シェーン 英会話教室・英会話スクール

シェーン英会話の料金・費用の全て!月額費用は高い?妥当?

シェーン英会話は2歳からシニアまで全ての年齢層に35年以上に渡り、イギリス英語を指導してきた英会話スクールです。

ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンや少人数レッスン、日本人講師によるレッスンで英語を学ぶ目的にあった学習ができます。

首都圏を中心に全国199校を展開しており、英語初心者でも英語のみによるレッスンが人気です。そんなシェーン英会話ですが、気になるのはやはり料金ではないでしょうか。

今回はシェーン英会話の料金システムを詳しく解説するとともに、他の英会話スクールと比べても月額費用は高すぎるのかについてご紹介します!

シェーン英会話の料金システム

シェーン英会話は少し料金システムが複雑です。ネイティブ講師か日本人講師かで料金が異なり、それぞれのコースで受講できるレッスンも異なります。また、レッスンの定員によっても料金は異なります。

料金システムが単純なスクールもありますが、シェーン英会話では目的や目標に合わせたコース選択ができるような料金システムを取っています。

カウンセリングの段階で適切なコースを提案してもらえるので、英語学習の目標や目的に合ったレッスンを受けることができます。それでは、シェーン英会話の料金システムを細かく解説していきます。

ネイティブ講師によるレッスン

シェーン英会話はネイティブ講師が日本語を一切使わず、英語のみで授業を行うことが特徴の1つとなっています。日本語ができるバイリンガル講師を採用しているスクールも多いですが、日本語への甘えを断つことによって英語を英語のまま理解する練習ができます。

ネイティブ講師は英語を母語として扱えることはもちろん、採用の段階で英語指導の資格を持っている人がほとんどです。

また、実際に教える前に非英語圏の人に英語を教えるためのTEYLの資格を取ることを義務付けています。そのため、英語初心者でもレッスンについていけるよう、ゆっくりと分かりやすい表現を使ってくれます。

英語しか通じないという環境の方が自分が知っている文法や語彙を使ってアウトプットを積極的に行えるのでおすすめです。ネイティブ講師によるレッスンは個人レッスン・ペアレッスン・少人数レッスン・渡航前留学前準備コースがあります。

個人レッスン

ネイティブ講師との個人レッスンの場合、月謝制と回数制(20回〜80回)から選べます。

対象となるレッスンは日常英会話・ビジネス英語・TOEIC対策・TOEFL対策・IELTS対策・旅行英会話・職種別特別レッスンです。

20回は有効期限が4か月、40回は8か月、80回は12か月となっています。回数が多いほど1回あたりの料金は安くなるため、長く続けたい人や回数を多くこなしたい人におすすめです。

20回では1回のレッスンが7,150円ですが、80回は1回のレッスンが6,500円まで安くなります。

月謝制の場合は1回40分が月に4回のプランとなっているので、週1回のペースでゆったり通いたい人向けとなっています。

月謝制:29,150円(税込)
回数制(20回):143,000円(税込)、回数制(40回):264,000円(税込)、回数制(80回):484,000円(税込)

ペアレッスン

ペアレッスンでは、ネイティブ講師1人に対して生徒2人でレッスンを受けます。

一緒にレッスンを受ける相手は知らない人ではありません。兄弟姉妹や夫婦、恋人、友達など知っている人と一緒にレッスンを受けるので、リラックスできます。

個人レッスンを受講するよりも安く、少人数レッスンよりも人数が少ないので一緒に受講する人が見つかる人におすすめです。

英語レベルが同じくらいの人同士の方がレッスンを進めやすく、同じペースで授業が進みます。

ペアの相手と一緒に勉強することで途中で辞めてしまうことも少なく、最後まで楽しく続けられます。

月謝制:17,820円(税込)

月謝制少人数レッスン

シェーン英会話では会話を積極的にすることに重きを置いているため、グループレッスンも定員2〜4名の少人数で行います。

個人レッスンでは1回の授業が40分間ですが、少人数レッスンでは50分と長めに設定しています。

グループ内で平等に発言の機会があるため、「レッスン中発言の機会が少なかった」、「聞き手に回ってばかりだった」ということがありません。

レッスンは誰と一緒になるか分からないため、英語を学習している他の日本人との交流することができ、モチベーションアップにも繋がります。

平日の午後1時〜3時の時間に開講しているレッスンを受講できる人は、「アフタヌーン」がお得です。通常の一般英会話に比べておよそ半額で受けられます。

65才〜79才はシニア割が適用されて7,700円/月、80才以上はスーパーシニア料金で5,500/月でアフタヌーンを受講できます。

一般英会話:15,950円(税込)
アフタヌーン:8,800円(税込)

