英会話勉強・学習のお役立ち記事

英語初心者におすすめの「シャドーイング」のやり方と効果

英語力上達への方法は多くあり、勉強法も様々です。その中でも近年注目を集めているのが「シャドーイング」という勉強法です。

聞こえてくる英文を影のように追いかけながら発音するこの勉強法は、リスニング力が向上や英語のナチュラルスピードに慣れるという効果があります。

しかしシャドーイングは英語初心者には難しく、やり方を自己流でしてしまうと思っていた効果が出ないことが多いです。今回は、英語初心者でも無理なくできる正しいシャドーイングのやり方とその効果について解説します。

シャドーイングとは?

シャドーイングとは、音声を聞き、追いかけるようにして発音することを指します。影のように追いかけることからシャドーイングと呼ばれます。

シャドーイングは1950年代後半に音声言語知覚や吃音症の研究に採用され、その後同時通訳者のトレーニングに使用されていました。この方法が第二言語習得にも効果的であるとして、英語学習にも積極的に取り入れられ始めました。

ただ聞こえてきた音を繰り返すので効果がなさそうと感じる人も多いかもしれませんが、音読をするよりもより正確にお手本通りの発音がしやすく、音を聞いて自然と文法や単語の意味を理解します。そのため正しいやり方で行えば、どのレベルの英語学習者にも効果的な勉強法と言えます。

日本の英語教育は文法やリーディングが中心となっているため、リスニングやスピーキングは苦手という人が多くいます。そんな人に特におすすめなのがシャドーイングです。

シャドーイングの効果

シャドーイングには大きく分けて4つの効果があります。全てに「英語の音に慣れる」という点が共通しており、言語を学ぶ上でいかに音が大切かが分かります。では、シャドーイングにはどのような効果があるのか解説していきます。

音を聞いて意味が理解できるようになる

文法知識が豊富な人やテキストを見ることに慣れている人は「文字を見て英文の意味を理解する」というトレーニングを重ねています。それと反対に、シャドーイングでは「音を聞いて英文の意味を理解する」という効果が得られます。

普段は目から情報を得ることが多いですが、実際の英会話を行う状況では音を聞く機会の方が多くなります。いくらリーディング力を上げても、音を聞いて理解できなければ会話は成立しません。

シャドーイングには音を聞いて発音すると同時に、脳が英文の意味を理解するプロセスも含んでいます。そのため、ただ音を真似ている場合でも自然と英文を理解出来るようになります。

英語をフレーズで覚えられる

英語は1単語に複数の意味があることが多く、フレーズにすると意味が変わるものもあります。そのフレーズを知らなければ英語を使う場面で咄嗟に使えなかったり意味が分からず困ってしまったりします。

シャドーイングをする過程で英文をブロックごとに分けてフレーズを覚えるので、単語の意味だけでなく定型文や定番のフレーズを自然と覚えることができます。

例えば、runは「走る」という意味だけで覚えている人が多いですが、「経営する」という意味もあります。He can run fast.は「彼は速く走ることができる」という意味ですが、He runs a shop.となると「彼はお店を経営しています」という意味になります。

このように文で覚えた方が単語の意味を覚えやすいものも多くあるため、シャドーイングは語彙力をつけたい英語初心者にもおすすめの勉強法です。

英語の文を作りやすくなる

シャドーイングによって多くの英語のフレーズを覚えることで、自分で英語を作る際にも役立ちます。英文を見たり聞いたりできても自分で英文を書いたり話したりすることは苦手という人も多いでしょう。

そんな人にもシャドーイングはおすすめです。文を読みこむことで正しい文法の使い方や英語の語感を身につけることができるため、英作文や英会話に応用することができます。

英語初心者はインプットを多くしてアウトプットする機会が少ないため、シャドーイングはインプットすると同時にアウトプットも行う、とても効率的な勉強法と言えます。

英語の音の感覚が身につく

英語と日本語には多くの違いがありますが、リスニングが苦手と感じたり英語で話すことに自信が持てなかったりする理由の一つに「英語と日本語の音が異なる」ことが挙げられます。

日本語と英語で強弱の付け方やイントネーションは大きく異なり、英語の音に慣れていないため、ナチュラルスピードが速すぎると感じたり聞き取れない単語が多かったりするのです。

シャドーイングはお手本となる音声を真似るように繰り返し練習するため、ネイティブが話すのと同じように話す練習にもなります。

英語を勉強しても所謂ジャパニーズイングリッシュになってしまう人は多く、後から発音を矯正するのは簡単ではありません。英語初心者の段階からシャドーイングを取り入れることにより、ネイティブのような話し方を身につけられます。

