オンライン英会話 産経オンライン英会話

産経オンライン英会話の特徴を徹底解説【コース・料金・口コミ・評判等】

産経オンライン英会話は、大手新聞社の産経グループの運営するマンツーマンSkype(スカイプ)英会話サービスです。

採用率1.2%という優秀な外国人講師による質の良いレッスンを提供しており、ネイティブスピーカーによる音声教材も1,000レッスン以上のレベル別・目的別の教材もなんと無料!

朝早くから夜遅くまで、スマホやPCで自由な場所からレッスンを受けることができ、国内のオンライン英会話スクールで初めて2種類の教育ISO認証を取得しており、講師やサービスの品質はお墨付き。

そんな産経オンライン英会話の料金やプラン、コースの内容などを徹底解説します。口コミや評判もあわせてご紹介します。

【おすすめポイント!】
・産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材にオンラインレッスンを受けられます。
・毎日 朝5時~深夜1時まで、思い立った時にスマホでもPCでもレッスンが可能です。

・毎日25分プランが6,090円(税込)と格安。

産経オンライン英会話は大手新聞社グループが運営していることもあって信頼度はばつぐんです。無料体験レッスンが2回受けられるので、まずは30秒の簡単無料登録がおすすめです!

産経オンライン英会話は「初球から上級まで幅広い層に向けたカリキュラム」

産経オンライン英会話には初級から上級までのレッスンや教材が揃っています。

中学生向けには学校の教科書で学んだ文法項目を使って外国人講師とマンツーマンで会話の練習ができる「学校教科書準拠」英会話テキストがあります。

大人向けには日常英会話はもちろん、ビジネス英会話や職業別英会話、TOEIC向けのレッスンの用意があるので、産経オンライン英会話は初心者から上級生、中学生から大人、ビジネスパーソンから旅行英語の向上まで、老若男女に広くおすすめです。

産経オンライン英会話の強みは「大手で安心、質の高いレッスン、豊富なレッスン教材」

産経オンライン英会話は大手新聞社の系列である産経グループの運営なので安心です。

後述しますが、オンライン英会話スクールとしては国内唯一の2種類のISO認証を取得していることもレッスンの質の高さを物語っています。

新聞社のグループ企業ならではのニュース教材をはじめとして日常英会話、ビジネス英会話、職業別英会話、学校の教科書に準拠した教材、TOEICなど幅広く多種にわたる教材もおすすめポイントのひとつです。

とくに日常英会話とビジネス英会話には、初心者から上級者まで全てのレベルごとに教材が用意されています。

産経オンライン英会話の費用・料金

業界最安水準の受講料

英語を話せるようになるには日々の学習が不可欠で、毎日のインプットとアウトプットの質と量が決めてとなります。産経オンライン英会話では毎日受講しても月額6,090円からと良心的な料金設定がされています。

  • 毎日25分プラン(1日1レッスン):6,090円(税込)
  • 毎日50分プラン(1日2レッスン):9,981円(税込)
  • 週末毎日50分プラン(1日2レッスン):6,090円(税込)

もっとたくさんレッスンを受けたい方にはプラスチケット

毎⽇25分プラン、毎⽇50分プラン、週末毎⽇50分プラン、⼤学⼊試外部検定試験対応いずれかにお申し込みの方は受講中プランに追加してレッスンを受講できます。1⽇の受講上限数、レッスンの予約上限数はありません。

【プラスチケットの価格詳細】

  • プラス1チケット 追加レッスン数1回 712円(税込)
  • プラス15チケット 追加レッスン数15回 4,379円(税込)
  • プラス30チケット 追加レッスン数30回 8,046円(税込)
  • プラス45チケット 追加レッスン数45回 11,000円(税込)
    ※追加レッスン1回は712円ですが、追加レッスン45回だと1レッスン25分あたりに換算すると1回244円(税込)と大変お得です。

早朝~深夜までの好きな時間に、パソコンやスマートフォンで好きな場所から受けたい時間に予約が取れる

早朝レッスンに対応していたり、深夜帯のレッスンを開講しているスクールやオンライン英会話サービスは数あれど、早朝5時~深夜25時までどの時間帯でも好きな時間にレッスンを受けられるのは産経オンライン英会話の特徴です。