渡航前・留学前準備コース

海外に渡航する前や留学の前に英語の音を耳に慣らしておきたい、ある程度は話せるようになって海外で困らないようにしておきたいという人は「渡航前・留学前準備コース」がおすすめです。

渡航前準備コースでは、日本人向けに作成されたPassportという教材を使います。初級と準中級があり、実際に使える表現をシチュエーションに合わせて学んでいきます。大学生〜大人が対象で、全10回のレッスンを受けられます。

留学前準備コースでは、生活の中で用いる表現を学ぶとともに、英語圏の文化や日本とは異なる生活習慣なども学んでいきます。

こちらは高校生が対象となっており、全8回を2ヶ月間で修了するので短期集中型のコースです。

事前に学習しておくことで自信を持って渡航でき、カルチャーショックも少なくなるでしょう。2つのコースはどちらも入学金は必要ありません。

渡航前準備コース:85,800円(税込)
留学前準備コース:55,000円(税込)

日本人講師によるレッスン

いくら分かりやすい授業をしてくれると言ってもいきなりネイティブ講師はハードルが高すぎるという人には、日本人講師のレッスンを受けることもできます。

シェーン英会話ではネイティブ講師と同様、日本人講師のレベルも高いです。TOEICなどでハイスコアを獲得しているだけでなく、英語指導のトレーニングを受けています。

ネイティブ講師のレッスンと一緒に受講している人も多く、日本語で教えてもらえるので細部まで理解できると好評です。

月謝制個人レッスン

1回50分の授業を週に1回決まった曜日に受けたい人は、月謝制個人レッスンがおすすめです。対象となるのは文法強化・TOEIC対策・英検対策となっています。

日本人講師が日本語で説明してくれるので、ネイティブ講師が言ったことを予想しながら理解する必要はありません。気軽に質問もしやすく、個人レッスンなので学習の進捗も合わせてもらえます。

特に文法はネイティブ講師からすると感覚的に身につけている部分でもあります。日本人講師は生徒と同じように努力しながら理解してきたため、日本語で説明を受けた方がスッと理解できることも多いです。

通常は26,400円/月ですが、ネイティブ講師のレッスンも同時に受講する場合は19,800円/月で受けられます。

月謝制:26,400円(税込)
回数制個人レッスン

TOEIC対策と英検の一次・二次対策のみ、日本人講師による回数制個人レッスンを受けられます。

TOEIC対策は全24回で受講期間が6ヶ月です。初級が470点程度、中級が600点程度となっています。TOEICは時間との戦いでもあるので、戦略的に目標点を突破できるよう解くポイントを教えてもらいます。

英検一次直前対策は全12回で3ヶ月間行います。2級〜5級が対象となっており、本番を想定した模擬問題で時間内に解ききる練習を積み重ねます。2017年度から3級と準2級はライティングも試験内容に加わったため、英作文指導も含まれています。

英検二次面接対策は、英検の面接を集中的に練習するコースです。全4回で受講期間は1ヶ月と短いので、英検一次の結果が出てからでも十分間に合います。2級〜3級が対象となっています。

入室から退室まで本番同様に行うため、緊張で何も話せなかったということが起こりません。面接官が見ているポイントや減点基準も教えてもらえるので、落ち着いて本番に臨めます。

TOEIC対策:176,000円(税込)
英検一次直前対策:87,450円(税込)
英検二次面接対策:29,150円(税込)

2才〜中学生の子ども英語

シェーン英会話では、子ども用の英語コースもあります。2才〜年少、年中・年長、小学生、中学生と年齢で分かれているほか、英検対策や読み書き強化、帰国生向けのコースもあります。

小さい時期から英語に触れることで習得が楽になり、ネイティブに近い発音も身につけやすいです。ゲーム形式で英語に触れることから始めるので、英語学習への抵抗も生まれません。

教室では親は同伴せず、子どもだけでレッスンを受けることで親に甘えず授業に集中できます。親は年に2回授業参観の機会があり、子供がどのように学んでいるのかを近くで見ることも可能です。