英語初心者でもできるシャドーイングの方法

シャドーイングは音が聞こえると同時に発音することを指しますが、いきなり音を聞いてシャドーイングをするわけではありません。特に英語初心者にとってはレベルの高い練習法になるため、最初はリスニングで音を確認したりアイシャドーイングでテキストを確認したりする必要があります。ここでは英語初心者でもできるシャドーイングの方法を手順に従って解説します。

1.テキストを見ないで音だけを聴く

シャドーイングする音声を準備できたら、まずはリスニングを行います。テキストを見ずに音だけに集中しましょう。雑音が気にならないようにイヤホンやヘッドホンを用いることをおすすめします。

リスニングをする際には以下の点に注意しながら行います。

ポイント

  • 文章の全体の意味をさらっと確認
  • 音の強弱を意識して聞く
1単語ずつ理解する必要はありません。ナチュラルスピードで行うので文章の意味をさらっと取れたら良しとしましょう。全く理解できない場合は選んだ教材が英語のレベルに合っていない可能性があります。

2.アイシャドーイング

アクセントや強弱の付け方に意識しながらリスニングした後は、英文を見ながらリスニングを行う「アイシャドーイング」をします。

はじめのリスニングでよく聞き取れなかった部分や文の意味を把握できなくなった部分を重点的に目で追いながら音声を聞きます。

アイシャドーイングの時点では声を発する必要はまだ無く、目で追うだけで構いません。リスニングでは意味が拾えなかったのに英文を見たら理解できた部分は、英語の発音やスピードに慣れていないことを意味します。

英文を見ても知らない単語が多くて文の意味が分からない場合は、教材が英語のレベルに合っていない可能性があるので見直してみましょう。

3.一文ずつリピートする

アイシャドーイングが終わると、次は一文ずつ英文をリピートしましょう。まず音声を流し、一文が終われば一時停止して声に出して読みます。

音読がアウトプットとなるので、ステップ2までに理解できなかった部分がスムーズに理解できたり、忘れていた単語の意味を思い出せたりすることがあります。

音読をしても分からない単語がある場合は辞書やインターネットで意味を調べ、シャドーイングを実際に行う前に分からない単語が無い状態にしておきます。

意味の確認によってシャドーイングをしながら「この単語はどんな意味だろう?」と考える手間が省け、途中で詰まることが少なくなります。

シャドーイングに慣れてくるとこのステップ3を飛ばしても効果が出るようになりますが、最初は少しずつ進めることをおすすめします。

4.音声と一緒に音読

一文ずつリピートして意味をしっかり確認したところで、次は音声にかぶせるようにして英文を声に出して読みましょう。

このステップから次第に意味ではなく発音の仕方やイントネーション、強弱をつける部分を意識しながら読むようにしましょう。

英語初心者で発音しながら音に集中するのは難しいという場合は、口パクで音声を自分の声で遮らないようにしても構いません。詰まらないで読めるようになり、音読しながら意味が自然と頭に入ってくるまで続けると次のステップへと進みます。

5.テキストを見ながらシャドーイングする

最初からテキストなしでシャドーイングをするのはレベルが高いので、まずはテキストを見ながらシャドーイングをしましょう。

音声が流れてきたらその後を追うように読みます。ステップ4までである程度英文を覚えることができているので、初めてでもあまり難しくありません。文の切れ目や強調している部分を意識し、音声と同じようにシャドーイングできているか確認しながら進めましょう。

途中で音声を見失ってしまったり自分の発音が正しいか分からなくなったりした場合には、1つ前の音読に戻りましょう。これをテキストなしでもシャドーイングできると自信が持てるくらいまで繰り返します。

6.テキストなしでシャドーイングする

ステップ6は、テキストなしでシャドーイングをします。英文を見ずに発音するため、難易度は高くなりますが繰り返すことでスラスラとシャドーイングできるようになります。

文の途中で詰まってしまうことやスピードについていけなくて最後まで文を読めないこともあるかもしれませんが、諦めずに最後まで読みきることが大切です。

シャドーイングは大きな声で行う必要はなく、自分が発する音が聞こえる程度の大きさで構いません。

シャドーイングのコツ

「シャドーイング」で検索してみると、効果が無かった、英語初心者には難しすぎたという口コミを目にします。これはシャドーイング自体が英語初心者に向いていないのではなく、やり方を間違えている人が多いことを示しています。シャドーイングを始める前にコツを知っておくことで、英語初心者でも効果的に英語学習を進められます。ここではシャドーイングのコツを解説します。