ISO認証済のオンライン英会話としてトラブル対応も手厚いですので、講師都合でレッスン直前にキャンセルとなってしまったとしても、迅速に代替講師を見つけて時間通りにレッスを提供してもらえるなど、その対応力の高さは業界の中でもトップクラスと言えます。

産経オンライン英会話のコース

基本プランで受講できるレッスンの種類が豊富

月額6,090円(税込)の「毎日25分プラン」が産経オンライン英会話の基本プランと呼ばれています。

日常英会話、ビジネス英会話、職業別英会話、学校教科書準拠、ニュースディスカッション、フリートークといった6種のレッスンを自由に受講できます。

たとえば、他のスクールやサービスだとビジネス英会話のレッスンを受講したければ追加料金が発生したりしますが、産経オンライン英会話では、差額を発生させずに受講するのは大きな魅力ですね。

コーチング型スピーキング初⼼者脱出プログラム(オプションサービス)

「コーチング型スピーキング初⼼者脱出プログラム」とはいわゆる短期集中プログラムです。

こちらもオプションサービスとなっており、毎⽇25分プラン、毎⽇50分プラン、週末毎⽇50分プラン、⼤学⼊試外部検定試験対応のいずれかのコースと平⾏して受講できます。

日本で働く英語を話さないビジネスパーソンに不足している①語彙力②構文力③発音④マインドの4つのスキルを徹底的に鍛え上げます。コーチング型オンライン英会話プログラムでは、教育コンサルタントが面談をして英語で何がしたいか、何ができるようになりたいかを明確化・細分化してプランを設計してくれます。

ゴールの設定と、ゴールに到達するためのトレーニング内容を相談して決められるのがこの短期集中プログラムの特徴です。

料金が少し高いかもという口コミもありましたが、受講してみた感想としては十分元が取れたと感じられるほど英語力がアップしたそうですよ。

コーチング型スピーキング初⼼者脱出プログラム詳細

ライト

対象者⽬安 TOEIC400~550点程度挨拶・簡単な会話はできる。正しい勉強の仕⽅を学びたい。
受講期間 2か月
料金 82,500円(税込)

スタンダード

対象者⽬安 TOEIC400点以下超初⼼者、または英語学習にブランクのある⽅
受講期間 3か月
料金 107,800円(税込)

教育ISO認証を2種類取得:高品質のサービス提供者であることの証明

産経オンライン英会話を運営する産経ヒューマンラーニング株式会社は、2014年にISO29990:2010(非公式教育・訓練における学習サービス-サービス事業者向け基本的要求事項)と、ISO29991:2014(公式教育外の語学学習サービス-要求事項)という2つの規格の認証を取得しています。

そもそもISOとは「国際標準化機構(International Organization for Standardization)」の略称で、製品やサービスの国際規格を策定するための非政府系機関(NGO)です。

この認証を取得したのはオンライン英会話スクールとしては産経オンライン英会話が業界初なんだそうですよ。

語学学習サービスの提供者として国際基準をクリアしていることを、信頼のおける外部組織からも証明されていることは、オンライン英会話スクールを選ぶ基準のひとつである「サービスの品質」を見極める際の判断材料のひとつとなりますね。

産経ならではの「ニュースディスカッション」教材:鮮度の高い新聞記事を基にしたニュース教材を使用できる

もちろん、大手新聞社グループという強みを生かして新聞記事をもとにしたフレッシュな英文教材も用意されている点も大きな魅力のひとつです。

更新頻度が高いのも特徴で、週に1回(水曜日)更新とその時々にホットなニュースを教材として使用できるのは他の追随を許しません。

英語発音自習サービス「Aispeak」:「知っている」英語を、「使える」英語に

知識としてインプットされた「知っている」英語を、実際の場面でスピード感を持って「使える」英語にするためには、一つ一つの語句について、文字とその意味、音声、口の動き が自然に結びつくレベルまでなじませ、アウトプットを繰り返すことが必要です。

その練習を助ける自習サービスがAispeakです。

「発音テスト」や「シャドーイング」、「ディクテーション」によるインプット学習を行った上で、オンライン英会話レッスンでのアウトプット練習を行うことで、英語力が各段に飛躍できるこのサービスは産経オンライン英会話独自のものです。