シェーン英会話の子ども英語は楽しく学ぶことをモットーとしています。無料体験で子どもたち自身がシェーンのレッスンを気に入って入会したという人も多いです。

2才〜年少

英語が苦手と感じる日本人は多いですが、幼少期から英語に触れることで英語への抵抗感は生まれません。ゲームを通じて英語を楽しいものと覚えれば、その後も楽しく学習できます。

色や数字を英語で覚えることから始めるのは、英語圏に住む子供も同じです。週に1回とは言え、英語の音に耳を鳴らして英語耳の基礎を作ることは大切です。

2才〜年少という幼い年齢では集中力が持たず、机に座り続けることも難しいです。そのため、ネイティブ講師と歌やゲームなどのアクティビティーを通じて英語を学びます

もちろん、子ども英会話でも日本語は全く使いません。最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、すぐに環境に慣れて教室に入れば英語に切り替えられるようになります。

親が全く英語をできない場合も全く問題ありません。家でも英語に触れられるよう、英語の絵本やDVDが教材に含まれています

個人レッスン:28,050円(税込)、ペアレッスン:16,720円(税込)
少人数レッスン(2才〜3才):10,450円(税込)、少人数レッスン(年少):10,450円(税込)
年中・年長

2才〜年少に比べ、年中・年長は椅子に座って先生の言っていることを集中して聞くことができるようになります。

そのため、シェーン英会話の年中・年長ではアルファベットを徐々に覚えていきます日本人もひらがなを少しずつ覚えていくように、英語圏に住む子供たちも幼少期にアルファベットの学習をします。

この時期に英語の発音方法を体で覚えます。日本語を完全に覚えてから英語を学ぶと、単語をローマ字読みしてしまい発音も日本語に近いものになってしまいます。

母語としての日本語が定着する前に英語の発音方法を覚えることで、知らない単語に出会っても正しい発音ができるようになります。

個人レッスン:28,050円(税込)、ペアレッスン:16,720円(税込)
少人数レッスン:10,450円(税込)
小学生

小学生になったことを機に、習い事の一つとして英会話スクールに通い始める人も多いです。親が英語が苦手だったから子供には楽しく学んでほしい、将来海外で活躍してほしいなど親の願いは様々です。

英語は将来使うことがほぼ確実であるため、未来のための投資として選ぶ人も増えています。日本にずっと住み続けていても英語を使う機会はこれからも増えていくことでしょう。

小学生のレッスンは小学1・2年生と3年生〜6年生に分かれています。様々なアクティビティーを通して英語の表現を覚えていき、簡単な単語を発せられるようになります。

高学年になるに従って日常生会話で用いる表現を使う練習をし、自然なコミュニケーションを取ることを目指します。小学5年生以上になると、少し難しい英文も耳で理解でき、適切な応答ができるようになります。

文法を覚えてから英文を作るのではなく、ネイティブのように耳から覚えて感覚的に英語を使えるようになりますそしてその後文法を習うことで英語の仕組みを理解していきます。

個人レッスン:28,050円(税込)、ペアレッスン:16,720円(税込)
少人数レッスン(小学1・2年生):10,450円(税込)、少人数レッスン(小学3年生〜6年生):11,000円(税込)
中学生

中学生になると、英語を使って自分の思いを伝える練習も行います。この時期に日本人がつまずきやすい受動態や前置詞をしっかり理解することで、その後の英語学習が格段に楽になります。

中学生の年齢は宿題をこなすことも習慣になっているため、シェーン英会話でも毎週テキストから宿題があります。オンライン教材もあり、家でも英語に触れる時間を作ることで知識の定着が望めます。

英語の文法を学校で習うのは中学1年生からですが、ネイティブ講師から先に学んでおくことで英語のテストも高得点を取れるようになり、自信につながります。

少人数レッスンの場合、定員4〜6名の場合は11,550円ですがさらに少数の2名〜4名を希望する場合は14,850円となります。

すでに英語の基礎が出来上がっている人向けの「中学生Advancedクラス」も14,850円であります。

個人レッスン:28,050円(税込)、ペアレッスン:16,720円(税込)
少人数レッスン:11,550円(税込)、留学前準備コース:55,000円(税込)
読み書き強化