簡単な教材から始める

シャドーイングをする場合、簡単だと感じるレベルの英文から始めましょう。分量としては1文が10語以内が目安となります。また、英文のレベルも知らない単語が無い、もしくは100語の中に知らない単語が2~3語以下のものを選ぶ必要があります。

シャドーイングには音を聞いて英文を理解できるようになる効果がありますが、知らない単語が多く含まれているとただ音を真似る作業になってしまいます。これを繰り返しても英語力は伸びません。

英語初心者にとってシャドーイングという勉強法自体が難しいと感じる人が多いため、最初は簡単に理解できる教材から始めましょう。慣れてきたら徐々に英文のレベルを上げることも必要です。いつまでも初心者レベルの英文で学習していると効果が感じられにくくなります。

英文の中に知らない単語が少し含まれている場合、シャドーイングしながらどの単語の意味が分からないのかをはっきりさせることでインプットする際もスムーズにできます。

数回で満足せず、繰り返しシャドーイングする

シャドーイングは何度行っても構いません。回数を重ねれば重ねるほど英文を覚えやすくなり、発音もお手本通りに真似できるようになります。目安としては20回ほどシャドーイングすると、英文を自分のものにできます。

英文を暗記していればシャドーイングは難しくなく、「これは簡単すぎる」と感じるかもしれません。テキストなしでシャドーイングする前に何度も英文を読んでいるので、英文を覚えた気になっている場合が多いです。

簡単なレベルの音声を選ぶとすんなりとテキストなしでのシャドーイングもでき、物足りなさを感じることもあるでしょう。その時は数日間隔をあけ、数日後にシャドーイングする際は最初からテキストなしで行ってみましょう。

簡単だと思っていた英文でも意外と詰まってしまったり途中で文を見失ってしまったりすることがあります。何十分もかかる文章をシャドーイングするわけではないため、空き時間に数分だけ音声でシャドーイングの復習をすると長期記憶となりやすいです。

リスニングをするのは1回のみ

先ほど紹介したステップ1でリスニングを行いますが、これは1回のみと決めておきましょう。何回でも聞けるようにすると、「これを聞き逃しても次でしっかり聞けたらいい」と思ってしまい、音に集中できなくなります。

英語のリスニングテストは1回しか聞けない場合も多く、英会話をする場面でも何度も聞き返すのは失礼になってしまいます。常に1回しか聞けないという緊張感を持っておくことで1回で聞けるように集中できます。

また、1回で聞き取れなかった部分がリスニング力の弱い部分、しっかり発音や単語の意味が定着していない部分になるので自分の弱みを客観的に知ることができるというメリットもあります。

最初は全く聞けなくても構いません。1回の再生で集中して聞く癖をつけておくと、徐々にリスニング力も上がっていきます。

練習するアクセントを1つに絞る

英語は1つの言語ですが、世界中には異なるアクセントの英語があります。英語を第一言語とする国でもアクセントが異なれば違う言語のように聞こえることも少なくなく、使われる単語も異なる場合があります。代表的な英語としてはアメリカ英語、イギリス英語、オーストリア英語、カナダ英語などが挙げられます。

シャドーイングをする際は使用する教材のアクセントは1つに絞りましょう。軸となる英語のアクセントを決めておくことで教材を選びやすくなり、発音や単語の違いに戸惑うことが無くなります。

日本の英語教育で用いられているのは多くがアメリカ英語なので、英語初心者は「イギリス英語を学びたい!」など強い意志がある場合を除いてはアメリカ英語が馴染みがありシャドーイングしやすいです。

シャドーイングで英語力を伸ばそう!

シャドーイングはリスニングやスピーキングに効果があり、ネイティブの発音を身につけることにも効果があります。特に英語特有のイントネーションは日本語話者には馴染みが無いものなので、音の感覚を身につけられるというのは大きなメリットと言えます。

シャドーイングは英語上級者に効果的な勉強法であると言われることもありますが、教材を簡単なものにすることで英語初心者でも気軽に学習に取り入れることができます。

慣れるまでは難しいと感じたり自分に向いていないと思ったりすることもあるでしょうが、回数を重ねるうちに必ずシャドーイングできるようになります。学習している中で「これシャドーイングでやった!」と思える瞬間が出てくることでしょう。

テキストなしでのシャドーイングが難しいと感じればテキストありのシャドーイングに戻す、それでも難しいようなら音読に戻すというようにステップごとに慣れていきましょう!

-英会話勉強・学習のお役立ち記事

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.