてコーチングレッスンを受けたい方
  • 無理ないスケジュールで自己学習を習慣化させたい方
  • 目的に合わせて適切なアドバイスが欲しい方
  • モチベーションを維持させてくれるコーチが必要な方

完全にオンラインでコーチングを受けることができるスパルタバディ。通学の必要がないので忙しい方にもおすすめです!まずは、無料カウンセリングで気になることなどを相談してみましょう!

-オンライン英会話, スパルタバディ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.