小学生向けに、日本人講師による「読み書き強化」も受講できます。

AとBに分かれており、Aではアルファベットやフォニックスの英語の基礎となるルールを身につけ、Bでは英検5級レベルの単語を覚えて短い英文を理解できるようになります。

教材は絵が多いので読んでいて飽きず、マンガを取り入れながら英文への抵抗感をなくします。

日本語で教えてもらえるので細かいところまで説明してもらえ、ネイティブ講師からの説明を勘違いして覚えてしまう心配もありません。

また、読み書き強化には連絡帳のシステムを導入しており、日本人講師から学習状況の報告を受けられます。

コンビはネイティブ講師のレッスンと一緒に受講する際の値段です。ネイティブ講師のレッスン料は別途必要となるので注意しましょう。

個人レッスン:26,400円(税込)
個人レッスン(コンビ):19,800円(税込)、少人数レッスン(コンビ):7,700円(税込)
英検対策

英検は自身の英語のレベルを証明する検定であり、中学生では学校で受けるようになっているところも多いです。

シェーン英会話の英検対策では中学1年生修了レベルの5級から高校卒業レベルの2級までの対策ができます。それぞれの級の合格に必要な語彙や文法知識、表現方法を身につけます。

英検独自の出題方式に慣れるために実践的な演習問題を解き、英語の弱点を克服していきます。英検対策をすることで一定レベル以上の語彙力が身につくだけでなく、英会話力も上がります。

3級からの二次面接対策もでき、小学生や中学生でも無理なく英検に合格できます。英検対策も日本人講師によるレッスンとなっており、ネイティブ講師も受講する場合はお得に受けられます。

個人レッスン:26,400円(税込)、個人レッスン(コンビ):19,800円(税込)
少人数レッスン(コンビ):8,800円(税込)、英検一次直前演習:66,000円(税込)〜87,450円(税込)
英検二次面接対策:22,000円(税込)〜29,150円(税込)
帰国生

海外で生活していたけど日本に戻ってきた、海外で幼少期を過ごしてから日本に移住したという3才〜中学生は、帰国生のためのレッスンがおすすめです。

英語圏で生活していたことで英語の基礎はすでに出来上がった状態で帰国する子供が多いです。しかし日本で生活して日本語に囲まれていると、英語を忘れてしまうことがほとんどです。

子供の順応力はとても高いあまり、一定期間言語に触れなければ忘れてしまうことは珍しくありません。さらに英語を母語としない日本人の子供は忘れてしまうスピードもはやいです。

海外で培った英語力を低下させないために、ネイティブ講師と定期的にコミュニケーションを取ることで英語を忘れないようにできます。

週に1回でもみっちり英語を話す時間をとることで忘れにくくなり、講師との学習を通じて英語の4技能を帰国後よりも向上させることが可能です。

個人レッスン:18,050円(税込)、少人数レッスン:16,720円(税込)

料金以外に発生する費用はある?

レッスンの受講料はホームページなどに記載されていることも多く、予め把握しておくことは簡単です。しかし、その他にかかる料金は小さく表示されていて見えづらいことやネットには表示されていないこともあります。思っていた以上に支払いが多くて長く続けられそうにないと入会した後に気付くのは避けたいですよね。そこで、ここではシェーン英会話でレッスン受講料以外に発生する費用について解説します。

入学金

シェーン英会話では他の英会話スクールと同様、入会金が必要となります。入会金は英会話スクールによって異なり、相場は2万円〜3万円と言われています。

シェーン英会話では高校生以上は22,000円(税込)、2才〜中学生は16,500円(税込)が入会金として必要です。受講するコースによっては入会金が免除されているものもあるので、カウンセリングで聞いてみましょう。

現在、シェーン英会話では9月12日までにレッスンをスタートすると、入学金が無料となるキャンペーンを実施しています!

このように入学金が無料になるキャンペーンは多くないので、お得な今の時期に始めることをおすすめします。

毎月スクール管理費がかかる

シェーン英会話はオンライン英会話とは異なり、スクールで授業を行なっています。そのため、スクール管理費を徴しています。

スクール管理費は毎月1,650円(税込)かかり、子ども英語も同じ料金となっています。

キャンペーンや割引の対象外となることがほとんどなので、スクール管理費はかかるものだと思って計算に入れておきましょう。

教材費は教材によって変わる

シェーン英会話では教材を使って授業を進めていきます。そのため、レッスン受講料とは別で教材を購入する必要があります。

使用する教材はレベルやコースに合ったものを使い、価格は8,569~14,740円となっています。毎月のようにかかる金額ではないので、少し初期費用はかかると思っておきましょう。

効率の良い英語学習には質の高い教材が必要不可欠です。家でも学習ができるものばかりで、飽きない工夫がされているので必要経費と言えます。

割引制度でお得に受講できる!