産経オンライン英会話の口コミや評判

受講者のレベルに合ったレッスンの提供は簡単じゃない

厳しい採用を経て選ばれた講師陣なので教え方が上手いし、ちゃんと自分のレベルに合わせた授業を行ってくれたので上達が実感できたといった口コミのご紹介です。

産経オンライン英会話では教材やカリキュラムが多種多様に用意されているということはもちろんなのですが、受講者のそれぞれレベルにぴったりと合わせた授業を行うことは、実は大変高度な技術を要します。英語が得意というだけで誰でも教えらるというものではありません。

その点、産経オンライン英会話の講師陣は優秀な人材が豊富なので、こうした口コミにも納得ですね。

迅速なフィードバック

産経オンライン英会話の良いところは?という質問に「サポート体制」と答えた方も多くいらっしゃいました。

たとえばレッスン中に間違えた文法をレッスン後にフィードバックとして正しい回答を教えてくれるなどのサポート体制が整っています。

レッスン後、即座にミスに気付くことができると復習や自習にも大変役に立ちますね。

ただこのシステムを講師によっては活かし切れていないと感じることもあったそうなので、違和感をもったらその都度、講師やスクールに確認してみると良いかもしれませんね。

ネット回線がネック

ネット回線が遅いことが何度かあったという受講者の声も聞かれました。

レッスン中の音声や映像がとぎれとぎれになり部分的に聞き取れないことがあったそうです。

この方は初心者だったということもあって、講師は身振り手振りも交えてゆっくりと話してくれたものの、音声や映像が途中で途切れてしまうとどうしてもストレスを感じますよね。

教材自体はとてもわかりやすいと高評価でしたので、ネット環境さえ整えばもっと良かったのになあと口コミをされていました。

産経オンライン英会話では、スクール側の理由で受講ができなかったと判断された場合には、ご報告の内容に応じて順次振り替えレッスンのチケット発行などで対応してくれます。

申請には、ご自身でスクールのお問い合わせ画面から該当のレッスンの日時と状況を連絡する必要があるので注意です。

小さなお子さんがいても、すきま時間で英会話レッスン

お子さんを出産されてから、以前より受けたかった英会話レッスンを受講してみたという女性の口コミでは、レッスン予約を30分前まで受け付け可能なため、すきま時間を見つけて急遽申し込むことができたと高評価です。

小さなお子さんをご自宅で見ている主婦の方にもおすすめだとおっしゃっていました。

業界最大手スクールとの比較

この方は様々なオンライン英会話レッスンを受講した経験をお持ちで、産経オンライン英会話に関しては「自分の希望する時間帯での予約の取りやすさや講師の在籍数を比べるとオンライン英会話業界の最大手スクールには追いつけていないという印象を受けました。

ただ他のオンライン英会話スクールと比較すると、それ以外のサービスについては平均点以上かと思います。」と口コミされていました。

予約の取りやすさや講師の在籍数が最重要事項!という方とはミスマッチになってしまう可能性が高いですが、それ以外のサービス品質の高さを評価されるかたには産経オンライン英会話はおすすめということですね。

ご自身がどんな点を重視してスクールを選ぶかがカギとなるかと思います。

まとめ

老若男女、ビジネスシーンから日常会話まで、多種多様なニーズにマッチした英会話プログラムを提供している産経オンライン英会話をご紹介しました。

通常1回の無料レッスンを提供しているスクールが多い中で、なんと産経オンライン英会話では2回も無料体験レッスンを受けることができますので、この機会に受講してみませんか?

また、時折行われるキャンペーン内のクーポン利用により、通常よりももっとリーズナブルにレッスンを開始できるチャンスも!お申込み時にはぜひ利用可能なクーポンがないか確認されることをおすすめします。

産経オンライン英会話の無料体験を受けてみよう!

▼産経オンライン英会話のおすすめポイント!
・産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材にオンラインレッスンを受けられます。
・毎日 朝5時~深夜1時まで、思い立った時にスマホでもPCでもレッスンが可能です。
・通常プランで追加費用なしで利用できる多彩な教材。
・採用率1.2% 優秀な講師陣だからレッスンが続く。
・毎日25分プランが6,090円(税込)と格安。

▼産経オンライン英会話に適している人
・レベル・目的に合ったレッスンを受けたい人
・格安料金でレッスンを続けたい人
・迅速なフィードバック等、充実のサポートを受けたい人

産経オンライン英会話は大手新聞社グループが運営していることもあって信頼度はばつぐんです。無料体験レッスンが2回受けられるので、まずは30秒の簡単無料登録がおすすめです!

-オンライン英会話, 産経オンライン英会話

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.