シェーン英会話の料金を少し高いと感じる人もいるでしょう。しかし、シェーン英会話は割引制度が充実しており、意外と予算以内で受講できることも少なくありません。

英会話スクールでは入会金無料などの期間限定のキャンペーンを行っているところはあっても、年中使える割引制度が充実しているところはあまりありません。

割引制度を賢く活用して、お得にシェーン英会話を受講しましょう!

複数受講割引

シェーン英会話には多くのコースがあります。目的に合わせて受講できるシステムのため、生徒によっては複数のコースを受講する場合もあります。

その時に適用となるのが「複数受講割引」です。2つ以上のレッスンを受講する場合、ネイティブ講師の月額制・回数制の受講費がそれぞれ10%割引となります。

月額制と回数制のレッスンを同時に受講する場合は回数制の受講期間分が割引適用期間となります。また、日本人によるレッスンなど対象外となってしまうレッスンもあるので事前に確認しておきましょう。

家族割引

家族割引を使うと、家族の入会金やレッスン受講料がお得になります。

通常、高校生以上で22,000円(税込)、2才〜中学生で16,500円(税込)かかる入学金ですが、2人目以降は入学金0円で入会できます。また、家族全員のネイティブ講師によるレッスン受講料が10%割引となります。

家族とみなされるのは四親等までで、兄弟姉妹やいとこ、祖父祖母などが対象です。家族割引があることで、「せっかくなら家族で英語を習おう!」と始める人も増えています。

年間一括納入割引

月額制で払う場合、毎月一定の額を支払います。通常、12ヶ月通う場合は月謝×12が年間に支払う金額となりますが、一括で支払うことで割引を受けられます。

年間一括納入割引とは、12ヶ月分を一括で納入する場合、ネイティブ講師によるレッスン受講料を10%割引となるサービスです。

1年未満で退会する場合は、未消化分から手数料を引いた金額が返金となります。休学することも可能なので、気軽にカウンセラーに相談してみましょう。

予め1年間は通うことが確実な場合は、年間一括納入割引を利用するとお得に通うことができます。

福利厚生割引

ベネフィットステーション、RELO CLUB、福利厚生倶楽部などの勤務先の福利厚生プログラムにシェーン英会話が含まれている場合は、「福利厚生割引」を受けられます。

福利厚生割引では入会金が3,300円(税込)と格安になるほか、ネイティブ講師の月謝制レッスンが10%割引となります。

その他の割引やキャンペーンと併用することはできないため、いくつか割引を利用できる場合は最もお得になるものを選びましょう。

まずは福利厚生プログラムを使ってシェーン英会話を受講できるのか確認してみましょう。

法人割引

勤務先の企業とシェーン英会話が法人契約を結んでいる場合、ネイティブ講師の月謝制レッスンが10%割引で受けられます。

英語研修の一環としてシェーン英会話と法人契約を結んでいる企業は増えてきています。オフィスにネイティブ講師を派遣して英語学習を行う方法もありますが、スクールに通う場合も割引を受けられます。

契約内容は企業によって異なる場合もあるので、確認してみましょう。

紹介入学特典

シェーン英会話に通っている人からの紹介で通い始める場合、紹介入学特典があります。入学金が高校生以上は11,000円、2才〜中学生は5,500円となります。

レッスン受講料が安くなるわけではありませんが、入学金が安くなることで初期費用があまりかからずに通い始めることができます

家族が在校中の場合は家族割が適用となり、退会後に家族から紹介される場合は紹介入学特典が適用となります。

紹介者はシェーン英会話に通っている人であれば関係性は問いません。友人や同僚、近所の知り合いの方などどなたからの紹介でも特典を受けられます。

シェーン英会話は高すぎる?他の英会話スクールと比べてみました

シェーン英会話はネイティブ講師とマンツーマンでのレッスンを受けられるため、格安の英会話スクールやオンライン英会話と比べると月額費用が高く設定されています。料金面が不安で通い出すことを決心できないという人もいるでしょう。ここでは、他の英会話スクールでかかる料金と比べてみました。果たしてシェーン英会話は、本当に月額費用が高すぎるのでしょうか。

ブリティッシュカウンシル

ブリティッシュカウンシルとはイギリス公式の国際文化交流機関であり、世界50か国に展開している英会話スクールです。

ブリティッシュカウンシルで講師になるためには、「国際英語教授資格」を持っていることと2年以上の教育経験があることが最低基準となっています。それくらい採用基準が厳しいため、講師の質が高いことで有名です。

スクールは東京の飯田橋本校のみですが、オンラインでも受講できるため日本のどこに住んでいてもレッスンを受けられます。

コースは大人向けコース、中高生向けコース、小学生向けコース、IELTS・Cambridge対策、英語教員向けコースがあります。

それぞれのコースの中に受講期間やレベル、学ぶ目的に合わせて異なるプランが用意されています。

1レッスンは90分と長めですが、自分でコース内容を組むことができるので忙しい人にもぴったりです。料金の中にはレッスン受講料とオリジナル教材、カウンセリング、my clubが含まれています。

最も標準のコースは大人向けコースのスタンダード英会話初級〜上級で、20レッスン(3ヶ月)の場合は129,800円(税込)、60レッスン(12ヶ月)は363,000円(税込)となっています。

ベルリッツ

10ヵ国語以上を学べ、ビジネスパーソンを中心に人気を集めているのが「ベルリッツ」です。2020年7月からはAIによる音声認識技術を活用し、オンラインでも充実した学習ができるようになりました。

コースは目的によって異なり、仕事・ビジネス向け、旅行などのプライベート向け、学生・子供向けなどがあります。

ベルリッツはマンツーマンレッスンと少人数レッスンがあり、回数も1回単位で購入することもできます。マンツーマンレッスンなら1レッスンあたり約6,000円代〜約80,000円第代、少人数レッスンなら約3,000円ほどです。

9月からは新たに「初級者向けビジネス実践グループコース」が加わりました。英語初級者であっても、4ヶ月で会議やプレゼンで英語を使えるようになります

7アクト

教室・カフェ・オンラインから学ぶ場所を選ぶことができる英会話スクールが「7アクト」です。教室は新宿教室と梅田教室の2校となっています。

1番人気のコースは「教室月謝制」で、月4回の受講で29,334円(税込)です。平日夜6時までのデイコースなら26,400円(税込)、大学生以上の学生の場合は学割コースで24,200円(税込)、中学生と高校生は19,800円(税込)です。

料金には理解度チェックのためのアセスメントテストとミニ学習カウンセリング、ネイティブ講師による英作文添削も含まれています。

月謝制で通う場合は講師とレッスンを受ける日が固定されるので、定期的に通いたい人や同じ先生のレッスンを受けたい人におすすめです。

自分のペースで通いたい人は回数チケットを購入して通いましょう。入会金はコースやプランに関わらず33,000円(税込)です。

シェーン英会話は納得の料金設定!

シェーン英会話はマンツーマンレッスン、ペアレッスン、少人数レッスンがあり、レベルに合わせた英語学習ができる英会話スクールです。

オンライン英会話などと比べると月額料金は高くなりますが、その分講師が質の高いネイティブ講師であったり、日本人講師によるレッスンも受けられたりします。

期間限定のキャンペーンが多いだけでなく、割引制度も充実しているので予算内で意外と通えたという人も多いです。

現在開催中のキャンペーンは9月12日までとなっているので、興味がある人は期日までにレッスンを受けてみましょう!

シェーン英会話の無料体験レッスンを受けてみよう

▼シェーン英会話のおすすめポイント!
・ネイティブ講師と日本人講師から選べる制度を導入。
・月謝制と回数制と選べ安心。
・厳しい採用基準をクリアした講師のみ採用。
・少人数制のグループレッスン。
▼シェーン英会話に適している人
・アットホームな雰囲気で楽しく英語を学びたい方
・2歳~大人まで、幅広い年齢層の方
・留学を検討・予定している方
2歳のお子様~大人まで受講可能なシェーン英会話。幅広い層が受講可能な理由は、それだけ経験豊富で質の高い講師が揃っているからですね!まずは無料体験レッスンで自分に合うかどうかを試してみてはいかがでしょうか?

-シェーン, 英会話教室・英会話スクール

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.